2020年03月14日

高柳シフト

立体交差事業2020年3月14日
一晩明けて新鎌ヶ谷駅、北総鉄道の運賃表。
相互乗り入れを行っている京浜急行が6駅の名称を変えているので
上貼りをしていたものを剥がして
かねてから用意していた新しい駅名の表記のお目見えとなった。

「羽田空港」は「国際線ターミナル」と「国内線ターミナル」が
それぞれ「第3ターミナル」と「第1・第2ターミナル」へ。

「花月総持寺」「京急東神奈川」「大師橋」そして「逗子・葉山」が
「花月園前」「仲木戸」「産業道路」と「新逗子」に代わって登場。
立体交差事業2020年3月14日
東武アーバンパークラインはダイヤ改正を迎えたのを受けて
新鎌ケ谷駅のSL大樹ことC11-207のヘッドマークも
❝全線急行運転開始❞というエポックを迎えた
2020年3月14日ダイヤ改正のものを掲げている。
立体交差事業2020年3月14日
急行列車自体は旧来から設定されていたものを
停車駅の見直しと柏駅〜船橋駅間の増発をしている。

その一方でこれを受けて新たに登場したのが「区間急行」の車種表記。
従来の大宮駅〜柏駅間の急行列車がこちらに該当する。
わざわざ柏駅まで出向いて撮影したもの。
立体交差事業2020年3月14日
これによって東武アーバンパークラインには
「普通」「区間急行」「急行」「アーバンパークライナー」と
それぞれ停車駅の異なる列車が入り混じることになったので
構内にも停車駅の案内が登場している。
進行方向に合わせて白い文字で駅名表記を行い
それとともに色分けして種別の運行や停車の有無を示してある。
立体交差事業2020年3月14日
こちらは船橋方面の停車駅案内を撮影したものになる。
立体交差事業2020年3月14日
柏駅〜船橋駅間の急行列車の増発に伴い
急行列車同士の行き違いも生じるようになった。
新鎌ヶ谷駅での一コマ。8000系、10030系、60000系いずれも運用に入る。
立体交差事業2020年3月14日
柏駅〜船橋駅間においても通過駅設定が生じるようになったので
通過する駅はトレインビジョンにおいても
いずれも薄く表記するとともに
車内放送でも利用駅に応じて乗車列車が異なる場合があるので
それを入念に案内がなされている。

原則として船橋駅発、柏駅発の急行列車は
いずれも高柳駅で先行する普通列車に追いついて
これを追い抜いていくダイヤが組まれている。

それとともに2面4線の構造を持っていた高柳駅は
このダイヤ改正から未供用であった2・3番線ホームの供用がはじまり
そちらに急行列車が入り、
先行していた普通列車との相互乗り換えが可能となった。

同時に六実駅は島式ホームの1線に柵が講じられ
2面3線構造から2面2線の構造に縮小がなされることに。

船橋駅方面への旅客の分水嶺であり、
留置線を抱え、折り返し列車の設定もかつてはあった駅が
急行列車の通過駅になり、機能が縮小されているのは
非常に信じられないものがあって隔世の感がある。

高柳駅はベットタウンとしての開発が
他に比べて後発的であったので
それに対して余地があり、積極的な投資をすることで
可能性を広げていくことを思い描く一方、
成熟しきった市街を抱えているところに対しては
非常にそういうものを行うことが難しい状況にあることを
こういうところから垣間見ることになる。
立体交差事業2020年3月14日
今回のダイヤ改正で長年存在していた「六実駅行き」が消滅した。
いずれも高柳駅へと向かうようになった。
それだけ高柳駅周辺の宅地開発が進展してきたことと
留置線をはじめ整備してきたインフラを発揮する条件が
ここに整ってきたことを物語っている。


立体交差事業2020年3月14日
旧・初富1号踏切から旧・初富駅2番線ホームを見ているところ。
立体交差事業2020年3月14日
市道11号、コーシンに隣接する個人宅の解体作業、
暫定駐輪場に面した幕が取り外された。
これを張っていた骨組みはそのまま。
敷地内、引き続き工事車両の姿がある。
立体交差事業2020年3月14日
こちらは駐輪場側から幕が取り外された様子を見た一コマ。
posted by 小林 慶太 at 23:54| 千葉 ☔| Comment(0) | 立体交差事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする