2011年07月09日

馬込沢駅の近況

今日は東武野田線馬込沢駅の近況について。
馬込沢駅
鎌ヶ谷大仏から木下街道を船橋方面へ進んだ先にある東武野田線馬込沢駅。
千葉レインボーバスの白井駅・白井車庫〜西船橋駅を結ぶ白井線がこの二駅を結んでいる。
バス自体は駅前には入ってこない。
木下街道に「馬込沢」のバス停と「馬込沢駅」のバス停が設定されている。
どちらも東口側に位置している。

東武野田線だと鎌ヶ谷駅から高架線を走って地上に降りて
市街から車窓は畑が広がり、再び住宅地に入っていくと馬込沢駅に到着する。
実は馬込沢駅は船橋市藤原に所在するけど、駅東口界隈と西口周辺の一部地域が鎌ヶ谷市。
馬込沢駅
こちらが東口の様子。エレベーターがある。
馬込沢駅
東口から木下街道方面を見たところ。
駅舎側にあるスリーエフは船橋市藤原だけど、
道路挟んで向かいにあるファミリーマートは鎌ヶ谷市東道野辺。電信柱に着目せねば。
ちなみに写真に見える道路向かいは「鎌ヶ谷市東道野辺」ではない。「船橋市馬込町」だ。
丸十タクシーが見える。ここでタクシーが拾える。
東口は二市の市域が入り組んでいることもあってかロータリーがない構造になっている。
社会実験で船橋新京成バスの丸山循環線がこちらからしばらく設定されている。
旅客利用が一定を見たないと打ち切りになるらしい。

駅周辺の商店街である第一踏切商店街は基本的に船橋市に所属している。
それでも道向かいで「船橋市議会議員○○連絡所」という看板と
「鎌ヶ谷市議会議員○○連絡所」という看板が立っていたりするところも
この辺が両市の境界にあたることをうかがわせる光景。あんまり気にしないかな。

駅は地上駅舎だけど、構造上、ホーム下にある改札をはさんで東口と西口がある。
改札向かいに関連企業の東武ブックスとヴィドデフランスが入居。
エレベーターやエスカレーターが設置されている。3年前に紹介した時は建設中だった。
エレベーターは東口に。西口はスロープ構造になっている。
このブログ記事の一枚目の写真は西口で撮影しているので
そのスロープがチラッと見えるかと。
馬込沢駅
西口にはサミットを核テナントとしたレランドショッピングセンターがそびえて、
駅前からは祐慈園行の小型バスのドレミ号が基本的に運用される船橋新京成バスと
桐畑行の千葉レインボーバスが出ているロータリーがある。

一日の平均乗降客数は2009年度で26865人で鎌ヶ谷駅よりも多い。
鎌ヶ谷市だけでなく船橋市の丸山、馬込、藤原をはじめとした住宅地の玄関。
それだけに駅周辺、サミットのほかに
新鮮市場、マルエツという大手食品スーパーがひしめく激戦区でもある。
新鮮市場はヤマイチの後に入居。

船橋市には雇用促進住宅が、鎌ヶ谷市にはグリーンハイツという団地が
それぞれ馬込沢駅周辺に位置している。

馬込沢という地名はこの辺りがどういう地形でどういう使われ方をしていたかを示している地名。
船橋市には馬込町があり、鎌ヶ谷市には馬込沢という字(あざ)がある。
昔は法典駅だったんだって。何故って法典村にあったからだよ。
ちょうど法典村が船橋市に合併するころに馬込沢駅に改称してる。
その辺と関係あるのかもしれない。

コミュニティバスききょう号は馬込沢駅にはやってこない。
最寄は「東道野辺ふれあいの森」ということになるわけで、
背景には民間路線が設定されていることが挙げられる。

馬込沢駅
馬込沢駅周辺には市内で数少ない公衆浴場がある。それがニコニコ湯。
奥に見える建物がそれにあたる。これも紹介しておかないと。
posted by 小林 慶太 at 23:18| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 地元の駅紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にこにこ湯には何度かお世話になりました。
懐かしい雰囲気に癒されます。
Posted by 丸山のトニー at 2013年02月15日 10:01
コメントありがとうございます。

こう綴っている自分自身も
銭湯を利用する機会は非常に少なく
自己矛盾の塊のような人間ですが
市内に2つしかない銭湯の一つで
それがある街の風景に与れる事は
幸せなことなのだと思います。

利用していくことが一番なのでしょうが。
Posted by 筆者 at 2013年02月16日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック