2008年12月10日

新鎌ヶ谷駅G

さて今度は新鎌ヶ谷駅の東口について紹介しよう。
いわずともがな、新鎌ヶ谷駅東口には2つの駅前広場がある。
新鎌ヶ谷駅8
東口を出ると目の前に見えるのがアクロスモールという商業施設で、
一つ目の駅前広場は新鎌通りとそのアクロスモールを前に広がっている。
交流空間機能が北総線高架寄りに位置し、
ききょうの木が植え込まれていたりするのだけれど、
某市議会議員さんが9月の定例会で一般質問に取り上げたように
ポイ捨ての目立つ空間だ。

これが東武鎌ヶ谷駅との大きな違いで、
KAOの会や町内会の人の尽力も大きいのは言うまでもなく、
非常に小奇麗な東武鎌ヶ谷駅前の広場に対して、
シルバー人材センターの方をはじめとした人たちも
清掃活動などを新鎌ヶ谷駅周辺で行っているのにも関わらず、
それ以上にポイ捨てがなされているというのが現状。

タクシープールを備えたロータリーを有して
ここから路線バスやコミュニティバス、秋元病院に東邦鎌谷病院の送迎バスが
発着している。
新鎌ヶ谷駅7
新鎌通りから駅前広場をパチリ。
北総線のC−フライヤーがさりげなく僕のブログに初登場。

出ている路線バスは千葉レインボーバスの鎌ヶ谷線、西白井線。
ともに白井駅や白井工業団地へ向かう路線。
前者は鎌ヶ谷市役所を始発に高柳駅や下総工業地帯を経由していくのに対し、
西白井線は新鎌ヶ谷駅を始発にしてベリーフィールドを経由する。
ともに西白井駅は経由しない。

加えて船橋新京成バスの鎌ヶ谷総合病院〜新鎌ヶ谷駅〜鎌ヶ谷大仏という路線が
07年から開業している。
ファイターズタウンでのイースタンリーグ開催時は
シャトルバスも発着する。ただし土日祝日のみ。

そして市内の主要駅ということもあって
コミュニティバスききょう号が全便このバス停を通るルートになっている。
東武鎌ヶ谷駅や鎌ヶ谷市役所と並んで乗換えができるバス停。
乗り換え時に運転手さんに申告すれば通しの料金100円で乗車できる。
路線設定はくぬぎ山地区を経由し中沢地区を循環し東武鎌ヶ谷駅を目指す路線と
北部公民館や粟野コミュニティーセンターを経由する市役所への循環線、
さわやかプラザ軽井沢行、最後に鎌ヶ谷駅やトレーニングセンターを経由する鎌ヶ谷大仏行が
ある。
新鎌ヶ谷駅11
さらに今年4月からは白井市のコミュニティバスナッシー号もやってくる。
こちらがバス停。イラストは「なし坊」。ちなみに彼には家族がいる。
白井の湯(工業団地)や西白井駅を経由する循環ルートの途中駅。
白井市役所を拠点にしたバスで1乗車150円。
なお、さわやかプラザ軽井沢にもナッシー号は乗り入れるのだけれど、
こちらは別路線。器用に乗り継ぐ必要がある。

とまあ一つ目の駅前広場を紹介したところで2つめの駅前広場に向かおう。
こちらは鎌ヶ谷ショッピングセンターの向かいに位置する。
新鎌通りを歩いて新京成の踏切を渡ったところだ。
新鎌ヶ谷駅12
新京成の高架がだいぶつながってきてしまってるんだよねぇ。
写真は新鎌ヶ谷1号踏切。
新鎌ヶ谷駅9
やってきた2つめの駅前広場がこちら。
ここを通っていくと東口からでも
歩行者は奥に見える鎌ヶ谷総合病院まで歩いていくことができる。
こちらも時計がシンボルかな。
仲間由紀恵さんのジョージアのCMに使われた駅前広場。
当時は脚光浴びたらしいけれど、覚えているかな?
交通機能を中心において周辺部に交流機能をもたせた構造になっている。
ロータリーは主に秀明大学や東京学館船橋高校など学校の送迎バスや
企業の送迎バスが出入りする。タクシーはほとんど来ない。
ききょう号はこちらにもバス停がある。
イベントに使われる余地を大きく残しているのはこちらの広場。
新鎌ヶ谷駅10
広場から新鎌通りと鎌ヶ谷ショッピングセンターを撮影。
東横インの建設も進み、マンションもなお作られていく地域だ。
それだけに新京成の立体交差事業の兼ね合いで、
道路事情が微妙に変わっていたりもする。
先ほどの新鎌ヶ谷1号踏切もそうだけれども
新鎌ヶ谷駅13
鎌ヶ谷総合病院前の踏切は少し北初富駅側に移った。
写真のものは元の踏切。
同じように道を歩いていても実は「元からあった道」ではなかったり、
新しい道ができることで以前歩いた道の記憶が人々から
次第に薄れていくのも確かなのかもしれない。
そんなの覚えていたって1円の得にもならないけれど、
それって哀しくないですか?
posted by 小林 慶太 at 22:32| 千葉 | Comment(0) | 地元の駅紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]