2020年08月20日

色々据え付けて伏線張り

ファミリーマート新鎌ヶ谷駅改札内店オープン!!
駅前店の支店という位置づけで宜しいのでしょうか……。

というわけで、コンビニは何派ですか!?

京成電鉄とファミリーマートはグループ会社であるコミュニティ京成が
フランチャイズを結んでいるので関わりが深い。
従ってグループにあたる北総鉄道の駅も
ファミリーマートの出店がなされている。
新鎌ヶ谷駅前店は大家さんが北総鉄道でコミュニティ京成が経営している。

東武鉄道も10030系が❝ファミマカラー❞と揶揄されるけれども
東武商事がフランチャイズ契約を結んでいるので
これもまた駅構内にファミリーマートが多い。柏駅、北千住駅など……。

いずれもampm時代からのものでファミリーマートの子会社になったことから
引き続きその関係が続いている。

それに対して新京成は京成グループでありながら
セブンイレブンをパートナーに選んでいる。
やはりイトーヨーカドー津田沼店の大家さんであることも
あながち無縁ではないだろうけれど
セブン&アイホールディングスと接点が多い。
京浜急行も駅構内の売店のノウハウはセブンイレブンと提携を行っている。

セブンイレブンはとにかく収益率のノウハウが優れているといわれ、
JR北海道やJR西日本もいずれもキオスクやハートインを転換して
大幅にその店舗経営が改善していたり
限られた売り上げの中で収益を弾き出すように努めることで
駅構内のサービス提供を行っている。

釧路駅、帯広駅、苗穂駅、出雲市駅、糸魚川駅……。
自分の行動範囲だとこの辺……かなりいびつで偏ってる。

まぁ、とりあえず本編。
2020年8月19日夜から20日朝にかけて
北初富交差点付近において
市道4号を中心に交通規制を講じて夜間作業を行ったようだ。
立体交差事業2020年8月20日
というわけで朝に現・北初富交差点から旧・北初富2号踏切へと撮影。
三角コーンで仕切っていたところに再び侵入防護壁を配置した。
今度は直線状に整備しており
一時的に取り外していた周辺案内図を掲出している。
立体交差事業2020年8月20日
パッと見ての変化はそれだけながら
ショベルカーとブルドーザーをこの作業で駆り出しているようなので
あくまでも結果であって、
その過程の中に目的とするものが組み込まれていたものと思われる。
工事車両搬入口側から侵入防護壁向こうを見ているところになる。
立体交差事業2020年8月20日
あと明るい時間なので拾い上げておくと
高架駅舎のエレベーター付近のくぼんだ箇所に
板で横長の立方体状に組み立てたものを据え付けているのが目に入った。

以後は夜。
立体交差事業2020年8月20日
旧・北初富1号踏切から
先々代・北初富駅構内へと旧・地上線跡を撮影したもの。
バラストや信号機も一通り撤去してあり、
アスファルトの路面も引き剥がしている状態になっている。
手前付近は旧・上下線間で段差があり、
旧・下り線跡においても土砂が均されている。
立体交差事業2020年8月20日
現・北初富交差点から
旧・北初富2号踏切と旧・北初富駅駅舎跡地と現・北初富駅駅舎を見ているところ。
手前地上部、ゲートの奥に位置していた旧・駅舎は既にない。

左に位置する現在の市道1560号、あくまで仮の道路だという点、
それなりに押さえておきたい。

車道挟んだ富栄ビルのもとにも
テープが張られ
「迷惑駐車はやめましょう」の掲示が出されている。
立体交差事業2020年8月20日
旧・北初富駅駅舎跡地に留置されていたブルドーザーは姿を消し
夜はショベルカーが市道寄りと地下通路遺構跡付近に留置されていた。
立体交差事業2020年8月20日
旧・北初富駅駅舎跡越しに地下通路遺構跡を撮影。
留置されているショベルカーの場所は
バリケードが置かれているところよりも嵩上げしているので
少しばかり高い位置関係にある。
立体交差事業2020年8月20日
旧・北初富2号踏切から旧・北初富1号踏切へと見ているところ。
バラストとケーブルが撤去されている。
横切っていた溝も解体している。
立体交差事業2020年8月20日
高架・北初富駅駅舎と並行する
旧・北初富駅2番線ホーム跡や旧・上り線跡並びに旧・地下通路遺構を撮影。

踏切間近の線路跡は整地されており、
駅舎出入口のところに設置されている街灯付近で段差がある。
工事車両搬入口へと鉄板を敷いている。
立体交差事業2020年8月20日
高架・北初富駅駅舎出入口から旧・下り線跡越しに
旧・北初富駅駅舎跡地を見ているところ。

線路跡は踏切間近の部分だけ
駅舎跡と同じ高さで路面を均してあり、
ゲートへと鉄板が敷かれている。

鉄パイプに幕を張っている箇所には
喫煙スペースに充てられているのとともに
スーパータカセの自動販売機が置いてある。
立体交差事業2020年8月20日
高架駅舎のエレベーター付近をズームアップ。
手前は高架・北初富駅2番線ホームの下を仕切るように
侵入防護壁を設置している。
立体交差事業2020年8月20日
旧・北初富3号踏切から旧・北初富駅跡と
それに並んでそびえ立つ北初富駅を見ているところ。

一通り構内からこちらまでバラストを撤去してある。
立体交差事業2020年8月20日
旧・北初富3号踏切〜旧・北初富4号(先々代・6号)踏切間では
バラストの撤去が旧・北初富4号(先々代・6号)踏切へとなされている。

旧・北初富4号(先々代・6号)踏切との中ほどから
こちら旧・北初富3号踏切まで路面を引き剥がしてある。

並行するヤードにはバラストが積んである。

路面が剥がされている区間は
並行するヤードにバラストが積んである範囲まで。
旧・上り線上に撤去したバラストが積んである区間は
まだ路面は舗装されたままになっている。
立体交差事業2020年8月20日
旧・北初富4号(先々代-6号)踏切から地上線跡を高架橋とともに
旧・北初富3号踏切方面へと撮影。

旧・上下線ともに踏切部分を前にしたところから既に線路はなく、
バラストは旧・下り線跡を中心に撤去がなされ、
旧・上り線跡部分にこれをまとめている。
踏切を前にしたところはいずれもバラストがない。

こちらの範囲の路面はまだ本格的に引き剥がされていない。

車歩道脇だけアスファルト路面を剥がしており、
側面部にネットを張って迂回路が組み立ててある。

並行するヤードとともに線路が敷設されていた敷地は
いずれもかつて北千葉線の敷設を予定するために確保された土地だ。

こちら側まで列車防護柵の撤去がヤード側、高架橋側ともに及んでいる。
立体交差事業2020年8月20日
旧・北初富4号(先々代6号)踏切から旧・新鎌ヶ谷駅構内を見たところ。

搬入路は先々代の北初富6号踏切だったもので
いずれも軌道を撤去した後、整地を行っており
旧・北初富4号(先々代6号)踏切との段差を嵩上げして解消している。
立体交差事業2020年8月20日
旧・新鎌ヶ谷駅ホーム跡には一部鉄板を敷いており、
中ほどに瓦礫をバリケードで囲んでいる。

残されているホーム部分は東武線乗越仮橋梁寄りの一部のみ。
唯一残っている架線柱はココ。
立体交差事業2020年8月20日
南北自由通路のもとへと北総鉄道新鎌ヶ谷駅駅舎出入口を撮影。

駅名表示板は黒を基調とし、
ラインカラーの北総ブルーはナンバリングにのみという
旧来のイメージを大きく覆すものとなっている。

ここの駅名表示板を大きくしているので
広告スペースを別途駅舎壁面に設けている。

南北自由通路を含めて点字ブロックが一直線につながってはいるものの、
高架下通路の所有者や整備年代がいずれも異なるので
三者三様のデザインになっている。
立体交差事業2020年8月20日
本日開店となった北総鉄道改札内のファミリーマート。
駅前店は24時間営業であるのに対して
こちらは6:00〜21:30までの営業時間だ。
立体交差事業2020年8月20日
新鎌ヶ谷駅南口交通広場から
新京成・現・新鎌ヶ谷駅と
それに並行する新京成・旧・新鎌ヶ谷駅ホームを撮影。

地上の旧・ホームは高架駅舎の新鎌ヶ谷駅の文字の下あたり、
東武線乗越仮橋梁周辺の一部のみに
わずかばかり残るだけとなっている。
線路も高架になった区間で残っているのはここだけ。
立体交差事業2020年8月20日
旧・新鎌ヶ谷1号踏切から
高架橋並びに新鎌ヶ谷駅ホームと並行する
地上部の旧・上下線跡を旧・地上新鎌ヶ谷駅ホームへと見ているところ。

旧・新鎌ヶ谷1号踏切側から東武線乗越仮橋梁まで
バラストが撤去されている。

補助信号を成していた柱もなくなっているので
一層ぽつんと架線柱の存在が目立つ格好になっている。

高架下には交通規制の機材を搭載したトラックが止まっている。
立体交差事業2020年8月20日
旧・新鎌ヶ谷1号踏切脇、P1ゲート向こうの
新京成高架下のショベルカーは
この日も路面を掘り起こした状態で留置されたまま。
一向に動かさないね……。
立体交差事業2020年8月20日
新鎌通り、旧・新鎌ヶ谷1号踏切構内を
南口交通広場やP1ゲート側の歩道から撮影したところ。
車歩道に再舗装形跡が入り組んでいる。
立体交差事業2020年8月20日
P2ゲートや鎌ヶ谷ショッピングセンター側の歩道から
車道越しに路面の再舗装形跡をみているものになる。

新鎌ヶ谷駅前交番側の車道は踏切構内中央部を挟んで再舗装形跡があり、
歩道並びに対向車線にもその中央部を挟むように再舗装形跡が残されている。
立体交差事業2020年8月20日
こちらは旧・新鎌ヶ谷1号踏切から旧・新鎌ヶ谷2号踏切方面へと
地上部の旧・上下線跡を撮影した一コマになる。

旧・上り線跡にシートを被った土砂の奥に
引き続き配管の部材がまとめてある。
ここを三角コーンで仕切っている。

手前は構内から引き抜いた基礎部分。
立体交差事業2020年8月20日
旧・新鎌ヶ谷2号踏切から地上線跡を
旧・新鎌ヶ谷1号踏切へと見ているところ。

旧・上り線跡のバラスト撤去がこちらまで及び、
旧・下り線跡に撤去したバラストを積んでいる。

足もとの旧・上り線跡が掘り下げてある。
立体交差事業2020年8月20日
こちらは旧・新鎌ヶ谷2号踏切を旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面へ見たところ。
バラストと補助信号やその柱が撤去されている。
立体交差事業2020年8月20日
旧・新鎌ヶ谷3号踏切から旧・地上線跡を旧・新鎌ヶ谷2号踏切方面に撮影。
バラストの撤去された線路跡は路面も剥がされている。
杭が打ってある箇所が見受けられる。
立体交差事業2020年8月20日
旧・新鎌ヶ谷3号踏切から旧・新鎌ヶ谷4号踏切方面へと見ているところ。
旧・地上線の線路跡はバラストが
旧・新鎌ヶ谷4号踏切のもとまで撤去してあり、
それとともに路面が剥がされている。
こちらにも杭が打ってある。
立体交差事業2020年8月20日
曳家で東洋ハウジングが行っているモデルハウスの移転の様子。
線路跡沿いにnagominoを左に、
そしてソトナカを右に、という横並びの状態となっている。
nagominoの前には井戸を掘ったので蛇口がある。
立体交差事業2020年8月20日
スズキアリーナ新鎌ヶ谷店側から見ているところにあたる。
線路跡を挟んで新京成の高架橋下には電路区と信号区の施設がある。
立体交差事業2020年8月20日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面を見たところ。
旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面からフェンスの足元まで
線路跡からバラストが撤去され路面を剥がしている。
立体交差事業2020年8月20日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から
旧・初富駅2番線ホームへと旧・上り線跡を見ている一コマ。
高架橋の足もとには側溝を整えていることが伺える。
手前橋脚の埋め戻しをしてある。
立体交差事業2020年8月20日
市道2347号から旧・初富駅駅舎跡地を見たところ。
駅舎跡地を仕切る壁面には
「移転しました」の文字とともに
現・初富駅の案内が掲出されており、
道路の安全に配慮して街灯を設置してある。
立体交差事業2020年8月20日
初富駅と市道2347号を結ぶ暫定通路から
ケヤキのある駅前広場用地と旧・駅舎を撮影。
地下通路遺構跡は埋め戻しをしてある。

ケヤキの木を囲むフェンスには電気使用月間のほかに
みんなで声をかけて不安全行動をなくそう、
キレイな現場に事故はなし、といった標語の横断幕を掲出している。
立体交差事業2020年8月20日
市道2347号からケヤキのある初富駅駅前広場用地と
旧・初富駅駅舎跡地を見ているところ。
駅舎跡と敷かれた鉄板の境目にバリケードが置かれて
これを仕切るようになった。
立体交差事業2020年8月20日
市道2347号から地下通路遺構を中心にズームアップした一コマ。
フェンスの足もとに延びているのは側溝。
立体交差事業2020年8月20日
バリケード配置とともに
そちらに盛ってあった土砂は搬出していると思うのだけれども
どのように映るだろうか……。
立体交差事業2020年8月20日
県道57号、旧・初富駅駅前立体駐輪場跡地のところの
工事車両搬入口から旧々・下り線跡にそびえる
高架橋躯体「初富R1」付近の様子並びに
ヒマラヤスギや先々代・初富駅駅舎があった付近を撮影。
もちろんヒマラヤスギと
先々代・初富駅駅舎の存在を意識してもらうためのもの。

市道2348号寄りに鉄パイプを束にしてまとめており、
初富バイクパーキングの脇にもまとめてあるのが目に入る。
立体交差事業2020年8月20日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から旧・初富駅2番線ホーム跡を見ているところ。
線路跡を中心にバラストが場内を埋めている。
立体交差事業2020年8月20日
旧・初富1号踏切から旧・上り線跡を
地上部、旧・初富駅2番線ホーム跡へと見た一コマ。

旧・新鎌ヶ谷4号踏切側から
旧・初富駅2番線ホーム部分を跨いで
旧・初富1号踏切を手前まで
一通り旧・上り線の線路とバラストを撤去している。

ウィルパートナーや中央地区公共施設第一駐車場を隔てていたところには
土砂を盛った上で木の柱による柵を講じている。
立体交差事業2020年8月20日
旧・初富1号踏切を前にした部分は掘り下げた上で
タンクのようなものを据え付けてバリケートで囲んでいる。
なお交通規制を伴う夜間作業をこの周辺で控えている。
立体交差事業2020年8月20日
中央地区公共施設第一駐車場から旧・初富1号踏切へと線路跡を見ているところ。
こちらとの境目に土砂を盛って木の柱で柵を設けることで仕切ってある。
立体交差事業2020年8月20日
旧・初富1号踏切から旧・初富駅2番線ホーム
並びに地下通路遺構跡付近へと撮影したものになる。
立体交差事業2020年8月20日
県道57号、ウィルパートナー付近から旧・初富1号踏切を手前に
架道橋を撮影したところ。

車道の停止線は踏切が廃止されているので
現在は意味を成していない。
立体交差事業2020年8月20日
旧・初富1号踏切からショッピングプラザ鎌ヶ谷へと
旧・上り線跡をみているものになる。

ショッピングプラザ鎌ヶ谷側の車歩道境目の縁石は
軌道撤去と前後して更新されたものだ。
車道は緩やかに軌道跡における段差を解消している。
立体交差事業2020年8月20日
鎌ヶ谷ショッピングプラザ2階サイゼリア前テラスから
先々代・初富駅跡地と旧・初富1号踏切、県道57号、
そして旧初富駅前立体駐輪場跡地を見ているところ。

段階的に縮小してきた踏切からは設備が撤去されているので
自動車は一旦停止をする必要がない。
立体交差事業2020年8月20日
ショッピングプラザ鎌ヶ谷、2階サイゼリア前テラスから
「大仏R10」高架橋躯体ならびに旧・上り線跡を見ているところ。
地上部は架線柱を撤去しており、高架下にはバラストがまとめてある。
この視界に納まる範囲では旧・上り線跡に鉄板が敷かれている。
立体交差事業2020年8月20日
旧・初富2号踏切から旧・初富1号踏切方面へと旧・上り線線路跡を撮影。
線路跡部分の新設路が除去してある。
手前だけ一段高くなっており
侵入防護壁寄りと高架橋足元においても段差がある。
フェンスで仕切っている部分に新設路が設けられていた。
立体交差事業2020年8月20日
旧・初富2号踏切から旧・初富3号(現・初富1号)踏切へと見ているもの。
一転して路面にはキャタピラーの跡が残っているとはいえ
おおよそ均された状態に推移しているところで
工事車両や機材が線路跡と高架橋寄りにまとめてある。
立体交差事業2020年8月20日
現・初富1号踏切(旧・初富3号踏切)側のフェンスや防音壁先端から
まなびぃプラザや旧・初富2号踏切へと
線路とともに並行する市道を撮影。
段階的に施したものを一体的に整備した再舗装形跡が
路側帯とともにフェンスに沿って続いている。
3本分の線路を跨ぐ架線柱に近接して
防音壁先端に現況に見合う架線柱が設置してある。
立体交差事業2020年8月20日
みず野付近においても新設された架線柱と
高架・上り線切り替え以前の架線柱が近接している。
そして駐車場を間近にしたところには
板で組み立てた立方体の箱状のものが据え付けられた。

色々と夜間作業を視野に入れていることが伺える箇所が多くなってきた。




ショッピングプラザ鎌ヶ谷、珈琲館が入っていたスペースに
「コインスペース」が入居することになった。
時世柄、ワーキングスペースの提供を行うことで
需要が見込まれるとの判断がなされたものと思われる。
果たしてそういうサービスにおカネを払って享受するという感覚を持たれている方や
その必要性を感じる方がこれを維持できるだけのものを弾き出せるのか否か。

テナントが埋まるのは喜ばしい反面、
それを維持していくという課題が付きまとうのは
事業者に留まる話ではない。
ムリなくこなせる方は何ら心配のないことだろうけれども。


posted by 小林 慶太 at 23:58| 千葉 ☀| Comment(0) | 立体交差事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

境界線

新鎌ヶ谷駅東西自由通路ファイターズコーナー
新入団選手の手形のレリーフはずり落ちてしまったものを
前日に回収し、改めてキッチリと掲出して頂いた。
今までなかったアクシデントだったような気がする。これで一安心。

地味に嵩上げした箇所やまとめてあるバラストから
雑草が茂り出しているのが顕著になりつつある。
立体交差事業2020年8月19日
くぬぎ山3号踏切から
旧・上り線との切り替え地点方面へと上り線を撮影したもの。

高架化切り替え後に2箇所の架線柱が
現行の上下線に対応したものへと切り替えを行っているので
それらだけビームの形状が他の箇所と異なっている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・上り線跡をくぬぎ山3号踏切からズームアップ。

中ほどに映っている補助信号も切り替え後に設置されたものだ。

旧・上り線跡は防音壁先端と前後して嵩上げされており
ところどころに杭が打ってあるのが見える。
奥の方とは段差がある。
立体交差事業2020年8月19日
旧来の3本分の線路を跨ぐ架線柱に代わって
現況に即した架線柱に切り替えたので
除去した架線柱の柱の一部が線路を挟んで残っている。
この区間だけ架線柱の配置間隔が非常に緊密になっていたのが
切り替えによって解消されている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富駅構内の場内通路側においては
スロープ付近の嵩上げがなされており、
嵩上げされている高さもガードレールを凌ぐ高さになっている。
立体交差事業2020年8月19日
「北初R4」への架橋箇所を前に嵩上げ箇所の高さが一段低くなっていく。
立体交差事業2020年8月19日
一段低いとはいえ「北初R4」躯体の補助信号機付近を経て
場内通路に連なっているバラストと重なる範囲まで嵩上げは及び
「北初R3」躯体の信号機の足もと付近まで延びている。
立体交差事業2020年8月19日
先々代・北初富駅構内越しに
この場内通路における土砂による嵩上げの状況を見たところ。
二段階で土が盛ってある。
手前は線路跡から除去したバラスト。
嵩上げ箇所はバラストが置かれている範囲に重なっている。
立体交差事業2020年8月19日
それに対して旧・北初富1号踏切から見るとスロープ付近の線路跡は
中ほどよりも一段低くなっており鉄板が敷いてある。
立体交差事業2020年8月19日
国道464号に面した先々代・北初富駅構内へのゲートから
先々代・北初富駅構内を見たところ。
北総鉄道高架橋寄りの進入防護壁のもとに
撤去したバラストを野馬除けの土手のようにしてまとめている。
その手前に物置が置いてある。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富1号踏切から
先々代・北初富駅構内へと旧・地上線跡を撮影したもの。
バラストや信号機も一通り撤去してあり、
アスファルトの路面も引き剥がしている状態になっている。
手前付近は旧・上下線間で段差があり、
旧・下り線跡においても土砂が均されている。
立体交差事業2020年8月19日
軌道跡部分を中心に旧・北初富1号踏切構内を
現・北初富駅方面へと撮影したところ。
手前の車歩道の境目には縁石が延び、
一体的に再舗装してある車道には中央線と路側帯が敷かれている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富交差点付近から旧・北初富1号踏切構内を
先々代・北初富駅へと見ているところ。
軌道除去とともに配管の整備がなされている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富駅駅舎跡脇の工事車両搬入口から
国道464号の車道跨いでゴミステーションだった一画へと撮影。
旧・水道管撤去作業に伴い、車道部分に六角形の再舗装形跡が刻まれている。
そちらに停止線や横断歩道の線が敷設されている。
立体交差事業2020年8月19日
北総鉄道高架下、市道4号の現・北初富駅駅舎出入口付近、
再舗装形跡が駅舎出入口側の車道から排水栓のマンホール箇所を含んで
帯状に対向車線まで再舗装形跡が及んでいる。
立体交差事業2020年8月19日
現・北初富交差点から
旧・北初富2号踏切と旧・北初富駅駅舎跡地と現・北初富駅駅舎を見ているところ。
手前地上部、ゲートの奥に位置していた旧・駅舎は既にない。

左に位置する現在の市道1560号、あくまで仮の道路だという点、
それなりに押さえておきたい。

車道挟んだ富栄ビルのもとにも
テープが張られ
「迷惑駐車はやめましょう」の掲示が出されている。
立体交差事業2020年8月19日
現・北初富交差点から旧・北初富駅駅舎跡地を撮影したところ。

2020年8月18日夜から19日朝にかけての
片側交互通行の交通規制を伴う夜間作業で
歩道と旧・北初富駅駅舎跡地を隔てていたフェンスを撤去し
出入口付近に残されていたアスファルトの路面を引き剥がしている。
歩道との境目は三角コーンで仕切っている。

これに伴って周辺地域の案内図を取り外しており
ゲートのもとに置かれていた。
立体交差事業2020年8月19日
侵入防護壁とフェンスで囲い、喫煙スペースを成していた一画は
量水器も除去して路面を引き剥がしている。
左端、幕を張った向こう側に現在の喫煙スペースが位置している。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富駅駅舎跡越しに地下通路遺構跡を撮影。
バリケードが置かれているように地面は均されておらず
ショベルカーの位置よりも
ロードローラーの足もとはくぼんでいることが伺え、
手前が嵩上げされていることがわかる。

場内通路のために敷いている鉄板のそばに組んでいた木片は
この夜間作業で姿を消している。
立体交差事業2020年8月19日
現・北初富駅駅舎側から旧・駅舎跡側の地下通路遺構跡を見た一コマ。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富2号踏切から旧・北初富1号踏切へと見ているところ。
バラストとケーブルが撤去されている。
横切っていた溝も解体している。
立体交差事業2020年8月19日
前日の午後に現・北初富駅駅舎前、
第5工区工期日程掲示板の足元にハイビスカスのプランターが飾られた。
暑さに負けずに咲くように努めている花に足を止めた方が多くいらっしゃるものと。
そのお気遣いをありがたい。
立体交差事業2020年8月19日
高架・北初富駅駅舎と並行する
旧・北初富駅2番線ホーム跡や旧・上り線跡並びに旧・地下通路遺構を撮影。

踏切間近の線路跡は整地されており、
駅舎出入口のところに設置されている街灯付近で段差がある。
工事車両搬入口へと敷かれている鉄板上に
クレーンを搭載したトレーラーがやってきていた。
立体交差事業2020年8月19日
高架・北初富駅駅舎出入口から旧・下り線跡越しに
旧・北初富駅駅舎跡地を見ているところ。

線路跡は踏切間近の部分だけ
駅舎跡と同じ高さで路面を均してあり、
ゲートへと鉄板が敷かれている。
青いシートを被った資材がゲートのもとに見える。

鉄パイプに幕を張っている箇所には
喫煙スペースに充てられているのとともに
スーパータカセの自動販売機が置いてある。
立体交差事業2020年8月19日
線路跡を挟んだ高架駅舎寄り、
高架・北初富駅2番線ホームの下を仕切るように
侵入防護壁を設置している。
立体交差事業2020年8月19日
高架駅舎のエレベーター付近をズームアップ。
この段階ではショベルカーの姿はなく
杭が頭を出している周辺は少しばかりくぼんでいるのが見える。
旧・北初富3号踏切方面とは場内でバリケードで仕切っている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富3号踏切脇から
旧・北初富駅2番線ホーム跡裏手へと撮影したもの。
立体交差事業2020年8月19日
北初富駅駅舎地上部、コンコースから改札方面へと見ているところ。
駅務室を前にモニター付きインターホンが設置されており、
向かい合うように引き戸を設けてある部分が
旧・地下通路への迂回路にあたる部分になる。
これに絡んだものが撤去されているのでがらんどうになっている。

上部には案内表示器とデジタルサイネージが取り付けてある。
路面はそれぞれの乗り場へと色分けをした上で
目的地を記載して矢印による誘導をしている。

モニター付きインターホンは改札外にも設置している。

改札外の券売機にはなされていない
ソーシャルディスタンスのマーキングが精算機と窓口付近になされている。
立体交差事業2020年8月19日
北初富駅2番線ホームへのエレベーターの脇から
コンコースへと突き出ている仮設壁面に設けられている引き戸は
地下通路へのエレベーター部分を内包したところに設けられている。

旧・下り線跡に面して侵入防護壁で遮っていた箇所には
仮設壁面と引き戸を取り付けてある。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富3号踏切から旧・北初富駅跡と
それに並んでそびえ立つ北初富駅を見ているところ。

一通り構内からこちらまでバラストを撤去してある。
立体交差事業2020年8月19日
踏切と旧・北初富駅1番線ホーム跡との間の路面はおおよそ均らしてある。
立体交差事業2020年8月19日
なかじま弁当側から旧・北初富3号踏切を撮影したところ。
軌道跡部分に一体的に再舗装形跡を施してある。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富3号踏切の軌道撤去とともに新京成の高架下も配管を除去してあるので
再舗装形跡が横切っており、
フェンス向こうは少しばかり掘り下げてある。
立体交差事業2020年8月19日
第5工区詰所跡。
交通規制の看板などがまとめられている物置だけが残っている。
奥には「新京成線を高架にします」の看板が保管されている。

このアングルは北総(開発)鉄道と新京成の乗り入れ線の線路跡上から
北初富駅へと見ているものになる。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富3号踏切〜旧・北初富4号(先々代・6号)踏切間では
バラストの撤去が旧・北初富4号(先々代・6号)踏切へとなされている。

旧・北初富4号(先々代・6号)踏切との中ほどから
こちら旧・北初富3号踏切まで路面を引き剥がしてある。

並行するヤードにはバラストが積んである。

路面が剥がされている区間は
並行するヤードにバラストが積んである範囲まで。
旧・上り線上に撤去したバラストが積んである区間は
まだ路面は舗装されたままになっている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富4号(先々代-6号)踏切から地上線跡を高架橋とともに
旧・北初富3号踏切方面へと撮影。

旧・上下線ともに踏切部分を前にしたところから既に線路はなく、
バラストは旧・下り線跡を中心に撤去がなされ、
旧・上り線跡部分にこれをまとめている。
踏切を前にしたところはいずれもバラストがない。

こちらの範囲の路面はまだ本格的に引き剥がされていない。

車歩道脇だけアスファルト路面を剥がしており、
側面部にネットを張って迂回路が組み立ててある。

並行するヤードとともに線路が敷設されていた敷地は
いずれもかつて北千葉線の敷設を予定するために確保された土地だ。

こちら側まで列車防護柵の撤去がヤード側、高架橋側ともに及んでいる。
立体交差事業2020年8月19日
鎌ヶ谷総合病院側から
旧・北初富4号(先々代-6号)踏切構内を見ているものになる。

旧・新鎌ヶ谷駅寄りの踏切構内を仕切っていたフェンスは後退しており、
旧来の位置には三角コーンとバーを配置している。

フェンスの後退によって踏切構内が拡張される格好になってはいても
高架橋の存在の兼ね合いで車道自体は
ほとんど広がる余地はない。
立体交差事業2020年8月19日
旧・北初富4号(先々代6号)踏切から旧・新鎌ヶ谷駅構内を見たところ。

搬入路は先々代の北初富6号踏切だったもので
いずれも軌道を撤去した後、整地を行っており
旧・北初富4号(先々代6号)踏切との段差を嵩上げして解消している。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷駅ホーム跡には一部鉄板を敷いており、
中ほどに瓦礫をバリケードで囲んでいる。

残されているホーム部分は東武線乗越仮橋梁寄りの一部のみ。
唯一残っている架線柱はココ。
立体交差事業2020年8月19日
南北自由通路のもとへと北総鉄道新鎌ヶ谷駅駅舎出入口を撮影。

駅名表示板は黒を基調とし、
ラインカラーの北総ブルーはナンバリングにのみという
旧来のイメージを大きく覆すものとなっている。

ここの駅名表示板を大きくしているので
広告スペースを別途駅舎壁面に設けている。

南北自由通路を含めて点字ブロックが一直線につながってはいるものの、
高架下通路の所有者や整備年代がいずれも異なるので
三者三様のデザインになっている。
立体交差事業2020年8月19日
明日2020年8月20日に開店を控えた改札内、
コミュニティ京成のファミリーマートの様子。
シャッターを閉じてあとはその日を迎えるだけ、といったところか。
こちらは6:00〜21:30までの営業時間。
立体交差事業2020年8月19日
新鎌ヶ谷駅南口交通広場から
新京成・現・新鎌ヶ谷駅と
それに並行する新京成・旧・新鎌ヶ谷駅ホームを撮影。
立体交差事業2020年8月19日
地上の旧・ホームは高架駅舎の新鎌ヶ谷駅の文字の下あたり、
東武線乗越仮橋梁周辺の一部のみに
わずかばかり残るだけとなっている。
線路も高架になった区間で残っているのはここだけ。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷1号踏切から東武線乗越仮橋梁を見ているところ。

基本的に交差箇所は地上部を走る事業者が
工事を受注して作業を行うということなので、
東武鉄道がその上部に架かる仮橋梁やホームの撤去をしていくことになる。
現・高架部分も工事を起こしているのは他ならない東武鉄道。
北総鉄道においてもこの部分は東武鉄道が工事を起こしている。
費用はもちろんそれぞれ当事者の負担。

駅として一番古いのは北総鉄道ながら
線路敷設が一番最初なのは東武鉄道。
そこに新京成(鉄道連隊)、そして北総(開発)鉄道が
上を跨ぐように線路を敷設しているという順番を経ている。
立体交差事業2020年8月19日
上り列車から東武線乗越仮橋梁を撮影。
線路とホームが残るのはここだけ、というのを
何度も強調しておこう。
立体交差事業2020年8月19日
駅舎内では壁面が旧・地上ホームへのスロープがあった付近を
高架駅舎と遮断しており、
関係者用のドアが設けられている。
これと別にスロープ解体を受けて仮設壁面を施してある。

こちらの方がドアがある部分よりも
背丈が高く、天井まで及ぶものになっている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・地上ホームへの階段部分も仮設壁面で仕切り
路面には点字ブロックの切り替え形跡が残っている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷1号踏切から
高架橋並びに新鎌ヶ谷駅ホームと並行する
地上部の旧・上下線跡を旧・地上新鎌ヶ谷駅ホームへと見ているところ。

旧・新鎌ヶ谷1号踏切側から東武線乗越仮橋梁まで
バラストが撤去されている。

補助信号を成していた柱もなくなっているので
一層ぽつんと架線柱の存在が目立つ格好になっている。

高架下には交通規制の機材を搭載したトラックが止まっている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷1号踏切脇、P1ゲート向こうの
新京成高架下のショベルカーは
この日も路面を掘り起こした状態で留置されたままとなっていた。
立体交差事業2020年8月19日
新鎌通り、旧・新鎌ヶ谷1号踏切構内を
南口交通広場やP1ゲート側の歩道から撮影したところ。
車歩道に再舗装形跡が入り組んでいる。
立体交差事業2020年8月19日
P2ゲートや鎌ヶ谷ショッピングセンター側の歩道から
車道越しに路面の再舗装形跡をみているものになる。

新鎌ヶ谷駅前交番側の車道は踏切構内中央部を挟んで再舗装形跡があり、
歩道並びに対向車線にもその中央部を挟むように再舗装形跡が残されている。
立体交差事業2020年8月19日
こちらは旧・新鎌ヶ谷1号踏切から旧・新鎌ヶ谷2号踏切方面へと
地上部の旧・上下線跡を撮影した一コマになる。

旧・上り線跡にシートを被った土砂の奥に
引き続き配管の部材がまとめてある。
ここを三角コーンで仕切っている。

手前は構内から引き抜いた基礎部分。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷2号踏切から地上線跡を
旧・新鎌ヶ谷1号踏切へと見ているところ。

旧・上り線跡のバラスト撤去がこちらまで及び、
旧・下り線跡に撤去したバラストを積んでいる。

足もとの旧・上り線跡が掘り下げてある。
立体交差事業2020年8月19日
こちらは旧・新鎌ヶ谷2号踏切を旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面へ見たところ。
バラストと補助信号やその柱が撤去されている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷3号踏切から旧・地上線跡を旧・新鎌ヶ谷2号踏切方面に撮影。
バラストの撤去された線路跡は路面も剥がされている。
杭が打ってある箇所が見受けられる。

旧・新鎌ヶ谷2号踏切〜3号踏切間の旧・地上線跡には
2箇所に紅白のポールが打ってあったものは
いずれも倒れて横たわっていた。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷3号踏切から旧・新鎌ヶ谷4号踏切方面へと見ているところ。
旧・地上線の線路跡はバラストが
旧・新鎌ヶ谷4号踏切のもとまで撤去してあり、
それとともに路面が剥がされている。
こちらにも杭が打ってある。
立体交差事業2020年8月19日
曳家による引っ越しのため、東洋ハウジングの2棟のモデルハウスの一部が
旧・地上跡にはみ出る位置関係でそびえ立っている。
立体交差事業2020年8月19日
曳家で東洋ハウジングが行っているモデルハウスの移転の様子。
線路跡沿いにnagominoを左に、
そしてソトナカを右に、という横並びの状態となっている。
nagominoの前には井戸を掘ったので蛇口がある。
立体交差事業2020年8月19日
スズキアリーナ新鎌ヶ谷店側から見ているところにあたる。
線路跡を挟んで新京成の高架橋下には電路区と信号区の施設がある。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面を見たところ。
旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面からフェンスの足元まで
線路跡からバラストが撤去され路面を剥がしている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から
旧・初富駅2番線ホームへと旧・上り線跡を見ている一コマ。
高架橋の足もとには側溝を整えていることが伺える。
手前橋脚の埋め戻しをしてある。
立体交差事業2020年8月19日
高架・下り線の橋脚足元でも配管整備を行ってきた。
旧・新鎌ヶ谷4号踏切側の資材置き場付近から見ているところ。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切脇、
歩道部分においてアスファルト舗装がなされていない箇所に
三角コーンが置いてある。
近接する個人宅のそばに遺構が残る。
立体交差事業2020年8月19日
市道11号と市道2347号の交差点を撮影。
壁面を後ずさりさせて電柱を撤去。
合わせて交通標識を少しばかり後退させている。
交差点の角度がより市道11号と出入りしやすい構造になっている。
この措置を示すように路面には再舗装形跡とオレンジのポール。
ゴミ捨て場は先んじてその場所を道路向かいに移している。
立体交差事業2020年8月19日
市道11号ではコーシンを挟んだ個人宅がいずれも解体され更地になっている。
先んじて行われた県道57号寄りの敷地は
雑草が茂らないようにシートが張り巡らしてある。
そして…………。
立体交差事業2020年8月19日
そして市道11号と県道57号との交差点。
ここから初富駅へとアクセスする道路を整備するために
道路幅を拡幅したり交差点の改良をしていくことになる。
立体交差事業2020年8月19日
市道2347号と市道2348号を結ぶ
イチョウとホオノキ間に造成が行われた短絡路を含めて
市道2348号フォルトゥーナコンテ寄りから
市道2347号並びに旧・初富駅駅舎跡地を見たところ。
立体交差事業2020年8月19日
駅舎跡地を仕切る壁面には
「移転しました」の文字とともに
現・初富駅の案内が掲出されており、
道路の安全に配慮して街灯を設置してある。
立体交差事業2020年8月19日
初富駅と市道2347号を結ぶ暫定通路から
ケヤキのある駅前広場用地と旧・駅舎を撮影。
地下通路遺構跡は埋め戻しをしてある。

ケヤキの木を囲むフェンスには電気使用月間のほかに
みんなで声をかけて不安全行動をなくそう、
キレイな現場に事故はなし、といった標語の横断幕を掲出している。
立体交差事業2020年8月19日
現・初富駅駅舎から旧・初富駅駅舎跡地を見ているところ。
駅舎跡地と鉄板が敷かれている広場用地との境目に
土砂が盛られている。
これ以外は立体的なものはなく、市道を隔てる侵入防護壁が見えるだけ。
立体交差事業2020年8月19日
地下通路遺構をズームアップ。
埋め戻しがなされ市道2348号側から延びている側溝の断面が目に入る。
立体交差事業2020年8月19日
市道2347号からケヤキのある初富駅駅前広場用地と
旧・初富駅駅舎跡地を見ているところ。
土砂が駅舎跡と敷かれた鉄板の境目に盛ってある。
立体交差事業2020年8月19日
市道2347号から地下通路遺構を中心にズームアップした一コマ。
フェンスの足もとに延びているのは側溝。
立体交差事業2020年8月19日
市道2347号の第1工区・第2工区工期日程掲示板のもとにも
今月の花、ハイビスカスのプランターを飾って頂いた。
こちらをベニシジミとともにパチリと。
立体交差事業2020年8月19日
県道57号、旧・初富駅駅前立体駐輪場跡地のところの
工事車両搬入口から旧々・下り線跡にそびえる
高架橋躯体「初富R1」付近の様子並びに
ヒマラヤスギや先々代・初富駅駅舎があった付近を撮影。
もちろんヒマラヤスギと
先々代・初富駅駅舎の存在を意識してもらうためのもの。
市道2348号寄りに鉄パイプを束にしてまとめており、
初富バイクパーキングの脇にもまとめてあるのが目に入る。
立体交差事業2020年8月19日
焼肉きんぐ並びに丸源の駐車場から
旧・初富駅2番線ホーム跡周辺を撮影した一コマ。
立体交差事業2020年8月19日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から旧・初富駅2番線ホーム跡を見ているところ。
線路跡を中心にバラストが場内を埋めている。
立体交差事業2020年8月19日
焼肉きんぐと丸源の駐車場を隔てるフェンス越しに
地下通路の出入り口遺構付近を撮影。
土砂が盛ってあり、その手前に瓦礫が転がっている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・初富1号踏切から旧・上り線跡を
地上部、旧・初富駅2番線ホーム跡へと見た一コマ。

旧・新鎌ヶ谷4号踏切側から
旧・初富駅2番線ホーム部分を跨いで
旧・初富1号踏切を手前まで
一通り旧・上り線の線路とバラストを撤去している。

クレーン車がウィルパートナーや中央地区公共施設第一駐車場を隔てていた
侵入防護壁の柱の引き抜きを行っている。
立体交差事業2020年8月19日
この様子をウィルパートナーのもとから撮影。
柱を引き抜いたところに土砂を盛り、
別途木の柱を据え付けている。
立体交差事業2020年8月19日
中央地区公共施設第一駐車場から作業の様子を見ているところ。
作業員の方がクレーン車によって引き抜いた柱を
慎重に受け止めている場面だ。
立体交差事業2020年8月19日
別アングル。
立体交差事業2020年8月19日
前日に旧・初富1号踏切脇に盛ってあった土砂がなくなった。
ウィルパートナーや中央地区公共施設第一駐車場との境目に用いられている。
立体交差事業2020年8月19日
地下通路遺構跡を奥に控えて
ショッピングプラザ鎌ヶ谷2階サイゼリア前テラスから
柱の引き抜きを撮影しているところ。
手前では引き抜いた柱の部分に土砂を盛って
木の柱を据え付けている。
立体交差事業2020年8月19日
県道57号、ウィルパートナー付近から旧・初富1号踏切を手前に
架道橋を撮影したところ。

車道の停止線は踏切が廃止されているので
現在は意味を成していない。
立体交差事業2020年8月19日
旧・初富1号踏切からショッピングプラザ鎌ヶ谷へと
旧・上り線跡をみているものになる。

ショッピングプラザ鎌ヶ谷側の車歩道境目の縁石は
軌道撤去と前後して更新されたものだ。
車道は緩やかに軌道跡における段差を解消している。
立体交差事業2020年8月19日
高架・初富駅へとショッピングプラザ鎌ヶ谷のもとから
滑り込んでくる上り列車を撮影したところ。
線路点検が行われているので、列車監視員の方が立ちあっている。
立体交差事業2020年8月19日
鎌ヶ谷ショッピングプラザ2階サイゼリア前テラスから
先々代・初富駅跡地と旧・初富1号踏切、県道57号、
そして旧初富駅前立体駐輪場跡地を見ているところ。

段階的に縮小してきた踏切からは設備が撤去されているので
自動車は一旦停止をする必要がない。
立体交差事業2020年8月19日
ショッピングプラザ鎌ヶ谷、2階サイゼリア前テラスから
「大仏R10」高架橋躯体ならびに旧・上り線跡を見ているところ。
地上部は架線柱を撤去しており、高架下にはバラストがまとめてある。
この視界に納まる範囲では旧・上り線跡に鉄板が敷かれている。
立体交差事業2020年8月19日
旧・初富1号踏切から旧・上り線跡をショッピングプラザ鎌ヶ谷方面へと撮影。

そちらへと手前から防音壁脇に土砂を寄せてあり、
一番手前とその箇所とは段差が生じている。

奥はまた更に段差があり
中央部がくぼんだ格好になっている。
立体交差事業2020年8月19日
鎌ヶ谷中学校とベルトゥムール〜茂野製麺間の架道橋付近の
旧・上り線跡の様子を見ているところ。
路面には鉄板が敷かれており、
線路跡脇と高架下にはバラストが積んである。
この辺を境に鉄板の敷く位置が異なっている。
立体交差事業2020年8月19日
富岡メディカルモール駐車場そば、Kゲート付近では
配水管の撤去作業を行ってきたので、
これに伴って侵入防護壁の一部をフェンスに切り替えている。
マンホールとフェンスとの間に再舗装形跡が残っている。
立体交差事業2020年8月19日
フェンス向こうの線路跡の様子。
高架橋寄りに鉄板が敷かれており
そちらの方が手前よりも少しだけ路面が高くなっている。
詰所付近に土砂が盛ってあり、ショベルカーが稼働している。
立体交差事業2020年8月19日
旧・初富2号踏切道を国道464号方面から撮影したところ。
立体交差事業2020年8月19日
こちらはスナックだん側から旧・初富2号踏切道を見ているもので
現行に復元する際に線路跡にマンホールを設置している。
旧・新鎌ヶ谷4号踏切と同じものだ。
立体交差事業2020年8月19日
旧・初富2号踏切から旧・初富1号踏切方面へと旧・上り線線路跡を撮影。
線路跡部分の新設路が除去してある。
手前だけ一段高くなっており
侵入防護壁寄りと高架橋足元においても段差がある。
フェンスで仕切っている部分に新設路が設けられていた。
その延長線上にあたる高架下はアスファルト舗装がしてある。
立体交差事業2020年8月19日
旧・初富2号踏切から旧・初富3号(現・初富1号)踏切へと見ているもの。
手前に向けて緩やかな傾斜が生じている中で
ショベルカーが手前へと掘り下げている。
直線状に溝を形成するように掘ってあるようだ。
立体交差事業2020年8月19日
現・初富1号踏切(旧・初富3号踏切)側のフェンスや防音壁先端から
まなびぃプラザや旧・初富2号踏切へと
線路とともに並行する市道を撮影。
段階的に施したものを一体的に整備した再舗装形跡が
路側帯とともにフェンスに沿って続いている。
3本分の線路を跨ぐ架線柱に近接して
防音壁先端に現況に見合う架線柱が設置してある。
立体交差事業2020年8月19日
みず野付近においても新設された架線柱と
高架・上り線切り替え以前の架線柱が近接している。
立体交差事業2020年8月19日
線路跡を側道として整備する、
つまり旧来の道路幅部分が現在の市道に追加拡張されるように
都市計画道路が組み立てられていく事になる。
立体交差事業2020年8月19日
初富1号踏切(旧・初富3号踏切)から
切り替え地点付近を見ている一コマ。

高架線が敷設されているところが本来の線路があった場所なので、
高架線へと直線上に線路が延びている。

手前2本、現況に見合うビームを持つ架線柱が設置されるようになったので
そこからはみ出る構造になっている架線柱は撤去していくことになる。

あれ?下り線上…………。
立体交差事業2020年8月19日
暑さで線路がゆがんでしまって脱線してしまう事があり得るので
炎天下でも目視点検を行ってそういった状態や事故につながることを
あらかじめ防ぐための作業を行っている。

こういうものの上に列車が走っていることを意識しないで
冷房の上で寝言で「気になっている」と呟いていると
何にも考えないで式典だけは都合よくあらわれて
たまたま居合わせただけで「実績」とされる幸せな人生が送れてしまう。

考えていて駅前広場を持つ隣の駅がそばにあるのに気付くのに
工事がはじまって10年くらいかかって
今さらのように陳情に継続審議されたりするっていうのは
どういう事なんでしょうかね……。
気付いていて今さら、というのであれば
よほど当事者意識がなかったことを露呈している事に他ならないわけで。

一生言われる。

工区の方々、何分にもご自愛を。

そういうのを見ていればそれなりに立ち合いに行くでしょう。
自分で要望していたり、拾い上げたりするのであればなおさらに。
posted by 小林 慶太 at 23:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 立体交差事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でらすごいという程でもない地元の駅2020年版

夏の休工期間中には
市内の各駅並びに周囲の移り変りを回顧していくところながら
今回は常磐線展に出かけてしまったり炎天下の前に頓挫してしまったので
ここで押さえていくことに。
面倒くさがって移動手段が「愛車」ではなく交通機関を利用した。
ICカード投入。RPGでHPが減っていくくらいに恐ろしいペースで金額が減っていく。

高架工事は「踏切によって分断された市街」を解消することで
縦横無尽に各方面へと往来を容易にすることを目的にしていたので
全11万人の人びとは船橋市や松戸市のように
広い市域を抱えているわけではないこともあり
全神経が毛細血管に至るまで行き届く感覚で
住まれている市内の地域だけではなく枠組みを取り外した目線で
旧来以上に物事を捉えていらっしゃるに違いない。

予めおことわりとして
東武鉄道文化圏にいる人は「鎌ケ谷」と綴り、
新京成文化圏の人は「鎌ヶ谷」と書く傾向にあり
このWEBは後者に原則として統一している。駅名の表記がコレだから。

新鎌ヶ谷駅は北総鉄道と新京成の駅を指し、
「ケ」が大きい新鎌ケ谷駅は東武アーバンパークラインの駅を
厳密にいうと示している。

うちの街、県庁所在地ではなく、10万人規模の街でありながらも
私鉄の本社が2つある。
北総鉄道と新京成だ。ここに東武アーバンパークラインが延びている。

敷設年代で紐解くと東武アーバンパークラインが一番最初。
新京成の線路は陸軍の鉄道連隊の演習線を引き継いでいる区間と
旅客営業を行うにあたって短絡路を設けた区間から成る。
東武鉄道だけが貨物輸送を担った時代を経験している。
新京成と北総鉄道は旅客しかない。

まずはそれぞれの券売機から見ていく事にしよう。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新京成はうちの街では新鎌ヶ谷駅だけチャージ専用機が導入されている。
ジェントルピンクの券売機は定期券の購入ができるものと
そうでないものと2種類がある。
前者は「定期券」の文字が機械に入っていて
上部にも「定期券PASMO」の文字の大きなステッカーを貼り出している。
他の機種はこちらのように「チャージ・履歴確認」の文字が入った青いステッカー。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちらが北総鉄道の券売機。
3社の中で唯一新鎌ヶ谷駅に定期券売り場を設けているところながら
通勤定期は青い券売機でも購入することができるので
券売機にも文字が入っていながらも
その上部に大きくその旨が示されている。
クレジットカードにも対応できるようになった。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
そして東武鉄道の券売機。
旧来機種が設置されていたところにはチャージ専用機を投入して
現行機種の置き換えを完了している。こちらもクレジットカード対応。

東武鉄道の券売機はいずれも特急券が買え、
定期券や企画乗車券にも対応していて、
広告媒体としての機能も兼ね揃えたスグレモノだ。

新京成と東武アーバンパークライン(船橋線の区間)は
それぞれにJRとの乗換駅を抱えており
設置駅によって松戸駅・柏駅乗り換えと津田沼駅・船橋駅乗り換えに
対応しているものとそうでないものがあり
うちの街の旅客の分水嶺にあたるところになっている。
常磐線生活圏と総武線生活圏が入り混じる。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
くぬぎ山駅、「SL09」。2019年度の乗降客数は7297人。
少しばかり減少しつつも全24駅の中で20番目を維持している。

1面2線の島式ホーム構造で
朝を中心に車両基地がある関係で始発列車の設定もなされている。
かつては2番線に面して梨畑が臨める駅だったように
調整区域を近隣に抱えているので梨園が多い。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
市内の駅においてくぬぎ山駅と鎌ヶ谷大仏駅は
いずれも伝言板が残っていることを
特筆しておかなければならない時代になっている。

北初富駅と初富駅は高架工事に伴う仮駅舎移転を前後して消滅している。
新鎌ヶ谷駅は現・駅舎が初めての駅舎にあたるので最初から存在しない。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
くぬぎ山駅は新京成本社の最寄り駅にあたる。東証一部上場企業。
本社はこの記事を書き起こしている人間と同い年の建物だ。西口に位置している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
本社がある駅ということもあって
駅構内に掲出されている企業広告も
京成建設や三菱電機など取引先に関わるものが多い。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
くぬぎ山駅東口を撮影。乗務区を兼ね揃えている。

旧来はこちら側から調整区域の人びとを流し込むような動線が引かれており
商店もそれに則って形成されていたものの
もはやほぼその面影もないに等しい。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
東口からエレベーターへと見ているところ。
ガードレールが配置されている内側には物置がある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
先ほどの右手に見えていた更地には
かつて廃墟のように立体駐輪場がそびえ立っていた。
正面のオレンジの軒先を持つ建物は小杉商店だったところで
この1年の間に閉店する事となり
こちら側には武蔵庵を残すのみとなってしまっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
東口側で飲食店が並んでいるのはホームに面したこの付近だけ。
平和商事を除くと入れ替わりが多い。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
今度はくぬぎ山駅東口から正面、国道464号へとみている一コマ。
理容オガワやラーメン亭が健在ながら廃れている印象は否めない。

正面の道路右手に位置していた建物は営業を取りやめてから
30年近い歳月が経過してようやく解体がなされ更地となった。
写真店や食堂。

そして国道に面したところにはシャッターを閉じているけれども
かつては教科書取り扱いをしていた書店があった。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新京成本社間近に位置するくぬぎ山駅西口。
2番線ホームにも面している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
厳密にいうと少し方向を変えなければならないけれども
くぬぎ山駅西口から正面を見たところ。
左に自動販売機を従えている建物が新京成の本社で
正面玄関にはまわり込まなければならない。
駅を間近にPUDOステーションが設置されている。

その道路向かい、右手はかつて松下商店だった建物。
これの隣が山中不動産で、真っすぐ奥にそびえているマンションが
ワコーレ鎌ヶ谷になる。
新京成本社とワコーレ鎌ヶ谷の間に挟まれている左側に位置する建物が
ファミリーマートくぬぎ山駅前店が入った志村第一ビル。
かつては駄菓子屋さん、金物屋さんや本屋さんが入っていた。

見ての通り、くぬぎ山駅は自動車やバスの進入を前提としておらず
主要道国道464号からも奥まったところに位置している。

マンションがそびえ立っていても
ほぼ駅利用のためだけにあるような構造になっており
松戸市松飛台地区のベルクスやサンキ、五香駅周辺との関わり合いが深い。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
志村第一ビル。
手前は大家さんにあたる方が駄菓子屋さんが
ごく短い営業時間でありながらもなおも営業をされていたものが
現段階ではテナント募集の貼り紙が掲出されている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
コミュニティバスききょう号はくぬぎ山駅には入らず、
「くぬぎ山コミュニティセンター」停留所をそばに設置してあるばかり。
この辺の道路構造が運用車両をワゴン車に限定せざるを得ないものにしている。
奥にそびえ立っているのが新京成の本社。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
北初富駅。「SL10」。一日平均の乗降客数は2019年度で5351人。
横ばい。新京成で一番乗降客数が少ない駅という地位は脱却していない。
対向式ホームの2面2線の駅構造を持つ高架駅だ。

先々代の駅舎(北中沢)移転から所在地が鎌ヶ谷市北初富になっている。
新京成のナンバリングはこの北初富駅の先代駅舎にあたる仮駅舎への移転と
ほぼ同時期にはじまっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
現・北初富駅駅舎を撮影したところ。
イメージカラーは北初富グリーン。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
現・北初富駅駅舎は旧・線路跡に面してスロープを持つ出入口のほかに
高架下に面した出入口を持っている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
先々代・北初富駅駅舎がそばにあったことを示すように
北総鉄道高架下にある駐輪場には
今も「北初富駅前駐輪場」の文字が歩道に面して掲げられている。

現在の北初富駅にたどり着くためには
北初富交差点の横断歩道を2段階で渡る必要がある。
かつては道路向かい、
ハローストレージのコンテナが置かれた分にも駐輪場を持っていた。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちら先々代・北初富駅駅舎北口付近から
新京成の高架橋並びに北初富交差点方面へと撮影したところ。
先々代の駅舎は北口とスーパータカセ旧店舗脇に南口を持っていた。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
先々代・北初富駅構内。
2面2線の駅構造の橋上駅舎を持っていた。
上り線の裏手にはみどり幼稚園があったものの
現在の地上線敷設のために移転している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
北初富交差点は近接する旧・北初富1号踏切と旧・北初富2号踏切の
地上線を仮線へと切り替える際に
道路構造に支障をきたすことから現行の道路構造に切り替えている。

こちらは旧・北初富交差点を見ているところで
道路手前の富栄ビルを前に市道4号が横切る構造になっていた。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
そして現・北初富交差点。
最終的には旧来の道路構造に復元することになる。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・北初富交差点を正面に、奥へ高架・北初富駅を控えての一コマ。
中ほどの建物、食事処・道並びに富栄ビルを挟んで
右に見えるのが現・北初富交差点。
奥を横切っているのが現・北初富駅駅舎。

現在の北初富交差点に切り替えるにあたって
フローリストクボノから用地提供を受けている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
俗にいう❝ビール箱❞ボトルコンテナが置かれている侵入防護壁向こうに
旧・北初富駅駅舎がそびえ立っていた。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
現・北初富駅はコミュニティバスの停留所を配置しにくい道路構造にあるので
モアステージ新鎌ヶ谷並びに向山公園のそばに設置してある。
前方、奥を横切っているのが国道464号、華屋与兵衛がある付近。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新京成の新鎌ヶ谷駅。「SL11」。
2019年度は一日の平均乗降客数は3万5357人。

他の駅よりも高い水準で増加している。

市内の駅では一番乗降客数が多い駅ながらも
それでも新京成の乗換駅の中では少ない方になる。

駅所在地は鎌ヶ谷市新鎌ヶ谷。
旧来は鎌ヶ谷市初富字林跡であって、駅開業以来発展に伴って
新たに区分された地名を冠している。
駅名としての名前の方が先なのは北初富駅と同じだ。

島式ホームを採用しており
北初富駅方面に向けて折り返し設備を持っている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
南口改札の新設に伴い直営駅となっており
高架下にはセブンイレブン新京成ST新鎌ヶ谷店が営業している。
営業時間は6:00〜23:00。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新鎌ヶ谷駅南口交通広場から高架・新鎌ヶ谷駅駅舎を撮影。
新京成と東武アーバンパークラインの新鎌ヶ谷駅は
駅舎に表記されているロゴと文字は夜になると光る。
北総鉄道のものは光らない。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・北初富4号(先々代6号)踏切から旧・新鎌ヶ谷駅構内を見たところ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・新鎌ヶ谷駅地上ホーム、
残されているホーム部分は東武線乗越仮橋梁寄りの一部のみで
ほかは跡形もなくなってしまっている。
唯一残っている架線柱はココ。

旧・新鎌ヶ谷駅ホーム跡には一部鉄板を敷いており、
中ほどに瓦礫をバリケードで囲んでいる。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
北総鉄道の新鎌ヶ谷駅。ナンバリングは「HS08」。
一日の平均乗降客数は2018年度で2万2538人。
これにアクセ〇特急の乗降客数が加わると約2万7000人くらい。

北総鉄道の中では千葉NT中央駅に次ぐ数字を弾き出しており
アクセ〇特急の停車駅でもある。

京成成田空港線と直結しても極めて冷静な状況が続いているのは
圧倒的に空港利用者が都心部からのもので
通過交通に過ぎないことが背景にあるのではないかと思われる。

アクセス特急として運用されている車両は
乗り入れを行っている京急電鉄と京成電鉄の2事業者。
東京都交通局の車両は運用に入らない。
運転士さんと車掌さんはいずれも京成電鉄が受け持っている。
従って停車待ちする普通列車の運転士さんや車掌さんと
アクセス特急に関わる方々は制服が異なる。

北総鉄道の新鎌ヶ谷駅駅名表示板は
3つの鉄道事業者が乗り入れる駅の中で唯一4か国語で表示している。
日本語、英語、中国語、ハングル。

新京成との乗り入れ時代は「おおまち」のほかに
当然ながら「きたはつとみ」が記載されていた。
ホームは2面4線の駅構造で、2番線と3番線を主に列車は出発着し、
1番線と4番線は通過列車の退避待ちに用いられる。

京成成田空港線開業までは1面2線の構造で、
現在の1・2番線ホーム部分には折り返し列車などの留置に用いられていた。
当初からこういった使用を前提に建設がなされていた駅になる。

待合所は各ホームに設置されており、冷暖房を兼ね揃えている。
エレベーターは2基、エスカレーターは4基有している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新鎌ヶ谷駅では北総鉄道普通列車は40分に1本の間隔で
アク〇ス特急に接続の便宜を図るダイヤが組まれており
千葉ニュータウンを中心としている一期線の乗降客と
二期線区間の乗降客の需要をマッチングしているのとともに
どの旅客動向を反映したものになっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
地上部改札とのコンコースには売店があり
イデカフェが別途入居している。

一般的に駅構内の店舗は入場券を買うのが前提ながら
北総鉄道では例外的にその旨を申し出るだけでOK。

構内の案内表記は新京成の南口改札開設と前後して
大幅に刷新をしており、黒を下地にわかりやすく
目立つように表記がなされるようになっている。
番線表記はラインカラーを踏襲し、
何よりも目的の空港を認識しやすいように注意が図られている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
北総鉄道の改札を前にしたところには
ステーションラウンジこもれびという山武杉を活用した
待合・公衆スペースが開設されている。
唯一3鉄道事業者の中で公衆電話が設置されている箇所もこちらになる。
地元の駅2020
新鎌ヶ谷駅は3つの鉄道事業者が乗り入れる駅ながら
公衆電話は北総鉄道のところにある一台のみとなっている。
これも一台にまで絞り込まれた格好になってしまった。

新京成が南口開設をした時代には既にスマホが当たり前という時代。
東武鉄道は当初は改札脇に1台設置していたものを撤去している。

自治体としてもどういうわけか駅前広場には公衆電話を設けてはいない。
2000年初期に供用を迎えた鎌ケ谷駅はちゃんと自治体が
広場に公衆電話ありきで組み立てている。
(ちょうどC-フライヤーから公衆電話が撤去される時期と重なる過渡期)

公衆電話の重要性は天下の富山県ですら
北陸新幹線の開業を前にした時代に至っても
総合案内所をそばに公衆電話を一台配置して
そのライフラインの必要性を認識したりしているというのに。
時代と価値観の差異ということで。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
南北自由通路のもとへと北口から北総鉄道新鎌ヶ谷駅駅舎出入口を撮影。

駅名表示板は黒を基調とし、
ラインカラーの北総ブルーはナンバリングにのみという
旧来のイメージを大きく覆すものとなっている。

ここの駅名表示板を大きくしているので
広告スペースを別途駅舎壁面に設けている。

南北自由通路を含めて点字ブロックが一直線につながってはいるものの、
高架下通路の所有者や整備年代がいずれも異なるので
三者三様のデザインになっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
北総鉄道新鎌ヶ谷駅駅舎を撮影したところ。
鉄道敷設年代に反して開駅は3事業者の中で一番古い。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
北口と東武アーバンパークラインの改札を結ぶ通路には
東京チカラめし、ヴィデフランス、イデカフェ、
麻布うす皮たい焼き寛太郎という店舗が並んでいる。

何とイデカフェは北総鉄道高架下に改札内・外2店舗、
アクロスモールと鎌ヶ谷ショッピングセンターにも店舗を構えている。

こちらのファミリーマートはコミュニティ京成が経営しており
24時間営業を行っている。

東京チカラめしは全体として数を減らしている中での貴重な一店舗。
かつては24時間営業だった。

いずれもこれらの❝大家さん❞は北総鉄道だ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
コミュニティ京成が経営するファミリーマートは
北総鉄道改札内においても
別途店舗を2020年8月20日から開店するのでその準備が行われている。
2店舗体制にしていくことになる。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新鎌ヶ谷駅北口から旧・西口方面をみたところ。

左側にそびえる北総鉄道新鎌ヶ谷駅ホーム下には
旧・西口にあたる付近に鎌ヶ谷ピコレール保育園がある。

道路挟んで右にそびえているのがMOIS TOUR。
くすりの福太郎やCanis Minorなどが
テナントとして入居している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新鎌ヶ谷駅北口から出ているバスは、初富保健病院の送迎バスで、
旧来の西口正面にあたる駐車場脇に
アスファルト舗装にシェルターを講じて待合室を設置してある。
開放時間は送迎バス運行時間帯に限られるものの
ちゃんとエアコンが設置されていて空調がなされている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新鎌ヶ谷駅北口からMOIS TOURに近接している
新鎌ヶ谷駅前ビルと新鎌ヒルズ、ディアヴェルジュ方面へと撮影。
路上喫煙禁止区域でもある新鎌ヒルズには
何故か禁煙や吸い殻のポイ捨て禁止を訴える掲出物がなされているという
非常にミステリアスなところでもある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちらは新鎌ヒルズと北総鉄道新鎌ヶ谷駅に挟まれた東口へのスロープ。
路上喫煙禁止区域に関する喚起幕がフェンスに掲出されている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新鎌ヶ谷駅北口が開設されるまでは
この鎌ヶ谷ピコレール保育園付近に西口が開設されていた。
通路路面が関係者通路とはいえ凝ったつくりになっているのは
その往時の名残にあたる。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
また開業当初からではないけれども
西口開設時代からずっとその歩みを共にしてきた存在として
こちらの郵便ポストが挙げられる。
しんかまキラリポストに比べると
地味でぞんざいにされているような気もしない。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
東武アーバンパークライン新鎌ケ谷駅。ナンバリングは「TD30」。
一日の平均乗降客数は2018年度で4万1145人。微増傾向が続く。

うちの街で唯一東武アーバンパークラインの急行停車駅となった。

北総鉄道、新京成、東武アーバンパークラインの合計で
新鎌ヶ谷駅は一日あたり10万人が行き交う駅となっている。
他の駅の乗降客数を合計しても
こちらに及ばないという突出した状況にある。

開業したのは1999年11月で北総鉄道・新京成よりも遅れての開業。
俗にいう請願駅になる。
駅メロディはファイターズ讃歌。

東武鉄道の駅名表示板は駅の所在地を併記してあることに特徴がある。
「ケ」の文字が他事業者に比べて大きい。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
東武アーバンパークライン改札を撮影。
「東武鉄道改札口」であることが強調されている。
こちらも定期外利用の多い駅であるが故の措置。
東武アーバンパークライン近隣の駅は

定期利用と定期外利用の比率がおおよそ2:1の割合なのに対して
新鎌ケ谷駅は4:3の割合の割合になっている。

東武鉄道は改札脇、「鎌傘」なる傘立てが配置してある。
ちゃんと借りたら返すように“かまたん”が呼びかけている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
東武アクセスの売店は閉店以後シャッターが閉じたままとなっている。
「東武線のりば」と書かれた柱の陰に鎌傘が置いてある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
先ほどの撮影位置の背後には東西自由通路があり
ファイターズコーナー、新入団選手の手形のレリーフや
かまたんの3Dアートと広告板が設けてある。
東経140度線やしんかまにぎわい広場へと動機づけを図っているけれども
実際、設置以後経年しているところで
目にされる方はどれくらいいらっしゃるのだろうか。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
東武アーバンパークライン新鎌ヶ谷駅コンコース、
展示してあるリバティとSL大樹 C11-207を正面から撮影。
このプロモーション、駅員さんの手作りなのだという。
季節やイベント、時勢に応じてデコレーションがなされたり
照明で表情をあらわしているので
非常にインパクトのあるオブジェで発信能力も高い。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
もう一つ、東武アーバンパークライン新鎌ケ谷駅の名物は
この1994年当時の新鎌ヶ谷駅を再現した鉄道模型だ。

東武アーバンパークラインはまだ「野田線」と言っていた時代で
新鎌ヶ谷駅はなく、「単線」構造にあった。

現在でいう新鎌ヶ谷駅南口交通広場側から見ているアングルにあたる。
当時はこのアングルで光景をみることができなかった。
土地区画整理事業によって大幅な嵩上げで地形を改良している。
掘割を走っている東武野田線は総合福祉センターや市役所付近は
この当時の段階では林を駆け抜けていた。

そういう過程を経ているので幅広い道路を持っていたり、
大型商業施設の立地を前提としたインフラが成り立っている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
アニメ「ロウきゅーぶSS」で2話ほど登場したアングルで
新鎌ヶ谷駅東口を撮影したところ。

アニメのように噴水があったりはしないし、
周辺の建造物も放送当時から増えている。

マクドナルドやくすりの福太郎、KFCなどが
北総鉄道高架下に入居している。これも「大家さん」は北総鉄道。
東口からのヒトの流れを受け皿にしている。

こちらの東口は自由通路を手がけているのが行政で
駅舎部分は当然のように東武鉄道が建設を行っているので
新鎌ヶ谷駅の駅名表記が2箇所あり、
スロープ寄り、東武鉄道の駅舎には「新鎌ケ谷駅」と
「ケ」の字が大きい表記が採用されるようになっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新鎌ヶ谷駅東口交通広場、しんかま情報BOXを新鎌ヶ谷駅東口から撮影。
ロータリーの奥にアクロスモールが控えている。
時計は南口交通広場と共通のデザインだ。
植え込み部分には「桜×鎌ヶ谷=魅力アップ」の記念植樹がなされている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
また右端にあたる北総鉄道高架下のくすりの福太郎側の路面部分には
東経140度線が可視的にわかるように敷かれている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
そして新鎌通りに面して立っているポストは
額を掲げている「しんかまきらりポスト」だ。
植え込みの中で背丈の高い樹木が「桜×鎌ヶ谷=魅力アップ」の記念樹。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新鎌ヶ谷駅東口交通広場には
タクシー乗り場、ききょう号・ナッシー号乗り場と
ちばレインボーバスの鎌ヶ谷線、西白井線、
アリオセブンパーク柏線、北総循環線と土日のみながら
高花線の停留所が設けられている。
ほかに船橋新京成バスの鎌ヶ谷大仏駅行きの設定が深夜に1本ある。
中央部にタクシープールを配置しており、常駐している。

タクシー乗り場は駅舎出入口から近いところに位置していて
シェルターを配置してある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
タクシー乗り場とほぼ同じくらいの位置関係に設けてあるシェルターは
身障者用の乗降スペースにあたり、
秋元病院の送迎バスがこちらにやってくる。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
かつては身障者用乗降スペースを乗り場にしていた
コミュニティバスききょう号並びにナッシー号の乗り場は
身障者用スペースとちばレインボーバス西白井線乗り場の間に
配置を行っている。
奥に見える西白井線は起点にあたるのでシェルターが乗り場についている。

コミュニティバス運行を前提としていない時代に
駅前広場の構造が生み出されており
当時の段階から既にあった他の路線バスや
駅改札からの距離を鑑みてこちらに配置されている格好となっているようだ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
残りのちばレインボーバス、鎌ヶ谷線、アリオセブンパーク柏線、
北総循環線と土日のみながら高花線
ほかに船橋新京成バスの鎌ヶ谷大仏駅行きは
駅から出て乗り場までの距離が一番遠いところに停留所を配置している。
シェルターはない。

背後のアクロスモールはこの1年の間にトイザらスが撤退しているので
店舗外観に出ているテナント構成の顔ぶれにも変化が生じている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
平和交通のバスは深夜1便のみ降車だけながらも設定があり、
成田空港バスは早朝帯に成田空港へのアクセスを兼ねる側面を
強調する停車設定がなされているので2:59発ながらも乗降が可能になっている。
成田空港には4時台に到着。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
新鎌ケ谷駅南口交通広場をみているところ。
鎌ヶ谷ショッピングセンターに面した駅前広場だ。

タクシー乗り場やプールは持っていても
こちら側には常駐はしておらず、シェルターを持つ乗り場もない。
将来的な展望を見据えた上での配置をして供用を迎えているので
バスについてはそれに応じて事業者が適応して乗り入れている。

京葉銀行、千葉銀行という2つの支店が周辺に位置しており
生活バスちばにうの2路線や
秀明大学並びに秀明八千代高校、東京学館船橋高校、八千代松陰高校、
二松学舎大学付属柏高などのスクールバスと
その他企業送迎バスの出発着をするところでもある。
将来的には新鎌ヶ谷駅南口と直結することから
「南口駅前広場」といわれている。
(東口駅前広場は現在の構造に則ってこの名称を用いている)
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
生活バスちばにうの新鎌ヶ谷駅停留所は
イオン前という副名称を添えており、
千葉NT中央駅へとダイレクトアクセスする便と
北循環線という路線の2系統が出発着している。
今夏からデータイムの直行便がなくなり朝夜に絞られた。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちらが京葉銀行新鎌ヶ谷支店をそばにした
コスモスバスや東洋バスが主に委託を受けている
秀明大学並びに秀明八千代高校、東京学館船橋高校、八千代松陰高校、
二松学舎大学付属柏高などのスクールバス乗り場。

北総鉄道の運賃がハードルになっていることで
学生の集客をしにくい地域からも呼び寄せるために
自らスクールバスを設定している学校が多い。

通学定期の値引き率は北総鉄道はかなり驚異的な水準に据え置いていても
それでも私立校に通うとなるとさらにネックになるのは否めないもので。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ヶ谷ショッピングセンターを道路に挟んだところに設けられているのが
企業送迎バスの乗降場所になる。
近隣市に立地している物流センターなどを持ってる企業が
委託して送迎バスをこちらへと設定している。
地元の駅2020
新鎌ヶ谷駅は北総鉄道本社の最寄り駅にあたる。
国道464号沿いに位置しておりラインカラーをまとった外観となっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
続いて東武アーバンパークライン。六実駅。ナンバリングは「TD29」。
一日の平均乗降客数は2019年度で1万4840人。
500人ほど減少して近接する高柳駅との差は150人まで縮まった。

始発列車の設定がある東武アーバンパークラインの
旅客需要の分水嶺の一つともいうべき駅だったものが
高柳駅の大幅な改良工事と周辺の宅地分譲の推移に伴い
それらを全て2020年春から高柳駅に譲っている。
六実駅行き、止まりは消滅する事になった。

駅の所在地は松戸市ながらも市内北部地域からの利用者も少なくない。
もちろん小金中野牧の縁起地名を背負った駅でもある。
駅舎に面したホームと島式ホーム、2面3線構造だったものも
時を同じくして2面2線構造となった。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
六実駅、かつて2面とも用いられていた島式ホーム。
2番線表記のみになり、3番線に用いられていた方には柵が講じられて
駅構内の中でフェンスで仕切られている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
これまで日中に上り列車が出発着していた3番線をなしていた線路は
柵の向こうに残されていても、もう入線できる構造にはなっていない。
住宅地の間には鉄板が敷かれたりしているが
かつては側線を有している駅であったことの名残だ。

南栗橋車両管区七光台支所高柳留置線ができるまでは
こちらに列車を留置していた。

なお六実駅は下総航空基地が藤ヶ谷飛行場だったので
そちらへと軍用路線がここから敷かれていた時代もある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
3番線をなしていた線路は県道281号との270号踏切を前に途切れていて
物理的に入線することは既にできなくなっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
六実駅駅舎をタクシープールから撮影。
オーブンフレッシュカフェが併設されている。
駅前広場は持っていない駅ながらも見ての通り
自動車の転回スペースを有しており
タクシーも常駐をしている駅になっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
自動車が一般的ではなかった時代に
貨物輸送を手掛けていたことを伺わせる構造を持ち合わせている駅。

東武アーバンパークラインは
とりわけ醤油輸送が有名だったもののそれに限ったものではない。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
六実駅駅舎から正面を見たところ。
セブンイレブン六実駅前店とローソン松戸六実店に挟まれた道路が
真っ直ぐ延びていて県道281号へと通じる脇道に
ちばレインボーバスの五香駅行バスの停留所がある。
他の路線は県道281号に設定がなされており
バスが入る構造にはなっていない一方、タクシーは常駐している。
スーパーはアサヒヤが閉店して以来、
六実さくら通りに位置するハローマート六実店が最寄り店舗になり
新鎌ヶ谷駅や五香駅並びに県道281号に位置する商業施設が
生活圏を支えている地域でもある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちらが県道281号へと通じる道路。
ちばレインボーバスの五香駅行き路線バスの乗り場が設定されている。
この道路と突き当りにそれぞれ川久という着物で有名なお店がある。
界隈では千葉興業銀行が六実支店を線路沿いに立地しており
千葉銀行は出張所を設置している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
再び新京成、初富駅。ナンバリングは「SL12」。
一日の平均乗降客数は2019年度で5575人。微減。

新京成で二番目に乗降客数が少ない駅。
先代の駅舎は市道2347号に面しており
先々代の駅舎は県道57号、初富1号踏切寄りに位置していた。

現在は島式ホームの1面2線構造。
高架工事を前にした段階、
先々代の初富駅は最後まで構内踏切を持つ構造の駅だった。

初富駅はやはり鎌ヶ谷市の中心に位置する駅で
商業施設を間近に控え、公共施設が集まっているということからも
それをうかがわせるものの、
都市軸が新鎌ヶ谷駅方面へとシフトしていることもあり、
旅客需要は極めて低いものとなっている。

北総(開発)鉄道乗り入れを行っていた当時は
京成津田沼駅方面からの上り列車は
鎌ヶ谷大仏駅での折り返しが多く、
初富駅は他の駅に比べて格段に運転間隔が
大きい時代があったことからもソレが伺える。

くぬぎ山駅は車庫があるし、北初富駅は北総線への乗り入れ列車があり、
鎌ヶ谷大仏駅は船橋市や白井町(当時)からの利用者もあったので
旅客の少ない駅の中で初富駅は弾かれる結果になっていた。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
現在の初富駅駅舎出入口は新京成の高架下から
暫定ながら市道2347号へと通じる道路へと設けられている。
最終的には都市計画道路に面した出入口という位置づけになる。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
そして初富駅駅前広場に面した出入口は
広場整備と供用を控えているのでそれらを果たした後に
機能を発揮させていくものと思われる。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
市道2347号から先代・初富駅駅舎跡地を見ているところ。
左端に見えるゲートがケヤキのある初富駅駅前広場用地にあたる。
第2工区詰所や暫定駐輪場もこの用地の一部を用いている。
県道57号へは右折禁止の道路構造になっており
近隣の兼ね合いで信号機の設置が難しいので
こういった交通処理を施している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちらは県道57号から先々代・初富駅駅舎跡地を撮影したところ。
初富駅駅前広場立体駐輪場とヒマラヤスギという
背丈の高い存在をそばに従えていながらも
駅舎自体は低層でシンプルなものだった。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・初富1号踏切方面から県道57号と市道11号の交差点を撮影。
市道11号には鎌ヶ谷小学校が位置しており
近接する初富交差点の信号との距離の兼ね合いで移設が難しいことから
初富駅へのアクセス道路はこちらに白羽の矢が立つことになった。
現況の道路構造ではそのような車両進入に対応していないので
いずれも拡幅をしていくことが必要となっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
伊勢屋のもとから県道57号と市道11号の交差点を撮影。
仮に信号機を市道2347号や旧来の初富1号踏切付近に配置することができても
踏切を除去したところに信号機を置くことは
高架工事の費用対効果を妨げることになるというのは
誰の目から見ても明らかなものだ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
市道11号と市道2348号の交差点をフォルトゥーナコンテへと撮影したところ。
高架工事をするのにあたって大型車両の進入を可能にするために
隅切りを行い用地提供を受けた上で現在の道路構造にしているので
駅前広場へのアクセス道路を設けるにあたって
再度用地提供を求める必要がある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
初富駅は現在の道路構造ではバスが乗り入れる構造にないこともあり
国道464号に設定されているコミュニティバスききょう号は
「きらり鎌ヶ谷文化会館」の停留所が最寄りになっている。
駅舎へは横断歩道を跨いでアクセスする必要がある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
平和交通並びに船橋新京成バスの停留所は「初富駅入口」となっていて
後者は深夜帯に1本だけ時刻表の隅っこに記載がある。
奥が県道57号との交差点である初富交差点。
こちらからだと右折ができない。
並行する東武アーバンパークライン越しの道路も同様だ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
京葉第一ビルのもとから初富交差点を撮影したところ。
県道57号側からは直進、右左折ともにできるのは
どのレーンを持つ道路構造があるかないか、という点に差があるものと
一般的にいわれている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
県道57号から東武アーバンパークラインへと初富交差点を撮影。
この交差点に近接して2つの踏切が位置していたものが
いずれも高架化されることで消滅しながらも
引き続き交通量の多い交差点である事は変わらない。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ヶ谷大仏駅。2019年度の一日平均乗降客数は1万4615人。微減。

どういうわけだか知らないけれども関東の駅百選の駅の一つになっている。
市内で唯一鎌ヶ谷にある駅。所在地が鎌ヶ谷市鎌ヶ谷1-8-1。

東武アーバンパークラインの鎌ケ谷駅は鎌ヶ谷にない。
道野辺中央に立地している。

日本で唯一「大仏」の名前を駅に盛り込んでおり
界隈は木下街道の往来によって栄えた宿場町を基盤としている。
船橋市や白井市からの駅利用者も多い。

島式ホームの構造で以前は折り返し列車の設定もあった
旅客の分水境になる。駅のナンバリングは「SL13」。
新鎌ヶ谷駅に折り返し設備が整備されたのを受け、
ポイントは残されていても信号の面で用いることはできなくなっている。

自動販売機はダイドードリンコのもので
8900系の旧塗装をデザインしたものがホーム部分にある。
また下り線線路向こうは船橋新京成バスの鎌ヶ谷営業所。

鎌ヶ谷市(町・村)の名前は市域の中心に位置する「初富」よりも
知名度が高いというところで「鎌ヶ谷」が採用されたともいわれる。

京成グループは原則として「鎌ヶ谷」表記なのだ。
ほかに「鎌ヶ谷初富」駅もあった。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
ホームには1番線、2番線それぞれに面してうちの街が
“鎌ヶ谷大仏にようこそ!”とポスターを貼りだしており
それぞれの違う箇所を見つけ出してもらうといった志向を凝らしている。

一応、三大観光資源の一つといわれているし
全国で「大仏」の名前がつく駅名もここしかないとかいわれているので
島式ホームには歓迎の掲出物が用意されていて
降車客を迎え入れるようになっている。
間違い探しが1・2番線ホーム側を比べることでしてもらうという
そんな遊び心を盛り込んでいる。
マツコ・デラックスさんに違う箇所が多すぎると皮肉られた。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちらは2番線ホーム側。

「市民から愛される」なんて文言を真に受けてはいけない。

うちの街のヒトの言葉は「気になっている」と主張していて
駅前広場を持つ隣の駅がそばにあるのに気付くのに10年くらいかかったり
悲願だとか叫んでいても高架工事の切り替えにも立ち会わなかったり
一番列車を見送ることすらしない程度のものと同レベル。

「市民から親しまれていたヒマラヤスギ」と称していても
伐採間近まで存在を忘れていたり、
移植されていていても、
すっかり存在がなかったものとされている方も多々いらっしゃるように
あらゆるものが全てにおいて薄っぺらい。

そういえばいたなぁ、くらいのものを「愛される」と称しているに過ぎない。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
間違い探しに飽きたら、こっちもやってね。

鎌ヶ谷大仏駅に掲出している「めぐりんく」の広告。
茂野製麺の広告を挟んで微妙に違うところがいくつかある。

絶対に「鎌ヶ谷大仏にようこそ」の間違い探しを意識していると思うんだよね……。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ヶ谷大仏駅は階段部分に
千葉ロッテマリーンズ背番号1、清田育宏選手が出身地ということもあって
ゴールデングラブ受賞を機会に手形が飾られている駅でもある。

新鎌ヶ谷駅の自由通路ファイターズコーナーに比べると
ポツンとした印象があるけれども……。
一応、ファイターズタウンを前面に出しているもので……。

チーム最年長の野手になっていらっしゃる。
新京成のマリーンズトレインには福浦選手(現・二軍コーチ)とともに
沿線が輩出したプロ野球選手なので
絶対にそのポジションを譲らないと(勝手に)思っていたものの
今回は登場に至らなかった。

なおオリックスバファローズのK-鈴木選手も清田選手と同じ中学校の出身。
ほかに千葉ロッテマリ―ンズには別の中学校ながら古谷拓郎選手も
うちの街が輩出したプロ野球選手にあたる。

ルーキーイヤーとなっている楽天ゴールデンイーグルスの津留崎大成も
古谷選手と同じ中学校出身でこちらは先輩という関係。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
改札抜けたら右に曲がんなよ〜♪と詠われた
鎌ヶ谷大仏駅改札並びにコンコースを撮影したところ。
市内で橋上駅舎構造を持っているところの一つ。
駅ビルがあるのはここだけ。
伝言板はくぬぎ山駅と同じく健在という貴重な存在。

鎌ヶ谷大仏駅は新京成の駅で唯一
松戸駅乗り換えと津田沼駅乗り換えで
それぞれ都区内への乗車券を買い求めることが出来る駅でもある。
かつては列車運転系統の分水嶺となっていたところであり
木下街道である県道59号が走り、白井市や船橋市の方も利用が多いことから
船橋新京成バスも営業所を構えている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ヶ谷大仏駅は市内で唯一駅ビルを有している駅になる。
新京成16ビル、通称鎌ヶ谷大仏駅ビルというものになる。
こちらが南口。

テナントとしてセブンイレブン、新宿とんかつさぼてん、
大門歯科、サンエトワール、鎌ヶ谷カルチャーセンターなどが入居している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
右端に映っているのが関東の駅百選のプレート。
誰もその存在価値を意識されていないような気がする。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
橋上駅舎である鎌ヶ谷大仏駅を初富7号踏切から撮影したところ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ヶ谷大仏駅には船橋新京成バス鎌ヶ谷営業所が隣接しており
鎌ヶ谷線と井草線がこちらから出発していく。
二和道経由の船橋駅行きと北総白井病院行き。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
とりのごん助としちりん並びに
鎌ヶ谷大仏駅南口、バーミヤンに囲まれた県道59号との
新京成の交差箇所である初富7号踏切。
近隣に位置する大仏交差点との兼ね合いで
ボトルネック踏切になっているところになる。

この1年の間に高架化された区間で
2箇所の踏切がなくなっているので
それに伴いこちらの踏切名称が繰り上がっている。
旧来は初富9号踏切だった。

地名は「鎌ヶ谷」ながらも「大仏」を冠しているお店が周辺には少なくない。
一般的に東武アーバンパークラインの鎌ケ谷駅との混同を避ける意味でも
「大仏」を地域名称として用いることの方が多い。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちらが❝鎌ヶ谷大仏❞。
小柄ながら「大仏」という定義を満たしている
大黒屋文右衛門が建立した青銅製の大仏は
木下街道の鎌ヶ谷宿の賑わいを今日に伝えているものでもある。
スキップカウズの歌にも登場している。
墓地は延命寺のものになっており、建立者の子孫の方の墓もこちらにある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ヶ谷大仏、文字通り目の前に
船橋新京成バスとちばレインボーバスの停留所に設定がある。
前者は三咲駅経由の船橋駅行き、西白井駅・七次台ニュータウン行きの設定が、
後者は白井駅と西船橋駅行きの設定がある。
歩道部分は非常に狭いけれどもベンチが設置してある。
ガードレールが安全性を守るとはいえ
より歩道部分を窮屈な印象にさせている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
船橋新京成バスの営業所越しに鎌ヶ谷大仏駅ホームからも見える鎌ヶ谷八幡宮。
宿場町をもとに発展してきた街に鎮座している神社。
幕末期は官軍と幕府軍が近辺で衝突したらしい。官軍兵士の墓もある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
県道57号と県道59号が交差する大仏交差点。
改良工事が着工されてからもう間もなく20年近く経過しようというところ。
道路拡幅並びに交差点改良のために
京葉銀行鎌ヶ谷支店がこちらから移転している。

京葉銀行と千葉興銀という千葉県を代表する地方銀行が
いずれも支店を鎌ヶ谷大仏駅周辺に置いているというのは
それだけこちらが街の中心であったことを示している事に他ならない。

三井住友銀行や千葉銀行は新鎌ヶ谷地区に支店を移しながらも
京葉銀行は引き続き新鎌ヶ谷にも支店を設けつつ
既存店も維持していることを特筆しておきたい。

この道路構造を拡幅するために
同様の措置を講じなければならないところも視界に入ることも
念頭においておきたい。

道路構造は現在の自動車を前提にすると窮屈ながら
古くからの往還があったことを物語るものとして捉えると
かなりの道路幅を持っており
それを挟むように建物が並んで宿場町を形成しているから
道路拡幅を図るのには
それらに対して用地買収をすることが必要になるので現実的なものではない。

交差点付近だけの工事に費やす年月は
東北新幹線が八戸駅から新函館北斗駅につながる期間よりも長い。

たぶん誰もが年頭の置かれていたことであるし、
該当される方も喜んで移転することを前提で要望されていたものと思われる。

松戸宿の水戸街道は太平洋戦争終結後間もない段階で
バイパスへと切り替えることで
自動車の通行を前提としたインフラにしているのと対照的。

それだけ木下街道周辺の自動車の交通量は急激であるのとともに
投資するだけのものを持ち得なかったり
当時の段階では重要視されていなかったことに他ならない。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
そして鎌ヶ谷大仏駅南口。
駐輪場に近い駅出入り口はこちらにあたる。
奥の方に横切っているのが木下街道になっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ヶ谷大仏駅エレベーターは
南口側に追加設定されており、
階段よりも木下街道に近いところに
構造上の兼ね合いもあって出入り口を有している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
ちなみに「鎌ヶ谷」の停留所は県道59号木下街道沿いに位置している。
一般的に東武アーバンパークラインの鎌ヶ谷駅は「鎌ヶ谷」とは言わない。
❝東武鎌ヶ谷❞とか❝東鎌❞といった名称や略称を用いる傾向にある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ケ谷駅 ナンバリングは「TD31」。
一日平均乗降客数は2019年度で2万2828人。ほぼ横ばい。

所在地は道野辺中央2-1-10で「道野辺」にある駅だ。
一般的に“鎌ヶ谷駅”とは言わないのは先ほども触れている通り。

対向式ホームの高架駅。2面2線構造。

駅名表示板に示されている「鎌ケ谷駅」の所在地は
「千葉県鎌ヶ谷市」と「ケ」の字の表記が
駅名と地名で微妙に違っていたりする。

新鎌ケ谷駅との誤降車防止のために乗り換え案内が別途掲示してある。
新京成8900形と北総鉄道7000形のアイコンを用いている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
2020年3月のダイヤ改正で
六実駅や馬込沢駅とともに鎌ヶ谷駅は初めて通過列車が生じることになった。
急行列車通過駅となったところでこれを撮影したところ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ケ谷駅のコンコースにもファイターズコーナーが設けられている。
新鎌ケ谷駅と異なり改札内に位置している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ケ谷駅東口駅舎外観を撮影。
中ほどに見えるママのリフォームの入った一画は
かつては定期券売り場だったところになる。
鎌ケ谷駅の高架下には
東武ストア鎌ケ谷店とヴィドフランスが入居している。
右端に実物大の鎌ヶ谷大仏を盛り込んだ観光案内図。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ケ谷駅も東武アクセスの売店は閉店に至ってシャッターを閉じたまま。
公衆電話は「調整中」となっていた。
新鎌ケ谷駅は既に撤去済みとなっているので今後が注目される。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ケ谷駅東口からグランプリを受賞したこともある駅前広場を撮影。
サンクタス鎌ヶ谷ステーションファーストと
こちらにそびえる2棟のマンションカーラシティ鎌ヶ谷に囲まれたロータリー。
カーラシティ鎌ヶ谷はKAOの会とも関わりが深い。
これらマンションとともに駅前広場という空間が街づくりの中で
持続する営みとなり世代を超えつつある点は
もっと評価されてもいいのかもしれない。
カーラシティ1番館、くすりの福太郎に隣接店舗スペースは森塾が入っている。
こちらもシンボルツリーはヒマラヤスギだ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
カーラシティに入居しているKAOの会は
マンションや駅前広場の維持管理を主に受け持っているほか
かまたんグッズの取り扱いも行っている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
船橋新京成バスパークサイド循環線乗り場から
鎌ケ谷駅東口駅舎外観を撮影。
ファイターズスタジアムへのシャトルバスもこちらから出発着する。
右にそびえるマンションがサンクタス鎌ヶ谷ステーションファーストだ。
深夜帯の「鎌ヶ谷大仏駅行き」は県道8号に停留所を設定しており
こちらには乗り入れない。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
駅舎から一番近いところにはタクシー乗り場が配置されており
シェルターを設けてた上でタクシーが常駐している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
東口からすずらん通り寄りにききょう号の乗り場があり、
福祉車両の乗り場を兼ねたもので
シェルターはこちらにも設置してある。

こちらの駅前広場もコミュニティバスが設定される以前の設計なので
その停留所を前提としていなかった。
新鎌ヶ谷駅はシェルターの外、
つまり身障者用自動車スペースと分離しているのに対して
こちらは引き続き同一乗り場となっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
鎌ケ谷駅東口はカーラシティ1番館、森塾の前にイベントスペースが設けてある。
ここで開催されるイベントといえば恒例になっているもので
クリスマスを前後にした日曜日に開催される
小中学校の吹奏楽部を中心としたコンサートがある。
地元の駅2020
公衆電話が配置されている東口交通広場。
東武鉄道の公衆電話の今後によっては
ここがライフラインを受けもつことになる。
2000年代初頭はその必要性をごく自然に思う時代だった。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
建築構造はほぼ同じものながらも
ペアーロードに面した鎌ケ谷駅西口を撮影。
シェルターなどの配置や乗り場を確保しているわけではない中でも
タクシーの常駐はあれども、バス路線の設定はこちらにはない。
こちらが旧来からの鎌ケ谷駅の玄関を成しているところ。

交番の設定は西口になされており、ロータリー構造は
ペアロードとセブンイレブンを囲むような変則的なものになっている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
みずほ銀行は鎌ケ谷駅の前に支店を構えている。
東武鉄道との関わりを色濃く反映していることも念頭に置きたい。
かつてはペアーロードを前にゲートが設けられていた。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちらがペアーロードを精工舎通りの方へと撮影したところ。
旧来は現在のパークサイド鎌ヶ谷がそびえる場所に精工舎があり、
そこに通勤する人たちと初富駅への動線が商店街を形成させてきた。
道路は地中化されながらも往時の面影はあまりない。

地中化された電柱の有無の境目は
ほぼ精工舎通りとの交差点を前にした界隈にあたる。

アパートやマンションが商店に変わっていく傾向がある。
それを果たせないところはシャッターを閉じているところが多い。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
続いてペアーロードをすずらん通り方面へと見ている一コマ。
奥に駅前通りとの交差点があり、
精工舎通りへのヒトの流れはそちらにシフトしている。
船橋新京成バスの路線バスもムリなく通り抜ける道路幅を持っているので
ペアーロードと比べるとその規格の差は歴然。
同時に沿道に商店を構えたり、歩行動線を導くのには不向きなものとなっている。
既にその構造に適した道路を持つペアーロードを目にすると
特性を持っていても賑わいを生み出せない状況下にあるのは明らか。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
最後は馬込沢駅。駅名表示板には「船橋市」という所在地になっているものの
駅構内はうちの街に一部跨っているもので利用者も多い。
正確には船橋市藤原。鎌ヶ谷市と船橋市の境に位置している。

2019年度の一日平均乗降客数は2万6529人。駅のナンバリングは「TD32」。
ほぼ横ばいながら船橋市内の駅として捉えると
東武アーバンパークラインでは船橋駅に次ぐ乗降客数を誇る。

こちらもかつては始発列車の設定があった。
駅名としての馬込沢の地名は鎌ヶ谷市にある。
小金中野牧に関わりの深いものになっている。
2面2線の駅構造。

以前は「法典駅」という名前で
駅界隈の包括支援センターに「法典地域」という文字が見受けられるように
その村の名前を冠しているものだった。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
地上駅ながら築堤の上にホームを構えているので
ホーム下にはヴィドフランスとファミリーマートが入居している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
「馬込沢」の「沢」が指すのはこの二和川の事と思われ、
周辺では暗渠化されている部分もあるとはいえ、
局地的な豪雨の前に増水することが多い川でもある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
馬込沢駅東口から県道59号・木下街道へと撮影。
ファミリーマート馬込沢駅前店や
駅舎に近接しているせいはんや万屋は鎌ヶ谷市東道野辺に位置している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
ところがクルっと振り返って馬込沢駅舎に隣接している
ヘアーカット匠や庄や、市進学院は船橋市藤原にある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
左に見える丸山旭保育園は船橋市丸山に位置しているのに対して
道路を挟んだ右側は鎌ヶ谷市東道野辺に属しているというように
非常に市域の境目に位置している地域にあたる。

金融機関の中で支店を構えているのは京葉銀行とひがしん。
前者は船橋市丸山。ひがしんは船橋市藤原。いずれも船橋市だ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
馬込沢駅は市内に2つある銭湯の一つ、ニコニコ湯の最寄り駅だ。
シンボルというべき煙突が
比較的低層建築でまとめられた住宅地だけに目立つところ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
馬込沢駅、バス乗り場は3か所に設定がある。
県道59号、木下街道を走るちばレインボーバスと船橋新京成バスは
「馬込町」に「馬込沢」の停留所を置いている。
沿道にはマルエツと生鮮市場の2つのスーパーが立地している。
こちらのバスは馬込沢駅には乗り入れない。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
馬込沢駅東口を横切る道路、
木下街道を間近に控えた丸十タクシーの待合所向かいには
船橋新京成バスの丸山循環線の停留所が設定されている。
1時間に2本の設定があり、駅前広場を有してはいない東口ながらも
転回スペースを確保してバスがここまで乗り入れている。
こちらは「馬込沢駅東口」。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
こちらはサミット馬込沢駅前店を核テナントにしている
Luz船橋に面した馬込沢駅西口の様子。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
その馬込沢駅西口真っ正面にそびえるLuz船橋。
核テナントのサミットは開店以来不動ながらも
やはり歳月の経過とともに顔ぶれを変えざるを得ない部分も生じている。
ロータリーとともにこれを撮影。

東口は転回スペースさえ持ち得ない構造にあるのは整備年代の違いにある。
そして貨物輸送の名残を仄めかす土地利用を持ち合わせているのも
こちらの馬込沢駅も例外ではない。

ひがしんの馬込支店は旧来は木下街道にあった。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
「馬込沢駅」の停留所を有している
馬込沢駅西口から一番近いところに停留所を有しているのは
船橋新京成バス、祐慈苑へと結ぶ乗り場だ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
そしてもう一つがちばレインボーバスの桐畑へと結ぶ路線バスの乗り場になる。

東武アーバンパークラインは大正期に既に敷設されている路線のもとに
六実駅や鎌ケ谷駅、馬込沢駅は道路インフラが脆弱な時代背景から
貨物輸送を扱っていた名残が駅構造や周辺の市街に垣間見ることができる。

ロータリーが整備されている駅というのは
わりと後発的に現状に即したものへと適応するようになったり、
片方に面して駅舎の出入り口を持つという
これまた特徴的なものから開発の波を受けて
「背中」にあたる部分へと新たな出入口や広場を設けたものも少なくない。

加えて軍事的な役割を担ったこともあるというのを忘れてはいけない。

それに対して新京成は旅客しか扱ったことがないので
二和向台駅が典型的な住宅地と
商店、鉄道駅との関わりを示した構造になっている。
線路が市街を分断するのは極めて稀で
小規模な構内を前に道路が横切るという
フォーマットされたものをフルに活用してきたことが伺える。

北総鉄道に至っては自動車がスタンダードになった時代に開業を迎えているので
こういったところで決定的に駅構造の違いを生じさせるものとなっており
東武鉄道や新京成の駅を取り巻く自治体は
追って適応を図っているところと
その背丈に応じたインフラのもとで街を組み立ててきたところでも
歩んできた道のりを大きく異にしている。

要望したら終わり、ではなく、
どのようなところでその要望をしたのか突き詰めることをしないと
10年くらい経って駅前広場が間近の隣の駅にあることに気付いたり、
住宅密集地で自分自身が移転することを微塵も思わないで
道路拡幅を要望したりして
世の中を振り回したりすることになってしまう。

しっかり考えていれば突き当たるもの。

そもそも考えなくても暮らしていればわかるわけで
余程当事者意識がないのか、生活感がない方なのか
思い付きで主張されているだけなのか、という話。

記事自体はやたら長いけれども
近隣市に比べると市域が狭いので半日ほどあれば
お釣りがくる程度で巡ることができる。

踏切の待ち時間も短縮されてますしね……。
※撮影はおおよそ2020年8月18日、一部19日。
posted by 小林 慶太 at 17:15| 千葉 ☁| Comment(0) | 地元の駅紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

キャパオーバー

同時並行してやっている作業が
自分のキャパシティを遙かに超えているので
みんなみたいに全生涯を捧げる思いのもとで
強い要望をしている身ではないのでダイジェスト形式。
要望されてきた方にしてみればその熱意のもとに造作もないこと。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
くぬぎ山3号踏切から
旧・上り線との切り替え地点方面へと上り線を撮影したもの。

高架化切り替え後に2箇所の架線柱が
現行の上下線に対応したものへと切り替えを行っているので
それらだけビームの形状が他の箇所と異なっている。

中ほどに映っている補助信号も切り替え後に設置されたものだ。

旧・上り線跡は防音壁先端と前後して嵩上げされており
ところどころに杭が打ってあるのが見える。
奥の方とは段差がある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
国道464号に面した先々代・北初富駅構内へのゲートから
先々代・北初富駅構内を見たところ。
北総鉄道高架橋寄りの進入防護壁のもとに
撤去したバラストを野馬除けの土手のようにしてまとめている。
その手前に物置が置いてある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
北総鉄道高架下、市道4号の現・北初富駅駅舎出入口付近、
再舗装形跡が駅舎出入口側の車道からマンホール箇所を含んで
帯状に対向車線まで再舗装形跡が及ぶようになった。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・北初富駅駅舎跡越しに地下通路遺構跡を撮影。
バリケードが置かれているように地面は均されていない。
その付近は少しばかりくぼんで見える。
手前は木片が組まれている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
線路跡を挟んだ高架駅舎寄り、
高架・北初富駅2番線ホームの下を仕切るように
侵入防護壁を設置している。
足もとからハシゴがなくなり、
ロードローラーはエレベーター寄りに留置場所を移した。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
高架駅舎のエレベーター付近で
ショベルカーが稼働しているのをズームアップしたところ。
キャタピラー付近がくぼんでいて、そちらに土砂が盛られているようだ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
くぼみながらも土砂が盛られている付近には
地面から基礎杭が頭を突き出していて
そばでショベルカーが駅舎内側と確認をとりながら
作業を進めている様子が目に入る。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・北初富4号(先々代6号)踏切から旧・新鎌ヶ谷駅構内を見たところ。

搬入路は先々代の北初富6号踏切だったもので
いずれも軌道を撤去した後、整地を行っており
旧・北初富4号(先々代6号)踏切との段差を嵩上げして解消している。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・新鎌ヶ谷駅ホーム跡には一部鉄板を敷いており、
中ほどに瓦礫をバリケードで囲んでいる。

残されているホーム部分は東武線乗越仮橋梁寄りの一部のみ。
唯一残っている架線柱はココ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
北総鉄道の新鎌ヶ谷駅改札内コンコースでは
開店を控えたコミュニティ京成のファミリーマートの準備が進められていた。
駅前店の支店のような位置付けにあたるのだろうか?
こちらは6:00〜21:30までの営業時間。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・新鎌ヶ谷1号踏切脇、P1ゲート向こうの
新京成高架下のショベルカーは
この日も路面を掘り起こした状態で留置されたままとなっていた。
夜間作業に関わる機材も変わらず。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
市道2348号からケヤキのある初富駅駅前広場用地と
先代・初富駅駅舎跡をクリアパネル越しに見ているところ。
駅舎跡と広場用地の境目に土砂が盛られている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
中央地区公共施設第一駐車場から旧・上り線跡を旧・初富1号踏切へと撮影。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・初富1号踏切を間近にしたところには土砂が盛られていた。
高架下の休憩スペースで作業員の方が一息いれていらっしゃる。
炎天下の作業なのでいずれの工区も休憩時間はこまめに挟まれているようだ。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
休憩後の作業の様子を旧・初富1号踏切から。
盛られた土砂を切り崩して
ウィルパートナーや中央地区公共施設第一駐車場寄りに積み上げている。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・初富2号踏切から旧・初富1号踏切方面へと旧・上り線線路跡を撮影。
手前だけ一段高くなっており
侵入防護壁寄りと高架橋足元においても段差がある。

ショベルカーが稼働しているのは第1工区の富岡側詰所付近。
土砂をあつめてある周辺のフェンス向こうの市道には
廃管の撤去を行った再舗装形跡がある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
旧・初富2号踏切から旧・初富3号(現・初富1号)踏切へと見ているもの。
路面は剥がされていて2台のショベルカーが投入されており、
奥に控えているスロープ付近では稼働中。
それを境に線路跡は段差があり、手前に向けて緩やかな傾斜が生じてきた。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
現・初富1号踏切(旧・初富3号踏切)側のフェンスや防音壁先端から
まなびぃプラザや旧・初富2号踏切へと
線路とともに並行する市道を撮影。
段階的に施したものを一体的に整備した再舗装形跡が
路側帯とともにフェンスに沿って続いている。
3本分の線路を跨ぐ架線柱に近接して
防音壁先端に現況に見合う架線柱が設置してある。
立体交差事業2020年8月18日 地元の駅
みず野付近においても新設された架線柱と
高架・上り線切り替え以前の架線柱が近接している。

たぶん午後に贈り物が初富駅と北初富駅に届いていると思う。

そして今夜も旧・北初富2号踏切付近で
交通規制を伴う夜間作業が予定されている。
新鎌ヶ谷駅周辺は工期日程のアナウンスがなされていない。
posted by 小林 慶太 at 22:48| 千葉 ☁| Comment(0) | 立体交差事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来の再編

2020年6月24日、広野駅へとやってきて
ぐるっと沿岸部からひろのてらす、ふたば未来学園のもとへと
性懲りもなく歩いていく。
そこから派生するのはまたしても食べてばっかりだというもので
それも非常に取るに足らない次元でしかない。
広野遠征編2020
東日本大震災並びに福島第一原発の事故に伴い
甚大な被害を受けたり、
その歳月に対しては各々に差があれども一時的に避難をせざるを得なかった
常磐線沿線地域においてはその復興事業に関わる産業や
イノベーションコーストによる学術をはじめとした研究者の来訪を見越して
それらの土地にホテルを誘致して建設を行っている。

富岡町は富岡ホテル、楢葉町の木戸駅にはバリューザホテル、
そして広野町にはホテルハタゴイン。
7階建て200人くらいの宿泊者のキャパシティを持っていて
外観からも伺えるように前者2つの建物よりも収容規模が大きい。

それだけの交流人口を見越していたのとともに
いち早く福島第一原発廃炉への収束拠点として機能する場所としての
役割を担っているという認識がなされていた一方、
インフラ整備にかなうだけの往来が持続するのかという課題に対しては
新型コロナウィルスとの対峙をしていく中で
予想だにしない試練が襲い掛かる事になっているのは
いずれも他地域とともに例外ではないものと思われる。
広野遠征編2020
寮の完成とともに「未来の架け橋」をふたば未来学園の高校生が渡るようになり
まるっきり常磐線を挟んで
沿岸側からヒトが流れることが途絶えていた印象を受けていたところに
大きな変化が生じる事となったのとともに
広野東ニュータウンに整備してきた集合住宅においても
同時にそういったヒトの流れを
長期的に汲み取ったり、垣間見るものへとなっていくのか、というも
歳月の経過とともにいずれは、というものを意識していくことになるのだろう。

ニュータウンを成しているロイジェントパークス広野。
温暖な気候であることからみかんが栽培できる土地柄であることを示す
シンボルをところどころに配置した2階建てを中心にした賃貸住宅。

災害公営住宅とは別に整備されている住宅にあたるので
こちらから小中学生並びに高校生が「未来の架け橋」を渡って
学校に通ったり下校していく姿が、
つまり新たに住まわれる方が定住され、
ご家庭を持たれて、というような流れが生じてくることに
やがてなってくるのだろうか。

自分の街も例外ではないけれども
自然増よりも社会増減による差異で人口増を図るしかない構造。
非常にそういうものが顕著。
広野遠征編2020
鹿島神社から東日本大震災記念碑のもとへ。
これをまわり込んで撮影したところ。
広野遠征編2020
浜通りの広野町、中通り・平田村、そして会津地方の西会津町と
福島県の各地域で友好協定を締結した記念に植樹を
2019年の3月に行っている。
これらで一画を成して東日本大震災の後世への伝承を図っている。
奥に見えるのは防災緑地を前にした駐車場と公衆トイレ。
広野遠征編2020
広野町の防災緑地は3つのゾーンニングがなされていて
北迫川沿いのケヤキやハマヒルガオといった顔ぶれの四季の森、
浅見川海岸に面したスタジイにユズリハ、エノキなどの広野の風景、
クヌギやコナラ里山植栽といったゾーンから成り
全部で6万本の樹木が植えられている。
大幅に嵩上げして整備した防災緑地と堤防の間には県道391号が延びている。

地域交流の場所という役割も持っているので
駐車場と公衆トイレが整備されており、
緊急災害時は避難口から広野駅方面へと向かうように
誘導路の案内が合わせてなされている。

時世柄、ヒトとの接触を8割減らして
公園は空いた時間、場所を選ぶことが呼びかけられている。
広野遠征編2020
浅見川海岸と県道391号に面した広野の光景ゾーンの
防災緑地を浅見川海岸方面へと撮影したところ。

防災緑地には広野駅側に面して
ふくしま浜街道桜プロジェクトと題して桜の植樹がなされており
ボランティアやオーナーの方によって維持管理を行っている中で
改めて当時とはいえ植樹された方の中に
当時の双葉翔陽高の方のお名前があり、
道路隔てて帰還困難区域に該当する校舎を
生活循環バスから見るばかりだったとはいえやるせない思いを抱くのだから
胸中複雑な思いで30年後へのメッセージを
植樹と託されたものだというのを推察するのとともに
それ以前の段階でそういった沿線の暮らしに行き着くものがないままに
往来をしていたのだろうとひどく悔いるものがある。

今日に至ってもたかが知れている次元で断片でしかないのだけれども。
広野遠征編2020
ところどころにベンチ配置をしていて県道391号が並行している。
こちらは広野火力発電所方面へと歩いていく場面になる。
広野遠征編2020
堤防や防災緑地といった多重構造で津波から市街を守るように
大幅に嵩上げをしているので太平洋を臨む光景は
それだけ津波被害の甚大さや
自治体をはじめとした人々が教訓とするだけのものであったことが伺える。
浅見川海岸から広野火力発電所を見ているところ。
遠巻きに見ている点は変わらないけれども
久之浜漁港から距離にして8kmくらい北上してきた。
広野遠征編2020
浅見川に面した里山植栽ゾーンとの交差点には四阿が配置されている。
こちらから再び内陸へと向かう。
広野遠征編2020
ここも賃貸住宅。イーストヴィレッジ広野。
2階建ての建物を6棟配置している。
建物の構造からしても入居する家族構成を伺えるもので
そういうニーズにマッチングが図られている事になる。
移動手段はこちらも自動車であることは想像するに難くなく
「未来の架け橋」は歩道橋。
渡る人のイメージを自分に絞り込ませていくのも
現段階ではこういう建物外観から納得させてしまうのだろう。
広野遠征編2020
鍛冶屋前踏切から常磐線を渡り、
ぐるりとまわって来て広野駅の正面を横切るメインストリートへ。
「未来の架け橋」がないと本来はその大回りをする必要があった。
中ほどの見えるビルの手前に
広野駅の転回スペースに通じる道路が位置している。

新型コロナウィルスによる
外出自粛が求められていた状況も加味するべきものがあるとはいえ
右に見える和菓子店はこの1年の間に軒先からお店の名前がなくなっていた。

営業をしている飲食店も対策や営業時間に苦慮していることが
傍からみても明らかなことで
人口が東日本大震災以前の水準に回復しつつあるとはいえ
あくまでも数字上のことで、
そこから派生するものが旧来のものへと必ずしも及ばないことが伺える。
広野遠征編2020
そういう中で
ホテルハタゴインの道路向かいに移転開業した馬場医院の旧来の建物には
ふくしま浜街道桜プロジェクトとNPO法人の事務局が入るようになった。
広野遠征編2020
JAふくしまさくらを左折して広野駐在所を過ぎたところで左折して
築地ヶ丘公園のもとへとやってきた。
こちらにそびえ立っているのは
津波避難場所の体育館ではなく広野中学校の体育館。
一時的に「ふたば未来学園の体育館」と称する時期もあった立派なもの。
広野遠征編2020
国道6号へとまわり込んで広野中学校の学校敷地を見ているところ。
3階建ての校舎と大きな体育館を抱えている学校ながら
中学校としての生徒数は80人を割り込んでいるので
建物としての機能は持て余しているような印象を受ける。

同時にそれだけのキャパシティを持つ校舎だったからこそ
ふたば未来学園の校舎として用いられていたわけで。
中学校もあるふたば未来学園ながら
広野中は町立中学校として独立した存在。

中学生同士の接点はあるのかなっぁ……。
広野遠征編2020
本来であれば噴水が湧き出ている光景が見えるのだけれども……。
「とんぼのめがね」の歌碑がある築地ヶ丘公園での一コマ。
広野遠征編2020
みかんの丘に広野子ども園が開園されてそちらに統合されるカタチとなった中で
旧来の広野幼稚園を通りがかっていくところでの一コマ。
役割を終えて無人となっているので
不気味なくらいに静まりかえった雰囲気が漂っていた。
広野遠征編2020
今回は国道6号が通る切通を中央台橋で跨いでいく。
ひろのてらすや広野町役場方面へと撮影したところ。
浜通りの大動脈。
いわき市からの道のりは常磐線とともに険しい。
広野遠征編2020
先ほどの旧・広野幼稚園とうって変わって
建築年代も新しいし、現役の建物である上に
園児の姿も見えるだけに雰囲気ががらりと異なるひろのこども園のもとへ。

建築年代が違うからデザイン面や採光に考慮がなされていたり
あらゆるもので先端部分を取り入れている。
この1年の間に保育園とともにこちらへとシフトされた。
広野遠征編2020
総合グラウンドがある丘に出て
中学校との❝同居❞生活が一時的になされていたこともある広野小を見ているところ。
おおよそ一学年30人前後、児童数160人くらいの規模で推移しているので
2階建ての校舎はここに中学校の生徒数が加わっても
賄えるだけのキャパシティを持っていることは
とおまきに見ても伺えることで
中学校よりも建設年代は新しいものと思われる。
広野遠征編2020
それに近接して総合グラウンド越しにそびえ立つふたば未来学園の校舎。
寮が完成したこともあるのだろう、猪苗代校舎などが解消され
このみかんの丘に位置する校舎に全てが集約されるようになった。
左寄りに見える建物が特別教室棟。中ほどが中学校と高校が同一になっている一般教室棟。
広野遠征編2020
昨年の段階では一般の人も出入りできる
「カフェふう」なる文字通りの飲食施設があるので
ちょうど下校以後の時間帯にその建築とともにどのようなものなのか
見物していくことを思い描いていたところながら
新型コロナウィルス感染予防の点から
この段階では一般の人への営業を見合わせていた。

双葉郡唯一の高校となってしまっているので
いわき市、南相馬市へと流れていく傾向がある中で
その年代の人たちを引き留めたり、周辺から呼び集めることでも
非常に大きな役割期待を背負って頂いているところにある。

富岡高や双葉翔陽高といった校舎を目にして統廃合した現実を知ると
自分ですらそういう(勝手な)期待の目で見てしまうのだから
地元の方にしてみるとなおさらなのだろう。
そういった期待に応えるべく学校の門を叩いて
手を挙げて下さっている方々の活躍は注目されている。

同時に注目することで自分たちが奮い立たせているモチベーションに
上の世代はなされている部分もあるのではないかと思う。
広野遠征編2020
総合グラウンドのところにあった
コカコーラのひろぼーが描かれている自動販売機。
広野遠征編2020
国道6号へと坂を下っていって
そちらからみかんの丘を見上げている一コマ。
続いてひろのてらすに立ち寄っていく。

つづく
posted by 小林 慶太 at 20:53| 千葉 ☀| Comment(0) | 旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

灼熱の休工明け

休工明け。工事再開となった。

炎天下でも作業が行われていることを常日頃から脳裏に意識されている方は
駅前広場を持つ隣の駅がそばにあるのに気付くのに10年近くかかったり
今さらのような陳情を継続審議したりして
都合よく式典だけはあらわれてゆるキャラと記念撮影して実績というような
浅はかなことを断じてなされるものはないと思われる。

ちゃんと要望を拾い上げた方は最後の最後までしっかりと添い遂げられるように。
もちろん要望されていた方々はなおさらに。

新鎌ヶ谷駅自由通路、ファイターズの新入団選手の手形プレートが
週末以来一枚ずり落ちているので
早めに元の位置に戻して頂きたい。市役所の方、お願いします。
ご本人が見たらガッカリしてしまう。
立体交差事業2020年8月17日
旧・北初富1号踏切から
先々代・北初富駅構内へと旧・地上線跡を撮影したもの。
バラストや信号機も一通り撤去してあり、
アスファルトの路面も引き剥がしている状態になっている。
手前付近は旧・上下線間で段差があり、
旧・下り線跡においても土砂が均されている。
立体交差事業2020年8月17日
現・北初富交差点から
旧・北初富2号踏切と旧・北初富駅駅舎跡地と現・北初富駅駅舎を見ているところ。
手前地上部、ゲートの奥に位置していた旧・駅舎は既にない。

左に位置する現在の市道1560号、あくまで仮の道路だという点、
それなりに押さえておきたい。

車道挟んだ富栄ビルのもとにも
テープが張られ
「迷惑駐車はやめましょう」の掲示が出されている。
立体交差事業2020年8月17日
旧・北初富駅駅舎跡越しに地下通路遺構跡を撮影。
ショベルカーの足もとの地面は均されていない。
手前は木片が組まれている。
立体交差事業2020年8月17日
現・北初富駅駅舎側から
旧・駅舎跡と線路跡を横切っていた地下通路遺構跡を見た一コマ。
旧・北初富3号踏切側に対してバリケードが置かれている。
立体交差事業2020年8月17日
旧・北初富2号踏切から旧・北初富1号踏切へと見ているところ。
バラストとケーブルが撤去されている。
横切っていた溝も解体している。
立体交差事業2020年8月17日
高架・北初富駅駅舎と並行する
旧・北初富駅2番線ホーム跡や旧・上り線跡並びに旧・地下通路遺構を撮影。

踏切間近の線路跡は整地されており、
駅舎出入口のところに設置されている街灯付近で段差があり
中ほどで留置されているショベルカーを前にした周囲だけ
少しだけ掘り下げている。
立体交差事業2020年8月17日
高架・北初富駅駅舎出入口から旧・下り線跡越しに
旧・北初富駅駅舎跡地を見ているところ。

線路跡は踏切間近の部分だけ
駅舎跡と同じ高さで路面を均してあり、
ゲートへと鉄板が敷かれている。
青いシートを被った資材がゲートのもとに見える。

鉄パイプに幕を張っている箇所には
喫煙スペースに充てられているのとともに
スーパータカセの自動販売機が置いてある。
立体交差事業2020年8月17日
線路跡を挟んだ高架駅舎寄り、
高架・北初富駅2番線ホームの下を仕切るように
侵入防護壁を設置しており、そばにハシゴが立てかけてある。
工期日程掲示板が掲げてあるフェンスの足もとには
ロードローラーが停まっていた。
立体交差事業2020年8月17日
旧・北初富3号踏切から旧・北初富駅跡と
それに並んでそびえ立つ北初富駅を見ているところ。

一通り構内からこちらまでバラストを撤去してある。
立体交差事業2020年8月17日
旧・北初富3号踏切〜旧・北初富4号(先々代・6号)踏切間では
バラストの撤去が旧・北初富4号(先々代・6号)踏切へとなされている。

旧・北初富4号(先々代・6号)踏切との中ほどから
こちら旧・北初富3号踏切まで路面を引き剥がしてある。

並行するヤードにはバラストが積んである。
立体交差事業2020年8月17日
旧・北初富4号(先々代-6号)踏切から地上線跡を高架橋とともに
旧・北初富3号踏切方面へと撮影。

旧・上下線ともに踏切部分を前にしたところから既に線路はなく、
バラストは旧・下り線跡を中心に撤去がなされ、
旧・上り線跡部分にこれをまとめている。
踏切を前にしたところはいずれもバラストがない。

路面はまだ本格的に引き剥がされていない。

車歩道脇だけアスファルト路面を剥がしており、
側面部にネットを張って迂回路が組み立ててある。

並行するヤードとともに線路が敷設されていた敷地は
いずれもかつて北千葉線の敷設を予定するために確保された土地だ。

こちら側まで列車防護柵の撤去がヤード側、高架橋側ともに及んでいる。
立体交差事業2020年8月17日
鎌ヶ谷総合病院側から
旧・北初富4号(先々代-6号)踏切構内を見ているものになる。

旧・新鎌ヶ谷駅寄りの踏切構内を仕切っていたフェンスは後退しており、
旧来の位置には三角コーンとバーを配置している。

フェンスの後退によって踏切構内が拡張される格好になってはいても
高架橋の存在の兼ね合いで車道自体は
ほとんど広がる余地はない。
立体交差事業2020年8月17日
旧・北初富4号(先々代6号)踏切から旧・新鎌ヶ谷駅構内を見たところ。

搬入路は先々代の北初富6号踏切だったもので
いずれも軌道を撤去した後、整地を行っており
旧・北初富4号(先々代6号)踏切との段差を嵩上げして解消している。

旧・新鎌ヶ谷駅ホーム跡には一部鉄板を敷いており、
中ほどに瓦礫をバリケードで囲んでいる。
立体交差事業2020年8月17日
旧・新鎌ヶ谷駅地上ホーム、
残されているホーム部分は東武線乗越仮橋梁寄りの一部のみで
ほかは跡形もなくなってしまっている。
唯一残っている架線柱はココ。
立体交差事業2020年8月17日
南北自由通路のもとへと北総鉄道新鎌ヶ谷駅駅舎出入口を撮影。

駅名表示板は黒を基調とし、
ラインカラーの北総ブルーはナンバリングにのみという
旧来のイメージを大きく覆すものとなっている。

ここの駅名表示板を大きくしているので
広告スペースを別途駅舎壁面に設けている。

南北自由通路を含めて点字ブロックが一直線につながってはいるものの、
高架下通路の所有者や整備年代がいずれも異なるので
三者三様のデザインになっている。
立体交差事業2020年8月17日
北総鉄道、「ウィークエンドお出かけきっぷ」の幟を製作して
駅窓口並びに券売機付近にこれを飾っている。
今回のためだけに製作したとは思えないので
以後も同様の企画乗車券をシーズンに投入していくモノと考えられる。
1枚1000円だったものが有効期間の中で2日ほど有効にして1800円だから
実質的には値下げをして特定のヒトに利用頻度を高めてもらうようにしている。
反響はどのようなものだろう……。
立体交差事業2020年8月17日
新鎌ヶ谷駅南口交通広場から
新京成・現・新鎌ヶ谷駅と
それに並行する新京成・旧・新鎌ヶ谷駅ホームを撮影。

地上の旧・ホームは高架駅舎の新鎌ヶ谷駅の文字の下あたり、
東武線乗越仮橋梁周辺の一部のみに
わずかばかり残るだけとなっている。
線路も高架になった区間で残っているのはここだけ。
立体交差事業2020年8月17日
旧・新鎌ヶ谷1号踏切から
高架橋並びに新鎌ヶ谷駅ホームと並行する
地上部の旧・上下線跡を旧・地上新鎌ヶ谷駅ホームへと見ているところ。

旧・新鎌ヶ谷1号踏切側から東武線乗越仮橋梁まで
バラストが撤去されている。

補助信号を成していた柱もなくなっているので
一層ぽつんと架線柱の存在が目立つ格好になっている。

高架下には交通規制の機材を搭載したトラックが止まっている。
交通規制の看板は新鎌通りを跨いだP2ゲート側に置いてあった。
立体交差事業2020年8月17日
休工前の段階からP1ゲート側では
旧・新鎌ヶ谷1号踏切間近にした高架下で
ショベルカーが路面を掘り起こした姿勢で止まった状態にある。
立体交差事業2020年8月17日
新鎌通り、旧・新鎌ヶ谷1号踏切構内を
南口交通広場やP1ゲート側の歩道から撮影したところ。
車歩道に再舗装形跡が入り組んでいる。
立体交差事業2020年8月17日
P2ゲートや鎌ヶ谷ショッピングセンター側の歩道から
車道越しに路面の再舗装形跡をみているものになる。

新鎌ヶ谷駅前交番側の車道は踏切構内中央部を挟んで再舗装形跡があり、
歩道並びに対向車線にもその中央部を挟むように再舗装形跡が残されている。
立体交差事業2020年8月17日
こちらは旧・新鎌ヶ谷1号踏切から旧・新鎌ヶ谷2号踏切方面へと
地上部の旧・上下線跡を撮影した一コマになる。

旧・上り線跡にシートを被った土砂の奥に
引き続き配管の部材がまとめてある。
ここを三角コーンで仕切っている。

手前は構内から引き抜いた基礎部分。
立体交差事業2020年8月17日
旧・新鎌ヶ谷2号踏切から地上線跡を
旧・新鎌ヶ谷1号踏切へと見ているところ。

旧・上り線跡のバラスト撤去がこちらまで及び、
旧・下り線跡に撤去したバラストを積んでいる。

足もとの旧・上り線跡が掘り下げてある。
立体交差事業2020年8月17日
こちらは旧・新鎌ヶ谷2号踏切を旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面へ見たところ。
バラストと補助信号やその柱が撤去されている。
立体交差事業2020年8月17日
旧・新鎌ヶ谷3号踏切から旧・地上線跡を旧・新鎌ヶ谷2号踏切方面に撮影。
バラストの撤去された線路跡は路面も剥がされている。
杭が打ってある箇所が見受けられる。
立体交差事業2020年8月17日
旧・新鎌ヶ谷3号踏切から旧・新鎌ヶ谷4号踏切方面へと見ているところ。
旧・地上線の線路跡はバラストが
旧・新鎌ヶ谷4号踏切のもとまで撤去してあり、
それとともに路面が剥がされている。
こちらにも杭が打ってある。
立体交差事業2020年8月17日
曳家で東洋ハウジングが行っているモデルハウスの移転の様子。
線路跡沿いにnagominoを左に、
そしてソトナカを右に、という横並びの状態にある。
nagominoの手前に井戸がひいてある。蛇口が設けられた。
立体交差事業2020年8月17日
スズキアリーナ新鎌ヶ谷店側から見ているところにあたる。
三角コーンのそばに井戸をひいている。
線路跡を挟んで新京成の高架橋下には電路区と信号区の施設がある。
立体交差事業2020年8月17日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面を見たところ。
旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面からフェンスの足元まで
線路跡からバラストが撤去され路面を剥がしている。
立体交差事業2020年8月17日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から
旧・初富駅2番線ホームへと旧・上り線跡を見ている一コマ。
高架橋の足もとには側溝を整えていることが伺える。
手前橋脚の埋め戻しをしてある。
立体交差事業2020年8月17日
市道2347号から旧・初富駅駅舎跡地を見たところ。
駅舎跡地を仕切る壁面には
「移転しました」の文字とともに
現・初富駅の案内が掲出されており、
道路の安全に配慮して街灯を設置してある。
立体交差事業2020年8月17日
初富駅と市道2347号を結ぶ暫定通路から
ケヤキのある駅前広場用地と旧・駅舎を撮影。
地下通路遺構跡は埋め戻しをしてある。
工事再開に伴いケヤキを囲うフェンスのもとに
「きれいな現場に事故はナシ」などの喚起幕が取り付けられた。
休工前はなかった「電気使用安全月間」の幕がそちらに加わった。
立体交差事業2020年8月17日
市道2347号からケヤキのある初富駅駅前広場用地と
旧・初富駅駅舎跡地を見ているところ。
立体交差事業2020年8月17日
市道2347号から地下通路遺構を中心にズームアップした一コマ。
フェンスの足もとに延びているのは側溝。
立体交差事業2020年8月17日
県道57号、旧・初富駅駅前立体駐輪場跡地のところの
工事車両搬入口から旧々・下り線跡にそびえる
高架橋躯体「初富R1」付近の様子並びに
ヒマラヤスギや先々代・初富駅駅舎があった付近を撮影。
もちろんヒマラヤスギと
先々代・初富駅駅舎の存在を意識してもらうためのもの。
市道2348号寄りに鉄パイプを束にしてまとめている。
初富バイクパーキングの脇にも置かれているのが見える。
立体交差事業2020年8月17日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から旧・初富駅2番線ホーム跡を見ているところ。
線路跡を中心にバラストが場内を埋めている。
立体交差事業2020年8月17日
旧・初富1号踏切から旧・上り線跡を
地上部、旧・初富駅2番線ホーム跡へと見た一コマ。

旧・新鎌ヶ谷4号踏切側から
旧・初富駅2番線ホーム部分を跨いで
旧・初富1号踏切を手前まで
一通り旧・上り線の線路とバラストを撤去している。
立体交差事業2020年8月17日
地下通路跡付近へとズームアップ。
立体交差事業2020年8月17日
中央地区公共施設第一駐車場、
線路跡を隔てていた侵入防護壁が取り外され
そちらから駅舎出入口までが視界に入るようになった。
ネットを駐車場と線路跡の境目に張っている。
立体交差事業2020年8月17日
県道57号、ウィルパートナー付近から旧・初富1号踏切を手前に
架道橋を撮影したところ。

車道の停止線は踏切が廃止されているので
現在は意味を成していない。
立体交差事業2020年8月17日
旧・初富1号踏切からショッピングプラザ鎌ヶ谷へと
旧・上り線跡をみているものになる。

ショッピングプラザ鎌ヶ谷側の車歩道境目の縁石は
軌道撤去と前後して更新されたものだ。
車道は緩やかに軌道跡における段差を解消している。
立体交差事業2020年8月17日
鎌ヶ谷ショッピングプラザ2階サイゼリア前テラスから
先々代・初富駅跡地と旧・初富1号踏切、県道57号、
そして旧初富駅前立体駐輪場跡地を見ているところ。

段階的に縮小してきた踏切からは設備が撤去されているので
自動車は一旦停止をする必要がない。
立体交差事業2020年8月17日
ショッピングプラザ鎌ヶ谷、2階サイゼリア前テラスから
「大仏R10」高架橋躯体ならびに旧・上り線跡を見ているところ。
地上部は架線柱を撤去しており、高架下にはバラストがまとめてある。
この視界に納まる範囲では旧・上り線跡に鉄板が敷かれている。
立体交差事業2020年8月17日
旧・初富1号踏切から旧・上り線跡をショッピングプラザ鎌ヶ谷方面へと撮影。

そちらへと手前から防音壁脇に土砂を寄せてあり、
一番手前とその箇所とは段差が生じている。

奥はまた更に段差があり
中央部がくぼんだ格好になっている。
立体交差事業2020年8月17日
富岡メディカルモール駐車場そば、Kゲート付近では
配水管の撤去作業を行っているので、
これに伴って侵入防護壁の一部をフェンスに切り替えている。
マンホールとフェンスとの間に再舗装形跡が残っている。
立体交差事業2020年8月17日
旧・初富2号踏切から旧・初富1号踏切方面へと旧・上り線線路跡を撮影。
手前だけ一段高くなっており
侵入防護壁寄りと高架橋足元においても段差がある。
立体交差事業2020年8月17日
旧・初富2号踏切構内、線路跡部分には再切り替えに至る過程で
新たにマンホールが設けられている。
立体交差事業2020年8月17日
こちらは旧・初富2号踏切から旧・初富3号(現・初富1号)踏切へと見ているもの。
路面は剥がされていて
スロープ付近でショベルカーが留置中。
立体交差事業2020年8月17日
現・初富1号踏切(旧・初富3号踏切)側のフェンスや防音壁先端から
まなびぃプラザや旧・初富2号踏切へと
線路とともに並行する市道を撮影。
段階的に施したものを一体的に整備した再舗装形跡が
路側帯とともにフェンスに沿って続いている。
3本分の線路を跨ぐ架線柱に近接して
防音壁先端に現況に見合う架線柱が設置してある。
立体交差事業2020年8月17日
みず野付近においても新設された架線柱と
高架・上り線切り替え以前の架線柱が近接している。



実数値に愕然とする人はいるのかもしれないけれども
これだけの状況下で減少という事実に驚く人はそう多くないと思う。
2020年4月〜6月期のGDPは年率換算すると27.8%減という
数字が弾き出された。
あらゆる往来に対して慎重になることが求められている状況で
そういうものありきで物事を組み立てていたのだから
落差が襲い掛かることになるのは当然のこと。

手元にあるもの以上のものを描くことはできない。

国が財政を動員すればするほど
それに見合うだけの税金を将来的におさめる必要があるわけで
繰越すほどに雪だるま式に増えていくとなると
目も当てられない。
posted by 小林 慶太 at 23:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 立体交差事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

未来のかけ橋を渡る若人 

久之浜遠征編2020
2020年6月24日、
15:33、久ノ浜駅からE531系原ノ町駅行き5両編成普通列車に乗車。
こちらから乗車したのは久ノ浜中の男の子と自分の2人だけだった。

ダイソーをあとに小久川と大久川を渡り
旧・久之浜浄水場と災害公営住宅である久之浜東団地を通った後、
右へとカーブ描いて県道395号を潜って
原見沢トンネルへと突入していく。
交流電化に伴い現行の線路を走る構造へと切り替えがなされている区間。
久之浜遠征編2020
金ヶ沢地区を通りぬけていくところ。
東日本大震災に伴う藪川堤防の復旧や海岸堤防のかさ上げを行っており
曲がりくねった道路が殺風景に海岸へと延びていくのが印象的ながら
集団移転を行った上で成り立っていることを
意識しなければならない光景だ。
久之浜遠征編2020
旧線と並行して相次ぐトンネルを駆け抜けていく区間に突入。
近代産業を成り立たせた土木建築の上で再評価がなされつつある。
チラッと見える出入口の構造だけでも
その年代と当時の技術を結集したものであることがわかる。

一時的に太平洋を映したのも束の間、切通から山林へと進んで
大沢トンネルを皮切りに天神沢、深谷沢、館山トンネルと
立て続けに潜り抜けていき末続駅へと滑り込んでいく。
久之浜遠征編2020
こちらも末続川の堤防の整備とともに対岸を中心に
国道6号寄りに住宅団地を整備することで集団移転を図っている。
久之浜遠征編2020
対向式ホームの末続駅、海側に位置する2番線ホームには
「❝末❞永く花と緑と青き海が❝続❞く駅」の文字が掲げられていた。
久之浜遠征編2020
ここで同乗していた男の子が降りていく。
構内はツツジや紫陽花をはじめとした植栽が
地元の方によってホームに掲げられている文言に適うように
手入れがなされている。
無人駅で特急列車は通過する上に、乗降客も決して多くはない駅であっても
地域の拠り所であり続けるように人々の努力が積み重なっていることが伺える。
広野遠征編2020
嵩上げされた末続川の左岸堤防を見つめている間に
築堤から列車は末続トンネルに向かっていく。
なかなかペース配分で途中下車の行程に加える機会はないけれども
復旧工事をしているところで降車したこともあるので
何だかんだ意識しながら見ているところになる。
広野遠征編2020
末続トンネルを出ると太平洋をのぞみながら茂みをかき分け
次なる夕筋トンネルへと向かっていく。
手前の砂利道のようなものが旧線跡になる。
広野遠征編2020
左へとカーブして台の山トンネルへと向かい、
水田へと出て行き、さらに右にカーブ描いて東禅寺トンネルへ。
これを出たところで浅見川を渡り、
広野原団地をはじめ住宅地に差し掛かり、
ひろのみらいオフィスやホテルハタゴインがそびえ立ち
15:41、広野駅着。

上部に架かる自由通路は「未来の架け橋」という名前の橋。
駅構内を結ぶ跨線橋は奥、末続駅方面にある。

ちょうどふたば未来学園の下校時間帯にあたり
いわき駅方面への列車を待つ生徒の姿が印象的ながら
こちら富岡駅やそれ以遠に向かう生徒の姿というのは……。

物理的には大熊町や南相馬市からも
登下校可能なインフラが整備されるようになったので
昨日、今日よりも先を見据える展望が用意されたことになる。

こちらも久ノ浜駅に先んじてホームの嵩上げがなされたことがわかる。
広野遠征編2020
次の駅であるJヴィレッジ駅が常設駅に昇格している。
駅名表示板を撮影して列車を見送っていくところ。
ホーム上の乗車位置には運用を2020年3月で終えた651系のものが残っている。
広野遠征編2020
常磐線全線再開とともに富岡駅や久ノ浜駅が無人駅となった中で
引き続き広野駅は委託駅を維持していた。
飛沫防止のシートが張られた窓口からホームへと撮影したところ。
Suica対応となったので簡易改札機が設置されるようになった。

とりあえず駅員さんがいらっしゃったのでこちらで精算200円。

例えば無人駅である久ノ浜駅から
同じく無人駅の末続駅で降車する場合はICカードでなければ
5両編成であっても車掌さんが対応されて下さるのだろうか?
そういう不安を抱えていたので
降車駅が有人駅であったことにホッとする。

大野駅や富岡駅では「途中下車」を採っているけれども
乗車券提示をすることなく俗にいう❝信用乗降❞をしていた。

また窓口上部の放射線量の数字を見てもらうと
大野駅の0.3、富岡駅0.1に比べてさらに低い0.08を指していて
福島第一原発からの風向きや距離というものが
低下している数値の中であっても関わっていることが
ダイレクトに示されている。
広野遠征編2020
広野駅は東京電力の広野火力発電所の最寄り駅であるのとともに
特急列車「ひたち」の停車駅となったので
有人時間帯が確保されているのにも関わらず
大野駅、双葉駅、富岡駅で導入されている「話せる指定席券売機」が
こちらにも設置されるようになっている。

発電所がある、先行して避難指示解除がなされている、
こういう条件から旧来通り優等列車を利用する人の需要が見込める土壌がある。

従って駅員さんの配置は特急停車駅よりも
高校所在地に配慮して登下校の時間帯をカバーするようにしていることが
これらの状況から推測される。(四ツ倉駅も有人駅)

運賃表は常磐線がつながったので
広野駅では大甕駅〜浜吉田駅、並びに磐越東線要田駅までの乗車券が買える。
くどいけど、双葉駅、大野駅、夜ノ森駅の3駅が記載されるようになったのは
非常に大きなエポックだ。
広野遠征編2020
特急「ひたち」が1日3往復停車するので
当然列車運行状況や時刻表にもその表示がなされている。
いわき駅方面には折り返し運用の列車設定もある。
広野遠征編2020
アナログの時刻表には出発番線の記載も入っている。
やはり赤い字の優等列車の存在が加わったのが目立つ。

常磐線を境に津波の甚大な被害を受けた地域を中心に
防災緑地やホテルハタゴイン、ひろのみらいオフィスが立地しているので
避難経路の案内図は意識的に目にしていくもの。
広野駅は標高9.7mに位置していて
津波避難場所には標高19mにある築地ヶ丘体育館が指定されている。
広野遠征編2020
転回スペースから広野駅駅舎を撮影したところ。
ちょうど下校時間帯なので高校生の姿も。
定期旅客として常磐線を必要として下さっている方々。
同時に公共交通の存在理由の裏付けにつながっている。

軒先には郵便ポストがあり、
ひろのタクシーがこちらに常駐。
その奥に壁で塞いである閉鎖されたトイレが位置している。
公衆トイレの整備とともに役割を終えている。

駅の開業以来のインフラを前提としている構造を持っているので
東日本大震災を境に整備した
ひろのみらいオフィス側のロータリーと照らし合わせると
その違いが歴然としたものになる。

あくまでも「顔」はこちら。
広野遠征編2020
公衆トイレと「未来の架け橋」を見ているところ。
この1年の間に公衆トイレには男性用、女性用ともに
出入口に「童謡の街」のカーテンが取り付けられるようになった。

そしてヒトの流れとしてふたば未来学園の生徒が
この架け橋を渡って下校(朝は当然登校)する光景が
見受けられるようになったという変化も生じている。
広野遠征編2020
未来の架け橋から常磐線を挟んで海側に整備してあるロータリーと
ひろのみらいオフィス並びにホテルハタゴインを撮影。

架け橋の足もとから身障者用スペースと駐輪場を配置して
そこからタクシー乗り場とバス乗り場を設定している。

タクシーとバスは乗り場が用意されているだけで
現段階では常駐や乗り入れはなされていない。
ぐるっと囲んでいるロータリーの内側に一般車の駐車場を設けている。

ひろのみらいオフィスは6階建てのビルで
津波避難ビルの役割を担いつつ、
東双不動産や原電エンジニアリング、東北技研などの企業と
Yショップが入居している。6:00〜22:00がYショップの営業時間。
清水建設の名前で「テナント募集」の垂れ幕が下げられていた。

ホテルハタゴインは7階建て。
道路挟んでホテルの向かいには医療機関である馬場医院。
広野遠征編2020
高校生の「未来のかけ橋」をわたるヒトの流れは
海側に形成されているニュータウンから通学しているわけではなく
ついに完成を迎えた立志寮が完成したことを受けてのもの。
手前がこれもまた合わせて整備された商工会館になる。

歩いてふたば未来学園へと寮から登下校するほかに
部活動のものと思われるけれども送迎バスも運行されているようだ。
自転車置き場も用意してあっても
移動手段として重宝されていない印象がある。
広野遠征編2020
地上部へと下りてロータリーを撮影したところ。
それぞれに乗り場にはシェルターを確保しており
点字ブロックも合わせて整備がなされている。
広野遠征編2020
というわけで、この1年の間に広野町広域案内図の表記が変わっている。
ふたば未来学園が総合グラウンド付近に記載され、
その周辺に広野町認定こども園と広野小学校。
旧来のふたば未来学園の場所には広野中学校の文字が入った。
広野遠征編2020
広野駅東ニュータウンに予定していた施設は
商工会館と立志寮が加わったことで
当初予定していた施設がここで一通り揃ったことになる。
広野遠征編2020
こちらも地上部から商工会館と立志寮へと撮影したところ。
広野遠征編2020
商工会館の駐車場には
宅配サービスみかんちゃんの軽トラックが停まっていた。
取り扱い店での1000円以上の買い物に対して
無料配送を行うサービス。11店舗が取り扱っている。
ひろのてらすだけでなく
既存の商店に対しても双方向からの努力が求められている。

広野町は数字上では東日本大震災以前の人口水準にほぼ回復している。
世帯数は10%くらい上回り、
男性6割、女性4割の構成という内訳であるので
その構造の特別性を念頭に置く必要があるようだ。

つづく
posted by 小林 慶太 at 23:58| 千葉 ☀| Comment(0) | 旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

全線開通と無人化

久之浜遠征編2020
2020年6月24日、
小久街道踏切から対向式ホームの久之浜駅を走り出すいわき駅行き
E531系5両編成普通列車を撮影。
上下線の間に中線があったことを伺わせる構造。
折り返し列車は1日に1本設定されている。

思えば初めて浜風商店街へと向かう際に
久之浜第一小へとここから歩いていく時にすれ違った女の子が
「こんにちは」と声をかけて下さったことから
話がはじまったのかもしれない。

壊滅的な沿岸部の光景は自分の想像を遙かに超えたもので
至近距離まで来ているという動機づけで
足を運んだことに後悔とともに言葉が出なかった時に
自分よりも生活圏でその事象に遭遇されていたり、
身辺の方がそういう状況に置かれているであろう方に
そちらの方から声をかけてもらったというのは
ありがたいのとともに、
自分の方からむしろ背中を押すように対峙できるようにありたいと
浜風商店街で述べた記憶がある。

この言葉がなかったら商店街で出会った方を前に言葉が出なかった。
今日に至るまでの問答に至らなかっただろう。
久之浜遠征編2020
列車の時刻に照準を合わせて時間配分をしつつ県道395号へと出て行き、
歩道橋をそばに横川NSエンジニアリングが
常磐道4車線化に向けて現場事務所を構えているので
こちらの様子を道路から見物。
いわき中央ICから広野ICにかけての区間をここを拠点に手掛けていて、
沿岸部の整備工事の詰所だった敷地は相次ぐ工事の詰所として用いられている。
久之浜遠征編2020
ここまでぐるっと歩いてきたので
ようやく浜風きららのカフェにお邪魔していくことに。

施設として見ているばかりで、
お店と接点を持つことがないままでいるところに
海竜焼きのお店がなくなってしまったので
なおさら意識しなければ、と。

その対象も限られていれば使う金額も頻度も限られたものでしかない。

広げることができる人はどこまでも広げる事ができて
無尽蔵に天井を見上げることができる。
久之浜遠征編2020
浜風商店街のお店よりも経営をされている方が若く
集まれる場所をという思いでカフェを立ち上げているので
wi-fiを導入したりコンセントを備え付けている席を提供したりというところから
雑貨などの取り扱いも手掛けていて
立ち寄りやすいコンセプトのもとに組み立てていることが伺える。

いわき七浜プロジェクトにも久之浜を擬人化したキャラクターがいて
それに男性声優を充てようという企画に
来店されていた方が掲げていた人物を分析すると
大体来訪される方の年齢層が伺えることをイメージできるような気がする。
そういうものに限ったものではないけれども。

それにしても食べてばっかりだなぁ、と。
髪の毛はそんなないから旅先で床屋さんに寄るとかないし、
消費行動は自分の場合はそういった分野に限られてしまう。

ご当地に因んだメニューは海竜ソーダ。
飲んだのは抹茶ミルク。アイスのおまけをして頂いた。

浜風商店街の方がそれぞれにお店を再開されたのと
また違ったドラマのもとに
浜風きららへとお店を構えている方がいらっしゃるのだろう。
少なからずそれもまた東日本大震災とは無縁ではなく
好奇心で踏みいれることができるようなものではないと思うけれども。
久之浜遠征編2020
久ノ浜駅と県道395号との交差点を館の山や殿上山方面へと撮影したところ。
こちらもうつくしまの道サポート制度に基づいて
久ノ浜駅前道路愛護会の方々が周辺の道路美化や
植栽の維持管理に努めている。
植栽に方は地面の方に足跡が残されていて
立て看板の意志をないがしろになれてしまっている印象を受けた。

どこを指しているのかは定かではないけれども
若い子は草花は植えれば勝手に咲くと思っている、という言葉を耳にしたので
こういう光景を見ると何とも言えないものがある。

駅前をはじめ周辺の道路美化に努めている点は不変で
地域の方々の意識とそれに伴う行動の賜物だと捉えたい。
久之浜遠征編2020
今回は新常磐交通のバスでやってきたので
ここでようやく登場となる久ノ浜駅駅舎。転回スペースから撮影。
自動販売機と公衆電話、コマに入っていないけれども公衆トイレが
駅舎を前に配置並びに整備されている。
久之浜遠征編2020
花壇は交差点箇所に限らず、駅舎前にもあり、
こちらにはハッタチアザミをなどが植えられている。

無人化となったので愛護会の方々による維持管理の果たす役割は
非常に大きくなったものと思われる。
従って駅舎のブラインドはもう開くことはないのかも。

タクシーの駐車スペースは3台分とってあり
四倉マルイチタクシーが常駐している。

真っ正面、マミーマンションを前にしたところにも
久之浜・大久地区観光マップが掲出されている。
久之浜遠征編2020
明治期にまで遡れてしまうであろう危険品庫の裏手、
転回スペース側には富岡駅や竜田駅で用いられていた
常磐線代行バスの停留所がまとめられていた。
竜田駅のものは横たわっていて、
白いテープで停留所表記を巻いてあるのは富岡駅のもの。
常磐線全線再開に至るまでの過程で役立ってきたこれらも
必然的に役割を終えてお役御免となった。
久之浜遠征編2020
サラッと先ほども述べているように
常磐線全線再開とともに久ノ浜駅は無人駅となったので
窓口が白いシートで塞がれ、
それとともに呼び出し用インターホンが設置されるようになった。

そして運賃表。
つながるようになったこともあり
佐和駅〜坂元駅、三春駅までの範囲が案内されるようになった。
とはいえ乗車証明発券のみで、下車駅での精算並びに
ICカードを前提としているようだ。

ちょうどJR水戸鉄道サービスの方が掃除に見えていらっしゃったので
無人化後の維持管理の具体的な様子を拝見させて頂く機会に
与らせていただいた。

誰かがやってくれるから安心ではなく
やって下さる方の負担を少しでも減らせるように協力して
供用スペースは利用したい。
久之浜遠征編2020
Suica対応となったこともあり簡易型自動改札機が設置された。
無人駅となったこともあり
なおさらリアルタイムで運行状況が更新される
待合所に設置されているデジタルの運行情報・時刻表表示器の存在は大きい。
貼り出されている「ようこそ東北へ」は日本語を含めると6か国語表記だ。
久之浜遠征編2020
駅名と各方面の案内欄の間に他の路線の運行状況や
工事予定がスライドされながら表示がなされている。
651系の引退に伴って普通列車は5両編成に統一されるようになった。

下り列車は16時台に広野駅行きが設定されていて
これがいわき市街からの下校と、
折り返し運用でのふたば未来学園の下校需要に応えるための設定。

日中は1時間半におおよそ1本。朝と夕方は1時間に1本。
久之浜遠征編2020
久ノ浜駅構内はホーム嵩上げの改良工事が行われているところだった。
中ほどから段差があり、手前部分が先に手掛けられた範囲にあたる。
久之浜遠征編2020
久ノ浜駅跨線橋。
東日本大震災で生じた火災の消火活動にあたられた方が
夜間にここで身体を休めた場所である事が
防災まちづくり資料室で記述されているように
その舞台であった場所になる。
鏡は高木屋旅館の文字が入っている。
久之浜遠征編2020
こちらも中ほどまで嵩上げの改良工事がなされているため
路面と点字ブロックが新しい2番線ホーム。
特急「ひたち13号」がここを駆け抜けていくところを撮影したものになる。
久之浜遠征編2020
後続の列車を待っていると久之浜中の男の子がやってきて
この時世柄にも関わらず「こんにちは」と挨拶をして頂いた。
冒頭のことを思い出した。本来であれば自分から言うべきところ。
それをなかなかさせにくいというのは
東日本大震災の有無に限ったものではないのだけれども。
時計の針を遡ると彼にとっても小学校に入る前の話になるのだろう。

高校がない久之浜地区においても
小中学校は末続駅から久ノ浜駅までの通学手段としても
常磐線を用いているそうなので、
彼はそういうものに該当する一人にあたることになる。

特急「スーパーひたち」で相次ぐトンネルを駆け抜けていくところは
物凄いところを走っているという以上のものを思うこともなく
こういった登下校の姿に突き当るものや意識するものは皆無だった。
久之浜遠征編2020
つづく
posted by 小林 慶太 at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | 旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時代は歴史に変わっていく

その時代のヒトでなければ果たせない事、伝える事ができない事があって
受けたバトンをどのように自分自身で消化したり
後世へと託していくのかというのは尽きる事のない問答の一つだ。

日本で一番高い山は富士山だ。
ところが富士山が日本で一番高い山ではなかった時代があった。
一番の山は……一体……。ニイタカヤマ。

非常に有名な「ニイタカヤマノボレ」、
梨の産地であれば誰もがみんな知っている新高は
そのニイタカヤマを指している。
国鉄
先日鉄道博物館に行った際に富士山が日本で一番高い山ではなかった時代、
そういうものは知っていたのだけれども
その時代に「国鉄」、つまり日本の国家が管理していた鉄道網というのは
南樺太から朝鮮半島、ニイタカヤマがある台湾にまで及んでいて、
なおかつ満州鉄道が存在していた事実に対して
非常に意識が薄い自分に気付いた。

鉄道網は大量輸送に特化していることもあり、
軍事輸送を担う部分もあったので、
日本という国家はそのインフラ面に特化したスキルを持っていたらしい。
蒸気機関車で有名なD51は台湾にも導入がなされている。

あくまでも歴史的な後世における評価であり、
敷設に至る過程はその戦争がとりまく情勢下における
極めて苛烈を極めた状況下でなされているものもあるので
そればかりを一概に評価するべきものではないようだ。

太平洋戦争終結から75年目を迎えた。
その年に生まれた方が75歳になってしまうのだから、
物心ついてその状況下に置かれていた方、というのは、
もっと高齢になるわけで
1995年における「戦後50年」という節目よりも
遙かに歴史的な証言者たり得る方の存在は稀有なものになりつつある。

新聞でそういった方々が太平洋戦争にまつわることに対して
その主観のもとに文をしたため、
記述をされたものを拝読することができるというのも
極めて貴重となっている時代になってきている。

自分自身は既に昭和末期から平成初期にかけて小学生をやっていた身なので
戦争とは非常に無縁なような気がしないでもないけれども、
リアルタイムにその戦争の影響を受けた方々が発信されているものを
ダイレクトに受けている世代にかろうじてあたるので
託されるバトンというのは
今日時代を拓いていく方々が受けるものよりも遙かに多いものだったのだろう。

30年以上も時計の針を遡らなければならないのに
そういうものを未だに覚えている節がある。



「ドラえもん」
実はのび太くんの叔父さんは太平洋戦争期に少年時代を過ごしている。

従ってのび太くんのお父さんは叔父さんの兄にあたるわけだから
無論、戦時中に同じように少年期を過ごしている事になる。

その話を触れると即座に思う方もいらっしゃると思うけれども
戦争期の動物園の象にまつわるエピソードだ。

殺処分しなければならない飼育員の方の葛藤にまつわる思い出話に
タイムマシンでのび太くんたちが向かっていった。

戦争末期に差し掛かっていく未来を変えることはない中での
救出劇が描かれている。

こういう時代背景が
ギリギリ自分の小学生時代に話として成り立つ時代に身を置いていた。
21世紀の現代では年齢的なもので話のつじつまがあわないものになってしまう。

「ミスター味っ子」
アニメは日本の食の頂点を極める味皇と味将軍の対立は
戦後の貧しい食料事情のなかで二人の兄であった村田源一郎という人物が
食堂復興を夢見ながらも、戦災孤児のために分け与え
結果として自分自身が衰弱死してしまったことに対する
価値観の相違に起因していた。

物資があれば、その過ちを繰り返す事がなかったと捉え、
権力と金という豊かさを武器に食の世界を極めようとした味将軍と
志を純粋に引き継ぐことを選んだ味皇。

こういうルーツに太平洋戦争が出てくるというのも
その時代でなければ成り立たないもので、
リメイクがなされていても1980年代後半という時代でなければ
貧しさの中から豊かさを導き出してきた国家の歩みと
リンクさせた物語は描かれなかったのだろうと思う。

「火垂るの墓」のようにダイレクトに戦争を扱った作品はいうに及ばず
そういう間接的なものを受信してきた世代。

国家として行ってきたこと、
軍事的な行使に限らず、そういう場面はあり得ることであるし
人間の本質がえぐり出される事になるというのも否定はしない。

ヒトは過ちを繰り返すといわれるけれども
同じ過ちを繰り返してはならない楔を何度でも打ち直して
再確認していかなければならない。



うちの街で鎌ヶ谷大仏が今日も鎮座しているのは
金属類回収令を福田家(所有者の方)が拒否したから。
白羽の矢が立った時もあったという。

今日以上に国のため、というのが求められ、
世間の目なども十二分に考えられた中で
あくまでも平和的な象徴ともいえる大仏を
軍事へと捧げることなく守り抜いたというのは
もっと評価されるべきなのだろう。

率先して捧げた方もいらっしゃったり
苦渋の思いをされた方もいらっしゃる中での事なのだから。

そういう方が守り抜いた大仏が鎮座している街に暮らしている。

同時にその戦時下において整備されたモノの上に
少なからず下地があるものに
恩恵を享受していることも忘れてはいけない。

どことは言わないけれども
某鉄道会社は陸軍の鉄道演習線が前身になっているし
津田沼駅周辺の商業施設や大学の立地に関わる
土地の背景にも陸軍の存在がある。

戦時中の土地収用と同じような感覚で
要望すれば簡単に用地買収が行われるような錯覚を未だに拭えずに
安易に要望されたりする方は
世の中をとりまく状況というものを見渡して頂きたい。
posted by 小林 慶太 at 21:57| 千葉 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

距離

久之浜遠征編2020
2020年6月24日、いわき市役所久之浜・大久支所、2階。
その一画にある防災まちづくり資料室。平日のみの開室。

この一年の間に震災伝承施設に登録されている。

伝えていく事象やそれに基づく教訓、メッセージというのは不動のもの。
歳月の経過とともに受け手がどのように捉えることができるのかというのが
より問われていく事になるところに時代は足を踏み入れている。

資料室の文字を掲げてる光景は大聖寺のもとから
館の山や殿上山へと瓦礫で埋もれた光景を記録したものになっている。
浜風きららを前にした道路が建物の有無や被害の境目になったと称していても
そういう状況にあの日晒されていたことを示している。
久之浜遠征編2020
資料室の役割の一つが東日本大震災において
久之浜をはじめとした地域がどのような状況に見舞われたのか、
暮していた方々は避難を余儀なくされたのか、
襲い来る多々の災害に対してどのように収束へ向けて奔走されていたのかを
歴史的な資料として人々に伝えていくものがある。

御厩小や湯本高へと避難して
そちらでの避難所の様子を示しているパネルとともに
新聞紙や毛布など2011年3月当時を再現しており
とりわけ新聞紙は漠然と報道しているところに目が向いてしまうけれども
同時並行して世の中がどのように動いていたのか
時系列的に物語っているものがある。

避難所の記録は実録に基づく状況とともに
必要な対応や支援というのを経過期間ごとに区切って提示している。
役立つ場面がないことに越した事にないけれども
資料として即座にコンタクトをとることができる施設なので
その場面だけに留まる記録というものではない。
久之浜遠征編2020
こちらは現在は流出を機に高規格なものに架け替えられている
先代の代ノ下橋の欄干。
1972年に架けられたもので海岸でこれが発見されたのは
東日本大震災から4年の歳月を経ての事だった。

大久川と小久川を津波が1km以上も遡上したという事実を
防災緑地の整備もさることながら、後世へと伝える手段としている。

資料としての証言は誰もがほとぼりの冷めない状況下だと
興味を持って他人事ではないものとして捉えられる一方、
歳月を経過していくと、
事象としての距離を生じさせてしまうことは否めないので、
そういうものを保つように努めるところに物事がある。

3月になると来ることを思って見学に見える方がいらっしゃる。

展示する中身は極端に変わらないと思うし、
自分みたいな酔狂な人間は
もちろん非常に重く捉えている
あの言葉と対峙することも目的の一つとしてあるけれども、
どれくらいの人がいらっしゃっているのだろうというような着眼点を
引っ張ってくるけれども、そういうものは稀なこと。

そういう中で3月に思い立って、というのは
何度でもその事象や証言、資料室としてのメッセージとの距離を
確かめにいらっしゃっているのではないかと思う。
久之浜遠征編2020
もう一つの資料室の役割はあらゆる自然災害から
自分自身を暮らしをどのように守っていくのか、
背中合わせになっているのかという
そういう意識を高めてもらうという啓発施設としての役割がある。

この1年、台風19号、いわき市においては地域は異なれども
夏井川の氾濫という大きな災害が生じているから
土砂災害や風水害から身を守るという
こういった展示がダイレクトに訴えかけるように捉える部分もあるけれども
施設としてのテーマの一つはこういうところにも置かれている。

砂防堰堤や避難体制の整備といった行政によるインフラ面とともに
一人一人の意識が重要だという結論は
余程の事がない限り変わる事はない最大限最善の対策。

そういう言葉との距離を確認しなければならないという点。
災害とあまり縁がないと、とかく距離が生じてしまう。
たまたま縁がなかったというだけで、どこでもあり得る話。
久之浜遠征編2020
引き続き防災緑地へと歩いていくことに。
こちらは住宅地側に鎮座している諏訪神社。
いうまでもなく諏訪神社だから
大国主命と奴奈川姫の子どもである建御名方神を祀っている。

境内には保存樹木である青龍の松といわれる
クロマツが鳥居を前にしたところにそびえ立っている。
おおよそサイクル合わせて通りがかっているで
今回も拝殿を前に茅の輪が用意されているところだった。
久之浜遠征編2020
2016年当時の久之浜第一小・第二小6年生が
防災緑地に記念植樹したクロマツとコナラのもとへ。
柵と同じくらいの背丈にある。

今はみなさん高校生になられているんですね……。
たまに足を運ばれたりされているのだろうか。
暮らしを守っていく上でも維持管理が付きまとってくるだけに
そういう世代の人たちが一人でも多く携わって頂きたいとはいえ……。

傍からみている人間はどうとでも言えてしまう。
久之浜遠征編2020
こちらから波立海岸へと海岸沿いに防災緑地、5号緑地を見ているところ。
大きく嵩上げしているので海抜9mの高さを持っている。
海水浴場を持っていた地域の景観は
暮らしを守るために防災緑地を整備するという選択を執っている。
久之浜遠征編2020
1976年の第一回卒園生のの寄贈の文字が入っている掲揚台を
こちらへと残すことで幼稚園があったことを示している旧・久之浜幼稚園跡地。
東日本大震災で園舎は流出してしまっており
現在は国道6号沿いに場所を移してこども園となっている。
久之浜遠征編2020
久之浜バイパスへと通じる南町跨線橋のもとには
この跨線橋道路愛護会の方々が手入れをされている花壇とともに
うつくしまの道・サポート制度のもとで
周辺の道路美化を行っている旨が掲出されている。
美化とともに花壇を維持していくのは
歳月が積み重なってくると難しくなってきてしまうようだ。
久之浜遠征編2020
そのまま防災緑地を歩いていくと
ホテル高木屋の裏手に出るので
そこから県道395号へとまわり込んで常磐線の線路沿いへ。

「ホテル」高木屋は旧来は「旅館」。
東日本大震災を境に現在地で営業を行うようになっていて
ワインの宿というのを前面に打ち出している。

浜風商店街のほかに
移転する前と現在地の場所を知っているところの一つ。
といっても知っているのはそれだけで、
位置関係を思うと海水浴で来訪される方の需要があったりしたのではないかと
単純に推測してしまうけれども、あくまでも想像でのこと。

少なくとも大きな転換期に晒されて
現在のスタイルにシフトしているのは確か。

浮気をしないようにしているので
いわき駅そばのホテルに泊まる以外の選択肢はないという事で。
そういう中で物事を見ているというのは
どういうことなのか、っていうのも、念頭に置きつつも矛盾を抱えている。
久之浜遠征編2020
ぐるっと南町跨線橋のもとへとやってきて愛宕神社のもとへ。
旧・久之浜幼稚園とも関わりの深い神社。
神社自体は小高いところに鎮座しているとはいえ、
こちらには津波到達点の石碑が建立されている。
久之浜遠征編2020
バイパスへと延びていく道路で常磐線を跨いでいく。
久ノ浜駅方面へと見ているところになる。
四ツ倉駅以遠は単線になっているので
駅を間近にして線路が対向式ホームに向けて分かれて延びている。

こうして見ると高層建築物は
いわき市役所久之浜・大久支所と久之浜東団地だけで
低層住宅で地域を形成していることがわかる。
極端な集中を招くことのない集落が営まれてきた。
久之浜遠征編2020
館の山や殿上山へと見ているところ。
棟寄せあっている住宅とともに
海岸沿いには現段階の背丈であっても防災緑地が延びているのが目に入る。
久之浜遠征編2020
常磐線を跨いで左に伽藍を構えているのが福寿山龍光寺。
高台に位置しているので指定避難所にもなっている。
この場所へと移して庇護をしたのは北条時頼。
久之浜遠征編2020
小久街道踏切から土地区画整理事業が展開された水上地区へ。
敷地内から常磐線、パラッゾニシヤマ方面へと撮影したところ。
津波被害を受けた方をはじめ、
戸建て住宅やアパートで入居が進み
その光景が日常のものとなりながらも
「売地」の看板が立っている箇所も多々見受けられる。
久之浜遠征編2020
そちらでお店を構えている理容店は
浜風商店街に入居をなされていたところ。
トリコロールのサインポールが軒先でまわっているのを遠目で見ている。
飲食などと違ってこういうカテゴリーのものは
限られた人口の中であっても地域の方が
お店を利用されることで支えていく以上のものはない。
久之浜遠征編2020
アパートは駅から近いということもあるのだろうか、満室になっている。
久之浜遠征編2020
こちらも避難所になっている水上公園。
遊具を配置するのとともに
シンボルツリーと称するのにはまだあまりにも幼い木を囲んで
ベンチを設けており、日陰が現段階ではない状況。
この樹木の成長とともに木陰のもとで
ベンチで休むということができるのではないかと勝手に思っている。

久之浜第一小に近い公園なので
近隣の遊び場になってもらえる公園であると捉えていても
見ている光景は限られた場面だけしかないので
そういう場面には巡り合う事がない。
久之浜遠征編2020
浜風商店街があった部分は駐車場になっている、というか、
駐車場になっていたところを暫定的に浜風商店街にしていたのだろう。

土俵を持っている久之浜第一小を撮影したところ。校舎は四階建て。
校舎規模に対して一学年20人くらい。第二小は全校児童で20人規模とか。

いわき市は2019年段階で14万29000世帯、
世帯構成人員2を上回る34万人の人口を抱えている都市ながら
その3分の1から4分の1を平と小名浜が占めている構造にあって
人口が増えている地域と減っている地域、
高齢化が進んでいる地域との差が著しいところにある。

久之浜・大久地区は2400世帯で4800人なので
ちょうど世帯構成人員が2という水準に位置している。

子どもたちが少なくなってきたら
四倉に通わなければならないかもしれない、という言葉は
満更でもないところに物事はあるわけで
災害を乗り越えた街は世代の担い手を強く求めている。

「(他人の)子育てに(も)やさしい社会を望む!」という方が
地域の人口構造に着眼されないわけがない。
カネがかかることがわかった、は事実であっても
それが必ずしも根本を解消するものではないものだったりする。

つづく
posted by 小林 慶太 at 23:58| 千葉 ☀| Comment(0) | 旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする