2020年03月18日

開拓

札沼線遠征編2020
2020年1月29日、一日に1本しかない新十津川駅行き普通列車に乗車。
石狩月形駅にて22分の停車時間を挟んで
対向列車の待ち合わせが行われた。
札沼線遠征編2020
石狩当別駅駅舎内の様子。
石狩当別駅〜新十津川駅間における唯一の有人駅。
窓口の上部に掲げている運賃表は駅名と運賃のみを示したもの。
出入口を間近にしたところにはリーフレットなどとともに本棚がある。
月形町の札沼線記念入場券の取り扱い駅は当然こちら。
札沼線遠征編2020
グ〜っと電化区間に比べて格段に本数が少ない時刻表。
石狩当別駅〜石狩月形駅間の区間運行の設定もあるとはいえ
ここから先、浦臼駅並びに新十津川駅方面へ向かう列車は1日6本。
うち新十津川駅行きは乗車してきている1本だけ。
札沼線遠征編2020
公衆電話を出入口前に従えた
石狩月形駅駅舎外観を転回スペース側から撮影したところ。
月形町は石狩川対岸の岩見沢市と結びつきが強く
北海道中央バス路線バスの岩見沢ターミナル行きの設定もある。
自動車の浸透が対岸の自治体との往還をスムーズにさせていることもあって
札沼線への依存度は極めて低いものになっている。
札沼線遠征編2020
構内踏切から石狩月形駅ホームを見た一コマ。
1面2線の駅構造で側線を持ち、そちらにはラッセル車が留置されていた。
札沼線遠征編2020
ホームの乗り場案内。

鉄道廃止後は各方面へと結ぶ移動手段はバスへと転換され
これも石狩月形駅が系統を分かつことに。

路線バスの初期費用や20年分の運行経費のバックアップや
駅周辺の街づくりに関する整備、鉄道用地の無償譲渡などを
JR北海道が廃止を受け入れてもらうために
各沿線自治体に負担していく。
札沼線遠征編2020
8:35、構内踏切の音とともに浦臼駅からのキハ40-401がやってきた。
札沼線遠征編2020
札沼線の非電化区間を担っている2両のみのキハ40-400番台の両者が
ここで顔を合わせることに。

そちらからの列車で月形高に通われる高校生の方が4人ほど下車をされ、
この行き違いで折り返していく方が新十津川駅行きに乗車され
車内は25人ほどとなった。
いずれも廃線を間近にしたという条件の上での非定期需要。

8:40、新十津川駅行きのドアが閉まって
こちらの列車が先行して石狩月形駅を出発となる。
札沼線遠征編2020
住宅地から雪原へと出て行き、国道275号沿いに民家が見受けられたのが
すぐに途切れて林へと入り、石橋鈑金工業の先で右へとカーブ。
北陽団地が見えてきて、続いて塀に囲まれた建物があらわれる。
月形刑務所。

これをあとに林から右にカーブ描いて木立の合間を縫っていく。
国道との距離もあるだけに民家はない列車だけの道のりを黙々と。

ゆっくりと走っていた列車がさらに減速すると豊ヶ岡駅に着く。
木造の待合小屋のみで道は雪で埋もれていた。
除雪をしていく負担が半端ないことを伺わせる。
札沼線遠征編2020
引き続き林を進んで右にカーブしていくと
林から右手に視界がひらけ、すぐに一面の雪原へと出て行き、
そこから左にカーブ。
国道275号が延びてきて民家があつまり
農業倉庫も見えてくると列車は札比内駅へ。
かつては小学校を有する集落の中にあった。

左手に札比内神社をあとにして国道275号と並走していくと
山林が左から迫ってきてソーラーパネルのそばから右へとカーブ。
ビニールハウスも見受けられる中、
左からも道路が延びてきて晩生内ワークセンターを過ぎて
北日本建業とソーラーパネルに挟まれ晩生内駅に至ると
ここでお一人が乗車された。
浦臼町に入っているので晩生内駐在所は砂川警察署の管轄になる。
その駐在所とコミュニティ消防センターのもとから
左に山林を控えて引き続き国道275号とともに進んでいき
佐藤農園を過ぎたところで山の斜面が迫ってくるものの、
一時的なもので、雪原へと変わり、その山林との距離が生じて
浦臼町除雪センターのそばから札的駅へ。
札沼線遠征編2020
駅を間近にしたところから左に林が延びていて
これが途切れて雪原を進んでいくことになり、
民家は国道275号を中心に形成され、
グラウンドとともに浦臼小学校があらわれ
浦臼内川を渡って郷土資料館のそばから
ふれあいステーションのもとへ。
札沼線遠征編2020
9:07、浦臼駅着。ふれあいステーションが駅舎になっている。
このふれあいステーションが駅舎になっていて
そばにはスクールバスセンターがある。

石狩沼田駅まで線路が延びていた時代は
ここで運転系統が分かれていて
1964年段階は札幌駅方面に10本、石狩沼田駅方面に7本の列車設定があった。
いまや石狩沼田駅まで線路は既になく、新十津川駅まで。
しかも1往復のみ。
札沼線遠征編2020
その1往復しかない区間に突入。
住宅地から国道275号とともに雪原へと出て行き
黄白内橋を横目に森商店を過ぎ、
やがて旧・鶴沼小と集合住宅のもとから鶴沼駅へ。
国道275号と距離が生じてくる。
札沼線遠征編2020
さらに国道275号と離れて左にカーブし、
カントリーエレベーターやビニールハウスを通って雪原を進み、
数軒の民家が見受けられる中、於札内駅に立ち寄る。
札沼線遠征編2020
引き続き一面に広がる雪原を走って
南下徳富駅に向かっていく。

沿道には列車待ちの人がいたりするけれども
それも廃線を間近にしているところであるからで
踏切は一日に2回しか鳴らないところを進んでいる。

こういうものにメンテナンスが生じるし
道路も除雪が付きまとう以上は
すべからくこれを行うのは非常にムリがあるもので
優先順位が生じるわけで一部は通行止めになっているに等しい箇所も。
札沼線遠征編2020
民家は極めてまばらで撮影する人が自動車で先行していく中、
列車は農業倉庫のもとから駅舎を持っている下徳富駅へ。
ここで自動車で先行していた方がお一人乗車される。
札沼線遠征編2020
下徳富駅と新十津川駅の間には中徳富駅があったので
「しんとつかわ」の表記はそれに上貼りされたものになっている。
駅名表示板は一切「札沼線」の文字はなく、
全て「学園都市線」で統一されているのは
ここまで辿るとわかるかと思う。
札沼線遠征編2020
だいぶ離れて国道275号が延び、この間にもう一本延びている町道とともに
雪原をゆっくりと進んでいく。
民家は点在していて、旧・中徳富駅跡を通りぬけているのも
全然意識することもないままに
左から林が延びてきて民家が集まり、
林が途切れて一旦ビニールハウスもある雪原に顔を出した後、
線路沿いに再び民家が集まってくると
9:28、空知中央病院の足元にある終点・新十津川駅に到着。

乗車券は押印のために応援の方がいらっしゃっており
廃線を間近にしていることと、その需要が乗客を占めていることもあり、
ほぼ回収はなされなかった。
札沼線遠征編2020
13年ぶりにこちらも登場となった新十津川駅駅名表示板。
ピンネシリ山、ふるさと公園などを紹介した
名所案内がそばに並んで設置されている。
札沼線遠征編2020
この先、石狩沼田駅まで線路が延びていた時代があった。
そちらへと線路を見ているところになる。
雪に埋もれていてこれだけ提示すると実感はないけど。
段階を追って区間ごとに距離を短くしてきた札沼線。
そちらの代替交通機関は滝川駅を起点にしている。
現在は北竜町まで足を延ばしているだけで
沼田町に至る路線バスとしての交通網は維持できない、
さほど必要とされていないところに推移してしまった。
札沼線遠征編2020
駅舎に掲げている「歓迎ようこそ新十津川へ」のボードに加えて
ラストランを間近にした「ありがとう札沼線」の幟が降車客を迎えた。

天気がいい日は空知中央病院保育所の子どもたちが
この列車の到着を迎え入れ、出発を見送っていくことでも有名。
あまり天気が良くないのでこの日は見合わせていたそうだ。
札沼線遠征編2020
1日に1回しか列車がやって来ない駅となりながらも
逆に自治体としてはその駅がある事で一躍有名になったのも
JR北海道は費用対効果に見合わないとはいえやはり事実だ。
新十津川町のポスターにはそれが起用されている。

地味だけど右端に映っている「母子の村」という紹介も
新十津川町を語る上で非常に重要なもの。
札沼線遠征編2020
本当に1日に1本しかないのは時刻表を見ると明らか。
駅舎は無人駅だったところに新十津川町の観光案内所が入居し
窓口越しに業務を行っているので
廃線間近ということも多く、
少しばかり有人駅時代の雰囲気が
こうあったのではないかと思わせる部分がある。

とはいえ新十津川駅にやってきた列車は
10:00に石狩当別駅へと折り返して出発してしまうので
午前中を中心に物事が組み立てられている。
札沼線遠征編2020
だから本当に1本しか列車がないんだってば!!
前回やってきた当時は3本の設定があった。
ここまで絞られた段階で存続を強く訴えるのは現実ではないので
廃止を受け入れるのは抵抗感を抱くものはなく
改めてその事実になった時刻表を見ているばかりで
それ以上の感慨はなかった。
札沼線遠征編2020
駅ノートは空知中央病院によって管理されており
WEB上でも公開されているという非常に特殊なもの。
個々人が来訪歴とともに所感を綴るツールである点では変わらない。
札沼線遠征編2020
終着駅到達証明書。
文字通り1日1本しかない列車でやってきたことの証明書。
札沼線遠征編2020
新十津川駅駅舎を空知中央病院側から撮影したところ。
札沼線遠征編2020
こちらが空知中央病院になる。
建設年代も規模も明らかに違うので
非常に両者を見比べるとギャップがある。
手前に立っている看板は新十津川町の案内図だ。
通院手段としての鉄道という認識はないから
1日に1本の列車設定になっているのだろう。
浦臼駅からは路線バスの設定もあるとなればなおさらに。
これがそのまま代替交通機関になるともいう。
札沼線遠征編2020
13年前は滝川駅から新十津川駅に歩いてやってきて、
やっとの思いで列車出発を間際にしたところにたどり着き、
周囲を見渡す余裕がなかったけれども
今回はその所要時間などをそれなりに体得したので
限られた時間ではありながらも
配分に幾分か幅を持たせた見聞をしていくことに。

新十津川駅のある新十津川町は人口6500人の町。
滝川市との結びつきが強く、警察や消防、郵便はそちらの管轄にあり、
交通網も札沼線の廃止区間の代替バスは
いずれも滝川駅のバスターミナルから設定がなされている。

特産品はおコメ。
ありきたりな印象があるかもしれないけれども
開拓が行われる時代から切り拓いて
稲作に適する土壌や美味しいおコメに至る品種改良を重ねている。
このおコメとピンネシリの水という条件が揃って
「金滴」という銘酒が成り立つ。

「新・十津川」というのだから「新」がつかない「十津川」があるわけで
それが奈良県の十津川村にあたる。(母子の村)
入植の契機は十津川大水害によるものだったという。
十津川村は山間にあり、あまり農業に適していない土地柄なので、
石狩平野で稲作が盛んな土地をつくりあげたというのは
先人の方々にしてみると感慨深いものがあるに違いない。

街に暮らしていらっしゃる個々人としては
その関係をどのように思われているのか定かではないけれども、
新十津川町と十津川村の関わりは今日も非常に深く、
特産品コーナーにもしっかりと奈良県の十津川村の名産品が並んだり
「母村」として交流を自治体の枠では抱えている。

しかも「十津川村」に対して「新十津川町」で
人口も母村よりも今日は減少傾向にあっても倍近い数字を抱えている。
開拓の道のりは並大抵のものではないことは
あくまでも想像の枠の中でのことながら
その決断は思い切った決断であったと思われる。

つづく
posted by 小林 慶太 at 23:49| 千葉 ☁| Comment(0) | 旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧・新鎌ヶ谷1号踏切軌道撤去

立体交差事業2020年3月18日
初富駅をそばにした市道2347号の
第1工区・第2工区工期日程掲示板のもとからは
プランターが片付けられ、運送業者の方が受け取りに見えていらっしゃった。
引き続きもうしばらく北初富駅ではチューリップの開花の様子が愉しめる。
立体交差事業2020年3月18日
くぬぎ山3号踏切から
旧・上り線との切り替え地点方面へと上り線を撮影したもの。

この付近、ビームが3本の線路を跨ぐ構造になっている。
地上部、既に旧・上り線とバラストは撤去され、
その下を潜っていたケーブルだけが残っている。
また地上線を走らせているにあたって必要だった
信号系統の設備並びに支柱も撤去を行っている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・上り線跡をくぬぎ山3号踏切からズームアップ。
バラストもなくなっている線路跡は路面が剥がされており
土が一部箇所に盛られている。
立体交差事業2020年3月18日
国道464号に面した先々代・北初富駅構内へのゲートから
先々代・北初富駅構内を見たところ。
北総鉄道高架橋寄りの進入防護壁のもとに
撤去したバラストを野馬除けの土手のようにしてまとめている。
手前に物置が置いてある。
立体交差事業2020年3月18日
先々代の北初富駅北口付近から
国道464号、旧・北初富1号踏切を北初富交差点方面へと撮影。
踏切構内と線路はフェンスで遮断している。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富1号踏切から
先々代・北初富駅構内へと旧・地上線跡を撮影したもの。
バラストが撤去されている場内、信号機も一通り撤去してある。
アスファルトの路面を引き剥がしている。
ショベルカーが侵入防護壁寄りに留置されていた。
立体交差事業2020年3月18日
「北初R4」付近からスロープにかけての線路跡の様子。
アスファルトの路面が剥がされている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富1号踏切を旧・北初富駅方面へと撮影。
並行して高架橋とともにそびえるのが現・北初富駅で
旧・地上線を挟んでそびえるのが富栄ビル。
奥には旧・北初富2号踏切を控えている。
踏切間の線路と枕木、バラストと列車防護柵は撤去してある。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富交差点から旧・北初富1号踏切を撮影したところ。
前方がさくら接骨院と旧・北初富1号踏切になる。
旧・北初富交差点の市道4号寄りに交通誘導表示板が配置されている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富交差点を正面に、奥へ高架・北初富駅を控えての一コマ。
中ほどの建物、食事処・道並びに富栄ビルを挟んで
右に見えるのが現・北初富交差点。
奥を横切っているのが現・北初富駅駅舎。

最終的には旧来の道路構造に復元することになる。

かつて看板に示されていた個人宅敷地は一部が舗装され
三井のリパークとして駐車場になっている。

この個人宅の表記は消してある一方、
いざか屋黒木屋伝兵衛は
既に「食事処 道」となっているのにもかかわらず、
引き続きその表記を続けている。
立体交差事業2020年3月18日
現・北初富交差点から
旧・北初富2号踏切と旧・北初富駅駅舎と現・北初富駅駅舎を見ているところ。
手前地上部の旧・駅舎は足場と幕でその外観が一通り包まれ
基礎部分を残しているだけ。

左に位置する現在の市道1560号、あくまで仮の道路だという点、
それなりに押さえておきたい。

車道挟んだ富栄ビルのもとにも
テープが張られ
「迷惑駐車はやめましょう」の掲示が出されている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富駅駅舎を撮影したところ。
進入防護壁で正面出入口を完全に遮断し、
そちらに周辺地域の案内図を引き続き掲出してある。
その向こう側で旧・駅舎は足場で囲まれ、
幕で包まれているものの、基礎部分のみとなっている。
立体交差事業2020年3月18日
スーパータカセは
引き続き旧・北初富2号踏切を前にしたこの場所で営業を行っている。
もちろん旧・駅舎に隣接する自動販売機も稼働中。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富2号踏切から旧・北初富1号踏切へと見ているところ。
バラストとケーブルが撤去されている。
立体交差事業2020年3月18日
高架・北初富駅駅舎と並行する
旧・北初富駅2番線ホームと旧・上り線跡並びに旧・地下通路を撮影。
バラストまで一通り撤去されている。

駅舎は基礎部分を残すのみで、周囲の一部に足場を組んで幕を張っているだけ。
ホーム部分は土台を構成する脚となっていた柱ばかりとなっている。
また架線柱だった柱も撤去してある。
立体交差事業2020年3月18日
高架・北初富駅駅舎出入口から旧・下り線跡越しに
旧・北初富駅駅舎を見ているところ。
骨組みにあたる部分は一通り解体してあり、
基礎だけが残されている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富駅2番線ホームを見ているところ。
土台を支えていた脚だけが残されている状況。
ホームに面した旧・駅舎部分では
基礎の解体に向けて工事車両が稼働していた。
残されていた蛇口などが掘り起こされて撤去されている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富3号踏切脇から
旧・北初富駅2番線ホーム裏手へと撮影したもの。
ホームの脚が連なって残っているだけ。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富駅1番線ホームも完全に脚を成していた支柱だけとなっている。
立体交差事業2020年3月18日
線路跡を挟んだ高架駅舎寄りでも
旧・地下通路部分の解体作業がなされている。
また高架・北初富駅2番線ホームの下を仕切るように
侵入防護壁を設置してある。
立体交差事業2020年3月18日
現・北初富交差点側から旧・北初富2号踏切を見たところ。
北初富駅駅舎供用に先駆けて
踏切構内脇を舗装して少しばかり歩道の幅を確保している。
立体交差事業2020年3月18日
現・北初富駅駅舎脇から
旧・北初富2号踏切と現・北初富交差点方面へと撮影したもの。
歩道幅に合わせて踏切構内部分の舗装を行っているのがわかるはず。
立体交差事業2020年3月18日
市道4号から車道を跨いで
高架・北初富駅駅舎地上部、駅務室並びに
改札を前にした階段側の出入り口を撮影。

市道に面した高架橋は北初富グリーンが施され
高架下部分は地上線に面している壁面と調和されており
ちょうど線路下にあたる部分に
ジェントルピンクを下地にした駅名を掲出している。

市道部分に沿ってガードレールが駅舎出入口まで整備してある。
踏切は既に廃止しているので
路面から踏切注意の文字と停止線が消されている。
立体交差事業2020年3月18日
北初富駅駅舎地上部、コンコースから改札方面へと見ているところ。
駅務室を前にモニター付きインターホンが設置されており、
向かい合うように引き戸を設けてある部分が
旧・地下通路への迂回路にあたる部分になる。
これに絡んだものが撤去されているのでがらんどうになっている。

上部には案内表示器とデジタルサイネージが取り付けてある。
路面はそれぞれの乗り場へと色分けをした上で
目的地を記載して矢印による誘導をしている。

モニター付きインターホンは改札外にも設置している。
立体交差事業2020年3月18日
北初富駅2番線ホームへのエレベーターの脇から
コンコースへと突き出ている仮設壁面に設けられている引き戸は
地下通路へのエレベーター部分を内包したところに設けられている。

旧・下り線跡に面して侵入防護壁で遮っていた箇所には
仮設壁面と引き戸を取り付けてある。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富3号踏切をなかじま弁当側から撮影したもの。
立体交差事業2020年3月18日
こちらは新京成の高架橋側から
旧・北初富3号踏切構内を見ているものになる。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富3号踏切から旧・北初富駅と
それに並んでそびえ立つ北初富駅を見ているところ。

旧・北初富3号踏切を前に瓦礫が積まれており
一通り構内からこちらまでバラストが撤去されている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富3号踏切〜旧・北初富4号(先々代・6号)踏切間では
バラストの撤去を進めており、
旧・北初富4号(先々代・6号)踏切に向けて展開されている。
並行するヤードにはバラストが積まれている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富3号踏切〜旧・北初富4号(先々代・6号)踏切間における
バラストの有無の境目付近を撮影したところ。
この先は旧・北初富4号(先々代・6号)踏切までバラストが続いている。
立体交差事業2020年3月18日
鎌ヶ谷バースクリニック側から
旧・北初富4号(先々代・6号)踏切と
工事車両搬入路となっている先々代・北初富6号踏切を撮影。
踏切構内と線路脇はフェンスで遮断している。
構内には撤去した上下線の軌道に代わって再舗装形跡が横切っている。
立体交差事業2020年3月18日
新京成の高架下から北初富4号(旧・6号)踏切を
鎌ヶ谷総合病院や鎌ヶ谷バースクリニック方面へと撮影したところ。
左に「段差あり」の看板。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富4号(先々代-6号)踏切から地上線を高架橋とともに
旧・北初富3号踏切方面へと撮影。

旧・上下線ともに踏切部分を前にしたところから撤去がなされている。

並行するヤードとともに線路が敷設されている敷地は
いずれもかつて北千葉線の敷設を予定するために確保された土地だ。

こちら側まで列車防護柵の撤去がヤード側、高架橋側ともに及んでいる。
立体交差事業2020年3月18日
高架駅舎の供用がはじまりながらも
新鎌ヶ谷駅の高架下にはプラントなどが確保されている。
奥の方について触れておくと
高架下のパイプラインが高架橋上部からの排水口につながっている。
鎌ヶ谷ピコレール保育園寄りに資材集積スペースが一画を占めており
フェンスで囲んである一画は電気設備が整備されている。

駅舎出入り口を前にゲートを設けており、
営業線寄りには採光を意識した窓ガラスが配置されているところがある。
ゲートの設置位置は
高架駅舎の壁面の有無の境目となる付近ではないかと思われる。
立体交差事業2020年3月18日
旧・北初富4号(先々代6号)踏切から旧・新鎌ヶ谷駅構内を見た様子。
搬入路は先々代の北初富6号踏切だったもので
いずれも軌道を撤去した後、整地を行い、
旧・上り線跡側には鉄板を一部に敷いている。
また通路部分を三角コーンで仕切ってある。

駅構内では東武線乗越仮橋梁まで
旧・上下線ともに撤去がなされており架線柱も既に消えている中で
ホームの解体がほぼなされている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・新鎌ヶ谷駅地上ホーム、
残されているホーム部分は東武線乗越仮橋梁寄りの一部のみで
ほかは跡形もなくなってしまっている。
第1工区以外で唯一残っている架線柱はココ。
立体交差事業2020年3月18日
南北自由通路のもとへと北総鉄道新鎌ヶ谷駅駅舎出入口を撮影。

駅名表示板は黒を基調とし、
ラインカラーの北総ブルーはナンバリングにのみという
旧来のイメージを大きく覆すものとなっている。

ここの駅名表示板を大きくしているので
広告スペースを別途駅舎壁面に設けている。

南北自由通路を含めて点字ブロックが一直線につながってはいるものの、
高架下通路の所有者や整備年代がいずれも異なるので
三者三様のデザインになっている。
立体交差事業2020年3月18日
新京成高架・新鎌ヶ谷駅駅舎南口を撮影したところ。

イメージカラーの新鎌ヶ谷レッドで出入り口をまとめている。

旧・下り線跡を隔てる進入防護壁のもとには
大々的にジェントルピンクの下地に
白抜きで「新京成線改札口」の表記をしており、
そちらに旧・構内に面してネットが張られている。

路面に矢印を施しているほか、
セブンイレブン新京成ST新鎌ヶ谷駅店の通路向かいにも
新京成乗り場改札表記を掲出している。

線路側の壁面はいずれもあくまでも仮のもの。
立体交差事業2020年3月18日
新鎌ヶ谷駅南口交通広場から
新京成・現・新鎌ヶ谷駅と
それに並行する新京成・旧・新鎌ヶ谷駅ホームを撮影。
立体交差事業2020年3月18日
地上の旧・ホームは高架駅舎の新鎌ヶ谷駅の文字の下あたり、
東武線乗越仮橋梁周辺の一部のみに
わずかばかり残るだけとなっている。
線路も高架になった区間で残っているのはここだけ。
立体交差事業2020年3月18日
旧・新鎌ヶ谷1号踏切から東武線乗越仮橋梁を見ているところ。

基本的に交差箇所は地上部を走る事業者が
工事を受注して作業を行うということなので、
東武鉄道がその上部に架かる仮橋梁やホームの撤去をしていくことになる。
現・高架部分も工事を起こしているのは他ならない東武鉄道。
北総鉄道においてもこの部分は東武鉄道が工事を起こしている。
費用はもちろんそれぞれ当事者の負担だけど。

駅として一番古いのは北総鉄道ながら
線路敷設が一番最初なのは東武鉄道。
そこに新京成(鉄道連隊)、そして北総(開発)鉄道が
上を跨ぐように線路を敷設しているという順番を経ている。
立体交差事業2020年3月18日
駅舎内では壁面が旧・地上ホームへのスロープがあった付近を
高架駅舎と遮断しており、
関係者用のドアが設けられている。
これと別にスロープ解体を受けて仮設壁面を施してある。

こちらの方がドアがある部分よりも
背丈が高く、天井まで及ぶものになっている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・地上ホームへの階段部分も仮設壁面で仕切り
路面には点字ブロックの切り替え形跡が残っている。
立体交差事業2020年3月18日
南北自由通路はヴィドフランス新鎌ヶ谷店裏手にも上屋支柱が及んでいる。
新京成高架新鎌ヶ谷駅駅舎地上部出入り口からそこまでの幅が約16m。
従って8m分、自治体受け持ちの範囲が遮断されている。
この手前にコカコーラとヤクルトの自動販売機を置いてある。
通路自体は南口から交通広場直結時に真価を発揮する。
ずっと脚立が背後に置いてあるんだ……。
立体交差事業2020年3月18日
新京成の高架下から旧・新鎌ヶ谷1号踏切と新鎌通りを
ショッピングセンター鎌ヶ谷へと撮影したもの。

車道を横切っていた旧・上下線軌道に代わって
アスファルト舗装が延びるようになり
途切れ途切れとなりながらも中央線と路側帯が
それぞれに敷かれるようになった。

構内と線路を隔てるフェンスのもとに
それぞれ照明を取り付けている。
立体交差事業2020年3月18日
新鎌ヶ谷駅前交番側の歩道から
旧・新鎌ヶ谷1号踏切構内を撮影したところ。
2箇所の再舗装形跡が車道を跨いでおり
旧来の箇所にはなかった中央線と路側帯がそちらには入っている。
立体交差事業2020年3月18日
鎌ヶ谷ショッピングセンター側から旧・新鎌ヶ谷1号踏切へと
新鎌通りを撮影したところ。

軌道に代わって再舗装形跡が横切るようになったものの、
それぞれの段差は解消されておらず、
路面は凸凹と波打っているのがこちらからだとわかる。
立体交差事業2020年3月18日
旧・新鎌ヶ谷1号踏切から
高架橋並びに新鎌ヶ谷駅ホームと並行する
地上部の旧・上下線跡を旧・地上新鎌ヶ谷駅ホームへと見ているところ。
線路が敷設されていた部分にはバラストが残るばかり。
立体交差事業2020年3月18日
こちらは旧・新鎌ヶ谷1号踏切から旧・新鎌ヶ谷2号踏切方面へと
地上部の旧・上下線跡を撮影した一コマになる。
バラストと補助信号は残っている。
立体交差事業2020年3月18日
しんかまにぎわい広場、
左右のゲートにフリーマーケットのボードを配置するようになっている。
それぞれに若干デザインは異なるものの、
「にぎやかし」「お知らせ」「きらりホールからのご案内」に対して
スペースを確保してある。
にぎわいマーケットは新型コロナウィルス予防の点で
中止になることが告知されている以外は
市がイベントの多くをこれに伴って中止の措置を講じているので
そのボードすら持て余した状態になっている。
立体交差事業2020年3月18日
国道464号、洋服の青山を控えた旧・新鎌ヶ谷2号踏切になる。
交通誘導表示板とともに
「段差あり」「速度落せ」の看板が並んでまとめて置かれている。
軌道の撤去に伴い車道部分から停止線が消えている。
立体交差事業2020年3月18日
Ciaoビル側から見ている旧・新鎌ヶ谷2号踏切。
踏切構内と線路はフェンスで遮断してある。
立体交差事業2020年3月18日
続いて旧・新鎌ヶ谷2号踏切から地上線跡を
旧・新鎌ヶ谷1号踏切へと見ているところ。
こちら側においても線路は撤去されバラストが残るのみ。
高架橋の脇には補助信号が立っている。
立体交差事業2020年3月18日
こちらは旧・新鎌ヶ谷2号踏切を旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面へ見たところ。
バラストと補助信号が撤去されている。
信号機の設置されていた柱は台座だけが取り外され、
柱自体はまだ残されている。
立体交差事業2020年3月18日
第3工区詰所やびっくりドンキー鎌ヶ谷店が入っているコスモシティ5側から
旧・新鎌ヶ谷3号踏切を撮影。
撤去した踏切部分に通路を確保している。
遮断機が置かれていた台座部分が先日(16日)の作業で撤去された。
立体交差事業2020年3月18日
新京成の高架下から国道464号方面へと
旧・新鎌ヶ谷3号踏切跡の通路を撮影。
構内と線路跡はフェンスで仕切っている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・新鎌ヶ谷3号踏切から旧・地上線跡を旧・新鎌ヶ谷2号踏切方面に撮影。
バラストの撤去された線路跡には高架橋のそばに
信号機が設置されていた支柱だけが残されている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・新鎌ヶ谷3号踏切から旧・新鎌ヶ谷4号踏切方面へと見ているところ。
旧・地上線の線路跡はバラストが
旧・新鎌ヶ谷4号踏切のもとまで撤去してあり、
それとともに路面が剥がされている。
立体交差事業2020年3月18日
いきなりステーキ新鎌ヶ谷店側から旧・新鎌ヶ谷4号踏切を撮影。
踏切が撤去されているとはいえ、ここを境に道路幅が異なるので
何だかんだ一時停止を必要とする場面が多々ある箇所になる。

そういうこともあって高架橋側の停止線は消しているのに対して
こちら側の停止線は道路標識とともに引き続き存続している。

ここも踏切構内と線路跡は柵で仕切っている。
立体交差事業2020年3月18日
道路幅が手前と踏切向こうでは違うのがわかると思う。
国道464号方面へと旧・新鎌ヶ谷4号踏切を撮影した一コマ。
立体交差事業2020年3月18日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面を見たところ。
旧・新鎌ヶ谷3号踏切方面からフェンスの足元まで
線路跡からバラストが撤去され路面を剥がしている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切から
旧・初富駅2番線ホームへと旧・上り線跡を見ている一コマ。
旧・新鎌ヶ谷4号踏切手前までバラストの撤去がなされている。
架線柱も既にない。
立体交差事業2020年3月18日
市道11号と市道2347号の交差点を撮影。
壁面を後ずさりさせて電柱を撤去。
合わせて交通標識を少しばかり後退させている。
交差点の角度がより市道11号と出入りしやすい構造になっている。
この措置を示すように路面には再舗装形跡とオレンジのポール。
ゴミ捨て場は先んじてその場所を道路向かいに移している。
立体交差事業2020年3月18日
同じく市道11号では伊勢屋がある交差点から
市道2348号をそばにした個人宅の解体が行われ更地となっている。
雑草が茂らないようにシートが張り巡らしてある。
隣のコーシンを挟んだ奥でも個人宅の解体が終わっている。
立体交差事業2020年3月18日
市道2348号寄りの解体がなされた個人宅跡。
こちらは土の路面がむき出しになっているまま。
左右に更地となった土地に挟まれてコーシンが立地している。
立体交差事業2020年3月18日
そして市道11号と県道57号との交差点に位置する
その伊勢屋は当面の間店舗営業を見合わせる貼り紙を
シャッターに掲出している。
立体交差事業2020年3月18日
市道2347号と市道2348号を結ぶ
イチョウとホオノキ間に造成が行われた短絡路を含めて
市道2348号フォルトゥーナコンテ寄りから
市道2347号並びに旧・初富駅駅舎を見たところ。

旧・駅舎は壁面で覆われており
「移転しました」の文字とともに現・初富駅の案内が掲出されている。

駅舎の照明がないので侵入防護壁に街灯を設置してある。
券売機付近も作業用の照明を取りつけている。

侵入防護壁で囲まれていながらも旧・駅舎は
出入口部分はシャッターが開いているのがわかる。
立体交差事業2020年3月18日
旧・初富駅駅舎をクローズアップ。
運賃表はまだ掲出しているようだ。
立体交差事業2020年3月18日
市道2347号からケヤキのある初富駅駅前広場用地越しに
高架・初富駅駅舎を撮影。

ケヤキの背後にあたる箇所に
新京成のロゴとともに「初富駅」「Hatsutomi-station」の文字が入っている。

「初富ブルー」の塗装が施された一画が駅出入り口で
ジェントルピンクを下地にした駅名表示板を掲げている。
立体交差事業2020年3月18日
初富駅と市道2347号を結ぶ暫定通路から
ケヤキのある駅前広場用地と旧・駅舎を撮影。
高架駅舎への連絡通路は解体されている。
また旧・初富駅舎と高架駅舎への連絡通路の接続部分にドアを設置している。
立体交差事業2020年3月18日
旧・駅舎への連絡通路部分を
高架・初富駅駅舎地上部から見ているところ。
通路は既に解体されているけれども、野ざらしで点字ブロックが残っている。
立体交差事業2020年3月18日
高架初富駅1番線ホーム、一番大きくとられている逆三角形の窓から
初富駅のシンボル・ケヤキの木を撮影。

入線してくる列車を迎え入れての一コマ。今回は8816編成。
壁面には防犯カメラの設置がなされている。
立体交差事業2020年3月18日
初富駅1番線ホームから
旧・島式ホーム跡、旧上り線跡、県道57号に旧・初富1号踏切、
旧初富駅前立体駐輪場跡地を意識しながら
ショッピングプラザ鎌ヶ谷へと高架上の営業線を撮影したところ。
立体交差事業2020年3月18日
県道57号、旧・初富駅駅前立体駐輪場跡地のところの
工事車両搬入口から旧々・下り線跡にそびえる
高架橋躯体「初富R1」付近の様子並びに
ヒマラヤスギや先々代・初富駅駅舎があった付近を撮影。
もちろんヒマラヤスギと
先々代・初富駅駅舎の存在を意識してもらうためのもの。

県道57号で連日夜間作業が行われているので
歩道間近に三角コーンが置いてあり、
その後ろには前夜の夜間作業で除去したものがまとめてある。
立体交差事業2020年3月18日
旧・初富1号踏切から旧・初富駅2番線ホームを見ているところ。
ホームを支えていた脚を成した柱が
ピンクのマーキングとともに連なっているばかりだ。
立体交差事業2020年3月18日
焼肉きんぐ並びに丸源の駐車場から
旧・初富駅2番線ホーム周辺を撮影した一コマ。
フェンスに白い幕を張る範囲は既にホームがない。
幕を間近にしたところに脚だけ。
立体交差事業2020年3月18日
市立図書館に面して侵入防護壁が施されている範囲も
こちらから目に入る部分も脚ばかりだ。
立体交差事業2020年3月18日
旧・新鎌ヶ谷4号踏切側から旧・初富駅2番線ホームを撮影したもの。
脚となっていた支柱が連なっている。ピンクのマーキングが目立つ。
立体交差事業2020年3月18日
ショッピングプラザ鎌ヶ谷2階サイゼリア前テラスから
旧・初富駅2番線ホームと旧・上り線跡を撮影した一コマ。
ホーム路面を構成していたユニットは
いずれも搬出されている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・初富1号踏切から旧・上り線跡を
地上部、旧・初富駅2番線ホームへと見た一コマ。

旧・新鎌ヶ谷4号踏切側から
旧・初富駅2番線ホーム部分を跨いで
旧・初富1号踏切を手前まで
一通り旧・上り線の線路とバラストを撤去している。

また旧・新京成スタシオンセルビス初富駅前売店店舗は
しっかりと高架下に収納されている。物置として使っている。

踏切間近にした部分を残して列車防護柵を撤去してある。
立体交差事業2020年3月18日
県道57号、ウィルパートナー付近から旧・初富1号踏切を手前に
架道橋を撮影したところ。
交通規制機器が警報機が置かれていた付近に設置してある。
立体交差事業2020年3月18日
旧・初富1号踏切からショッピングプラザ鎌ヶ谷へと
旧・上り線をみているものになる。
フェンス向こうの線路とバラストは撤去されている。
車道部分を跨ぐ架線はない。

夜間作業でショッピングプラザ鎌ヶ谷寄りの歩道に設置されていた
黄色と黒の遮断機並びに警報機のガードが撤去され
それとともに縁石部分を板で覆うようになった。
立体交差事業2020年3月18日
この架道橋下、
次なる作業に向けて下書きがなされていたり
路面に切り込みが入っている。
立体交差事業2020年3月18日
もう一コマ、旧・下り線跡付近を中心に
架道橋下の様子を撮影したところ。
立体交差事業2020年3月18日
ショッピングプラザ鎌ヶ谷寄りの歩道をズームアップ。
遮断機や警報機の台座部分と旧・上り線脇に
再舗装がなされたことがわかる。
縁石は板があてがわれている。
立体交差事業2020年3月18日
これももう一コマ、旧・初富駅方面へと見ているところになる。
再舗装は旧・上り線を挟むように施している。
立体交差事業2020年3月18日
鎌ヶ谷ショッピングプラザ2階サイゼリア前テラスから
先々代・初富駅跡地と旧・初富1号踏切、県道57号、
そして旧初富駅前立体駐輪場跡地を見ているところ。

段階的に縮小してきた踏切からは設備が撤去されているので
自動車は一旦停止をする必要がない。

手前の歩道に再舗装形跡が加わった。
またフェンス手前、線路跡に置かれていたコンクリート片は
この夜間作業後は旧・初富駅駅前立体駐輪場跡地に運ばれている。
立体交差事業2020年3月18日
ショッピングプラザ鎌ヶ谷、2階サイゼリア前テラスから
「大仏R10」高架橋躯体ならびに旧・上り線跡を見ているところ。
地上部は架線柱を撤去しており、高架下にはバラストがまとめてある。
高架橋の足もとに沿って鉄板を敷いている。
立体交差事業2020年3月18日
地上部、旧・初富1号踏切から
ショッピングプラザ鎌ヶ谷方面へと旧・上り線跡を撮影。
立体交差事業2020年3月18日
ベルトゥムールと茂野製麺間の架道橋付近には
線路跡を挟んで撤去したバラストがまとめてある。
立体交差事業2020年3月18日
富岡側の住宅地、第1工区詰所付近から
「大仏R5」の高架橋躯体並びに旧・地上線跡を撮影。
踏切以外で数少ない地上線跡の状況が目に入る箇所。
バラストまで撤去して路面を剥がしている。
立体交差事業2020年3月18日
富岡側の第一工区詰所や「大仏R5」躯体と
旧・地上線跡を見ているものになる。
立体交差事業2020年3月18日
富岡メディカルモール駐車場付近
「Kゲート」付近から富岡側第1工区詰所方面へと
旧・上り線跡を撮影。
立体交差事業2020年3月18日
旧・初富2号踏切。こちらはゲートで仕切り、その手前に柵を置いている。
構内は軌道を撤去し再舗装を施してあり、
「街の環境美化にご協力ください」のボードは
引き続きこの場所に掲出して頂いている。
立体交差事業2020年3月18日
新京成の高架下から旧・初富2号踏切を撮影したもの。
正面に延びる道路は東武野田線(当時)への引き込み線が転用された道路。
構内縮小に応じて2段階で位置を移していた停止線は
いずれも黒く塗りつぶされている。
立体交差事業2020年3月18日
旧・初富2号踏切から旧・初富1号踏切方面へと見ているところになる。
富岡側第1工区詰所付近までバラストの撤去をしており、
撤去を行ったところには高架橋寄りに鉄板を敷いている。
そうでない部分は路面を引き剥がしている。
立体交差事業2020年3月18日
初富1号踏切(旧・初富3号踏切)方面側も
バラスト撤去部分の手前と高架下に鉄板を敷いている。
路面は舗装されたまま。
立体交差事業2020年3月18日
初富1号踏切(旧・初富3号踏切)から旧・上り線跡を撮影。
ケーブルが線路跡を横切っている。
高架・上り線の防音壁の延長線上に
擁壁が整い、防音壁を取りつける土台が用意されつつある。
立体交差事業2020年3月18日
こちらは作業に主眼を置いてみているところ。
擁壁が躯体の延長線上に仕上がってきたのがわかる。
立体交差事業2020年3月18日
そして上り線の脇に用意されているものは
まだ出番がない。2019年製のものと2020年製のものがある。
立体交差事業2020年3月18日
初富1号踏切(旧・初富3号踏切)から
切り替え地点付近を見ている一コマ。

高架線が敷設されているところが
本来の線路があった場所なので、
高架線へと直線上に線路が延びている。




無観客開催をしているわけじゃないんだけれども
ひとり占めするように見物をする羽目になってしまった。

入場規制とか生じるくらいの関心度合いがあるから
悲願とか熱意とか気になっているという言葉が出てくるわけで
寝言だったり、
隣の駅が間近にあって駅前広場があるのに気付くのに
工事がはじまって10年近く歳月がかかる方ばかりだったりするようなところで
信じられないような巨額の投資や用地提供、
この作業に携わられた方々がいらっしゃると思うと
ひどく不本意なものでしかない。

うちの街の市役所で開催されている新京成の高架工事写真展、
3枚の資料が追加されている。

駅の完成予定図とそのイメージ並びに
具現化された駅舎を紹介しているものだ。
立体交差事業2020年3月18日
初富駅、青をイメージからとしており
地域文化のふれることのできる地域商業拠点であることから
「文化」のエッセンスを抽出して
折り紙をモチーフに高く舞い上がる紙飛行機を表現している。
駅前広場に面した窓はシンボルツリーを意識したもの。
ここで当事者が明確にコメントされている。
立体交差事業2020年3月18日
新鎌ヶ谷駅、街の顔としての広域交流拠点であることから
未来へと新しいものを「創造」することをキーワードにしている。
横長の外観に縦方向のラインを強調して
未来へと成長する様子が再現されていて、
パネルとガラスの交互配置は街の躍動感を示している。
イメージカラーは赤。
立体交差事業2020年3月18日
グリーンのイメージカラーの北初富駅は
近隣商業拠点であり、梨園が広がっている地域として捉えられており
「共生」のエッセンスが抽出され、
風や雲のイメージが表現されている。

この辺は小中学生はみんなうなされるくらいに
ご両親や祖父母から教授されているのではないかなぁ、と。

アンケートボックスは事務局の方が毎日回収されているんですかね……。
箱の中が要望していた市民の姿勢を体現するのには
到底及ばないくらいにスカスカのような気がするんだけど……。
毎日回収されていても、
ギャラリーとなる観衆が途絶えているとなると。

posted by 小林 慶太 at 22:45| 千葉 ☀| Comment(0) | 立体交差事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする