2011年04月22日

増殖 鎌ヶ谷大仏

やっと明るい時間帯に写真が撮れた。
鎌ヶ谷駅の東口、西口の2カ所に鎌ヶ谷市観光案内版が設置された。

デザインは新鎌ヶ谷駅にあるものを踏襲するスタイルで
C☆Bが案内人を務め、ほぼ等身大の鎌ヶ谷大仏が登場している。

囃子水公園やファイターズタウンに至る範囲を対象にした
鎌ヶ谷駅周辺地図が盛り込まれている事と
ブログを書いている人間が絶叫している「なんで新型スカイライナー!?」というのが
改良されて飛行機に乗っているC☆Bが出ているところが変更点といえば変更点。
絶対に僕の叫びとその辺は無関係です。

でも正直、観光案内版……存在感がないなぁ、というのが否めない印象だ。
鎌ヶ谷駅
西口にある鎌ヶ谷市観光案内版がある場所はこちら。
停まっているタクシーの近くに位置している。
鎌ヶ谷駅
一般的に鎌ヶ谷駅を降りたってペアーロードを目にする人に飛び込む光景はこちら。
みずほ銀行があり、鎌ヶ谷駅西口接骨院とヘアーサロンイワサキ。
突き当りに小金ゴルフがあるというそんな位置関係。

どうしても人の流れの先に飛び込むものではないような気がする。
キョロっと振り返って「あ、(鎌ヶ谷大仏が)いた!?」とかいう次元かな。

鎌ヶ谷駅
東口の観光案内版はこういう位置関係にある。
船橋新京成バスのパークサイド循環線を利用する人は気付くかもしれないけど、
やはり目に飛び込む光景はこちらなのではないかと。
鎌ヶ谷駅
中心にそびえている木はヒマラヤスギだ。ガーラシティ2番街が控えている。

一応、鎌ヶ谷大仏が2体、鎮座されているという事で。
増殖している鎌ヶ谷大仏(像)。果たして初富駅や鎌ヶ谷大仏駅に設置される日は来るのだろうか?

ちなみに駅周辺案内図は梨園の紹介が北初富駅には設置されている。
くぬぎ山駅も新京成本社脇に新京成が設置したと思われる案内図がある。
ともに梨狩りの需要に応える意味合いが濃いと推測されるけど。

今年の市民夏祭りの中止が決定された。
また市内でもほうれん草の放射性物質の測定が行われ、暫定値以下であることが公表された。
愛情たっぷり、太陽たっぷりの鎌ヶ谷育ちのJAとうかつ中央の青果物のご愛顧を宜しく。
posted by 小林 慶太 at 23:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元の駅紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック